EOS-RP

2019年11月 8日 (金)

彩の森公園#20191106

当市にある入間基地・稲荷山公園と同じく

ジョンソンタウンも彩の森公園も歴史はふるく戦前から

旧陸軍航空士官学校からジョンソン基地へ

そのご返還され入間基地周辺に広大な芝生の公園が2つ県営として県民の憩いの場所になっています。

その趣は、日本庭園や公園と異なり、広い芝生や木々が点在するアメリカンパーク。

Psx_20191106_232404

無料の駐車場に止め、散策スタート(途中ジョンソンタウンに足をのばす)

Psx_20191106_232433

木陰で読書する人、ウエディング前撮りをする人

2つある池には水鳥や鯉や亀がのんびり水際に寄ってきたり

Psx_20191106_19480101

睡蓮もまだ咲いていたり

Psx_20191106_232743

園内は巨木も多く

Psx_20191106_232333

秋の光を浴びて、大きく広がった桜の葉も残り紅葉が輝いて

2019

奥の奥にものすごい存在感で立っていたヒマラヤスギも

動き出しそうな不思議なパワーをしてたのでブラしてみました。

Psx_20191106_232239

日も短くなり園内の人影も少なくなったので帰るとしましょう~

Psx_20191106_232203_20191108103501

今年は台風や大雨の影響で紅葉するまえに落葉してしまってる木が多く

それはそれで自然の営みを受け入れるしましょう!

 

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

カヤックで水上撮影

4回目のカヤックはちょいハードでした!

矢木沢ダムから奥利根湖に入湖したのが9時チョイ前

Img_20191101_224226_088

快晴の奥利根湖

中央の山は新潟県

晩秋の湖面には落ち葉が列をなしている

Psx_20191101_2116310101

雲の動きも速く、いろんな表情を魅せてくれている

Psx_20191101_21190401

天使の羽根のよう

ほぼ満水の奥利根湖は接岸し上陸出来る場所がない

Psx_20191101_21155101

10㎞漕いで、利根川の源流に到着したのは11:30頃

Dsc_169801

最後の難所は、大きな流木が幅いっぱいに溜っているところを越えて

ようやく上陸。ふぅ~~~~(~_~;)

ガイドをしてくれたYさんがいろいろ用意してくれてたので

ノンアルビールで乾杯し、カップ麺をいただき小一時間ほど休憩

Psx_20191101_21131001

ふうぅ~~~、お天気も下り坂なので、またこの難所を越えて帰るとしましょう!

Psx_20191101_2117510101

雨が降り出し、風もでてきて、波がチャプチャプ!

けっこうアドベンチャーな水上旅になりました~

カメラを出す気力も無く、余裕もなくなってきた・・・

あの山を越えたあたりにダムの青い水門が見えてくるよ

あと1時間くらいかな~と。

えっーーーーー!

腕が痛い!お尻も痛い!雨が・・・風が・・・煽られる~引き寄せられる~

弱音禁止!! 笑顔!! とYさんから声がかかる!!

ようやく出湖(ダムのボート乗り場に帰岸)できたのが15:15

往復20㎞。漕いだ時間5時間。

この痛みも、上陸してふわふわした感じも、良い経験になりました!

この達成感は勲章のようです!!!!!

I先生、カヤックにタンデムさせて下さってありがとうございました!!

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

名鉄スカーレット

_mg_2069c

真っ赤なスカーレット色の電車「名鉄」と彼岸花が撮れるのも

あと数年かもしれない、と地元の人が語る

20191014

コスモスはまだ蕾でしたが、ここは彼岸花・黄金色の稲・蕎麦の花・蓮、等と一緒に撮れるところ

20191013

廃線跡にも彼岸花が咲き、竹林や草が繁茂し

廃鉄橋も現存する珍しいところ

2019101

猿投と書いて「さなげ」と読む「猿投駅」

20191012

ここも高架化が進み特急を走らせる計画が進行中で

このレトロな可愛い名鉄スカーレットも絶滅危惧車と呼ばれている

20191011

すでにジュラルミン車の導入もすすみ、全てスカーレット車が走行しているのは、この路線だけかもしれない。

地元の人々のために便利になるのは良いことだけど、このスカーレットを各駅列車で走らせて欲しいものです。

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

国境の街

ベトナム・サパ撮影紀行⑤

中国雲南省河口との国境の街「ラオカイ」にて

_mg_1224c

_mg_1239c

川を挟んでる橋が国境です。島国の日本では地続きの国境はなく

ベトナム側の公園から柵越しに撮らせてもらいました。

日中は人と人力での荷物のみが渡れるということで

すごい荷物運び姿があちこちで見られました。

_mg_12502c

いったいどうやって積み込んだんでしょう!

しかも女性一人で押してるなんて!!

_mg_1258c

あらあら・・重心がとれなかったのか~崩れちゃいましたね

_mg_1266c001

えーっ!!こんな大きなタイヤも手で押してるんですか!!

朝晩は車で越境できるそうですが、運賃が高いのかな

_mg_3346c

振り向くと・・・

木陰でお揃いのベトナムティシャツを着てる人たちは休憩中?

| | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

山岳少数民族の女達

ベトナム・サパ撮影紀行③

【赤ザオ族】

_mg_0768c

雨季の晴れ間で皆稲刈りに出払ってて刺繍職人がまったくいない

と、村を歩いていると・・・彼女ひとりが笑顔で家に招き入れてくれた

2019913162

暗い家の中で刺繍の実演を見せてくれるという

と・・いつのまにか5・6人の民族衣装を着た人が自分の作品を手に集まってくれた

_mg_0802c

あ~そうなんだぁ!携帯電話で呼んでくれたのね。

電話線をひくより携帯の基地局を建てるほうが安くて簡単らしい

だから、どんな辺鄙なとこでも、みんな携帯やスマホを持っている

 

【黒モン族】

2019913163

藍染めと刺繍の民『黒モン族』

男性の民族衣装は珍しいので撮らせてもらいました~。

真っ暗は中にも携帯の充電器はぶら下がってました。

2019913165

天井にびっしりぶら下がっているトウモロコシも

私がつくったんだと皆に振る舞ってくれた彼女

_mg_3141c

のどごしスッキリと飲みやすかったトウモロコシ酒

ヒェーーー、けっこう強いお酒でした!!

