EOS5DMark3

2016年7月19日 (火)

知床の海

ウトロ港から知床の海へ

Krc905a4516

絶滅危惧種のケイマフリや対岸のヒグマを撮り

Krc905a4657_2

海に流れ込む滝や半島に迫り出す柱状節理の岩を撮り

Krc905a4664

大満足で帰る船上に夕日が射し込む

Krc905a4668

これはまたとないチャンス、と光る波飛沫を撮ってみる

Krc905a4690

貸切り船は繊細に岸に近寄ったり、高速で海原を突っ走る

Krc905a4735

海も波も船と一緒に繊細で格好いい~7月8日の夕暮れ

Krc905a4748

3時間半の船上撮影を終えて帰る頃、扇状に歓迎する海上の雲

Krc905a4761

ゴジラ岩のあるウトロ港に・・ただいま~と声をかけよう!

翌日は羅臼港から、翌々日はウトロ港から乗り合い観光船に

乗りましたが、そのときの様子はまたの機会に。

昨日は海の日、と言うことで、ヒグマやケイマフリを飛ばして

海の記事を書いてみたけれど、日付はとうに過ぎて・・・

知床ワイルドツアー大漁(量)のデータ整理に追われる日々sweat01

             。。。つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

沈まない太陽

さぁ~名残惜しいけど、帰ろう・・・このJAL機に乗って~♪

905a0812amaguri

運よく夕陽が見える窓際の席だったので夕陽を追いかけてみよう!
行きのANA機ではずっとG3Xだったけど、これは5Dの方がイイね
急いで座席下のカメラザックから出し窓に張り付く(^_^;)

905a0836amaguri 905a0845amaguri

夕焼けがきれいね~と気を抜いていたら
ほらっ!!とお隣のKさんに声をかけられる

905a0847amaguri 905a0850amaguri

夕陽が現れた時には後方座席にいる私たちから歓声があがる
加速する機体・・Gを感じる間もなくシャッターを押し続ける
夕陽を追いかけて飛ぶ機内から時間を追って紹介します~♪

905a0857amaguri 905a0861amaguri
       (すべてクリックで大きくなります~)

あ~沈んじゃった・・・なんか早くない?
札幌市の日の入り時刻はたしか・・17:21のはずなのに・・


905a0862amaguri 905a0866amaguri_2

あれ?また出てきた・・山の尾根をころころ転がるように

905a0879amaguri 905a0895amaguri

上昇すると雲の上にまだ顔出しているsun


905a0916amaguri 905a0923amaguri


さすがにもう沈みそうですね・・・雲の上では

905a0958amaguri 905a0962amaguri


ん? また出てきたっ!! ちび太陽を連れて♪

905a0994amaguri 905a1007amaguri


西へ向かって高い雲の上を飛んでいるからでしょうか~
なかなか沈みません・・・きっと羽田まで一緒かもね(^_^;)

905a1022amaguri


おや~まるで朝日のようにまた輝きだしましたよsun
遮るものがないので、それはそれは眩しくてしばらくカメラを置くことに

905a1044amaguri 905a1050amaguri


17:35 関東の日の入り時刻にようやく陽がしずみ
翼とオレンジ色に輝くサンセットラインが
機が降下しても・・ずっと一緒でした~あれは地平線だったんですね

905a1035amaguri 905a1059amaguri


地球を感じ、ほんの少し宇宙も感じた・・1時間半
ようやく落ち着いてドリンクをいただく (o^-^o)
では少しずつ冬だから行きたい富良野・美瑛の旅を
振り返ってみましょう~♪♪♪     。。。つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

風信子

905a2670amaguri

小さな小さな甘栗庭の隅っこで健気に咲いてた水仙の花と

初めて咲いてくれた濃いピンク色のヒヤシンス

だから久しぶりに5Dにマクロを装着して

外壁工事の足場が組まれてる庭に出てみた。

905a2679amaguri 905a2676amaguri

「風信子・ふうしんし」とはヒヤシンスの和名

他にも風信草・錦百合・風見草・飛信子など多くの異名を持つ花

「風信」とは、風の便りのこと。

春の便りが風に乗って、そろりそろりやってきています。

さぁ、うかうかしてられませんよ~春の野に出かけてみましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)