 

【稲刈りをする人々】

_mg_0705c

妊婦さんもお年寄りも子どもも総出で稲刈り

_mg_0749c

スッピンでも笑顔がみな素敵な女性達はみな働き者です

2019914-1_190923_0065 

私も一緒に稲刈り体験させてもらいましたが

日本と違って、ずいぶん上のほう30センチくらいで刈るんですね

_mg_0668c

大きな岩の上で子守をしながら刺繍もしている若い母親

_mg_0684c

しかも授乳しながら!ホントに頭が下がるほど皆働き者です!!

 

【花モン族】

_mg_1102c

photo OK? とカメラをむけると笑いながら恥ずかしそうに

顔を隠してしまいました~働き者でシャイな人々

2019913166

バックハーの日曜マーケットで見事な民族衣装を着た女性

襟・腕・脚・スカートと細かな見事な刺繍です(中央)

軽いプリントのスカートもよく履いています(左右)

おや?ここも携帯電話(*^_^*)

2019913167

おんぶひもも見事な刺繍!!

たぶん刺繍で小銭を稼げるから、山岳少数民族の女性達は

みな、前に出て頑張っているんでしょうね~

ガイドの方も「女性を立てるのが円満の秘訣」って仰ってたし(^_-)

 

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

天空の秘境・絶景の棚田

ベトナム・サパ撮影紀行②

ハノイから車で5・6時間はかかったでしょうか

高速道路を離れ、どんどん北部山岳地帯に入って行くと・・・

山全体が!斜面全てが!棚田・棚田・棚田!!

_mg_0623c

まるで地図の等高線のような棚田群が

1時間以上走っても対岸に広がっている

_mg_1002c

『天国の階段』と呼ばれているくらい美しい!

_mg_0640c

時期をずらしているのか、青田もあり、黄金の田もあり

すでに稲刈りが済んでる田もあり、真っ最中の田もある。

_mg_0938c

日本と違って、稲刈りはかなり上、30センチ以上で刈り取られているからか

畦々があまりハッキリしていないようだ

_mg_0608c

数百年前からこつこつと作り上げてきた棚田群

重機や軽トラでさえ入れない傾斜地に広がる棚田へは

ひたすら歩いて、ひたすら人の手で耕作するしかない棚田

2019913161

北部山岳少数民族の黒モン族や赤ザオ族の人々は働き者です!!

「ベトナムは前に進まないとならない、文句を言っても始まらない」

そう笑いながら朗らかに言うガイドのマンサンの言葉がよぎる。

 

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

『中秋節』ベトナム・サパ編

ベトナム・サパ撮影紀行①

ベトナム・サパに着いた9月13日は旧暦の8月15日にあたり

中秋節の夜祭り真っ最中!!

_mg_3011c

山岳少数民族が暮らす棚田のイメージでしたが・・・

溢れんばかりの人・人・人・・・・

_mg_0518c

先祖を敬い、子孫繁栄を願う秋祭り

_mg_0522c

子どものお祭りでもあり、月餅を食べたり、

201991316

ランタンを手に街を練り歩いたり、月見を楽しんだりする

_mg_3055c

夕食をとり、ホテルに歩いてもどろうとすると・・・

広場も道路も人で溢れて身動きがとれない

_mg_0523c

ビクトリア・ホテルの上には七色に輝く中秋の名月🌑

山岳少数民族や広大な棚田を撮りに来たのに・・・

活気に溢れたベトナム北部に、密度の濃い旅になりそうな嬉しい予感!

【 2019/09/13 】

 

 

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

川の夕暮れ

雨上がり雲も多いので、今日は焼けないかもね~

なんて言いながら帰路の車の中・・

振り返ると川にも夕焼けが映ってる・・・ちょっとイイかも

_mg_0471c

川霧もあり、あっという間にレンズが曇ってソフトフィルターみたい

_mg_0480c

地元の中学生でしょうか・・・

傾き始めた夕陽に向かって家路を急いでいました~

_mg_0494c

さぁ~私たちも帰りましょう。

。。。もう夏は終わり。。。

 

 

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

三滝物語

秋海棠をたっぷり撮った後は・・・

三つの滝巡りへ

まずは『百川三段の滝』

20198301

続いて『五月不動の滝』

_mg_0350c

百川沿いにも咲いていたこの紫陽花に似た花はなんて言うのでしょう?

_mg_0404c

山紫陽花かと思ったけど、つぼみがボタンの様だったし・・・

次は『太郎次の滝』

_mg_0461c

なかなか大きくて全景を撮るには↓の大きな岩によじ登って撮りました

_mg_0449c

 _mg_0433c

なぜ太郎次というのかな~

_mg_0436c

大迫力の男滝と

20198302

繊細な女滝のようだったけど・・・太郎次郎でもないし・・・

秋海棠につづき長靴大活躍でした~2019/08/30

 

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

ひっそりと大規模な採石場

_mg_0228c

ひっそりとした山の中に・・突然現れた採石場

_mg_0227c

_mg_02302c

_mg_0237c

遠くから武甲山の採石場を見たことは何度もあるけれど

こんな間近で全体を見られるなんて

_mg_0240c

まるで日本じゃないような景色に呆然と眺め入ってしまった!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