2019年2月26日 (火)

サンシャイン水族館 2019/02/22

空飛ぶペンギン

_63a6763krcc


ペンギンは泳いでるのではなく 

水の中を飛んでいるのです~鳥ですから

_63a6736krcc

_63a6766krcc_2 _63a6781krcc


したから見ることが出来るサンシャイン水族館は

まさに天空のペンギン

L1000049krc2c


ケープペンギンのお腹にも、

手のように退化してしまった翼にも

模様があることも

下から見て初めて知りました~♪

ペンギンのお腹の

なんて可愛いこと

ついてきて~って

言ってるような

リーダー・ペンギン

他にも・・・アシカがぐるぐる~すいすい廻っていたり

_63a6702krcc

なじみのお客さんがくるとニッコリしたり

_63a6937krcc


ペリカンが歩くところを下から見られたり

_63a6954krcc

なかなか歩いてくれないので橫からガラス越し水越しでパチリ

大水槽ではダイバーのお姉さんの水中ショーがあったり

_63a6849krcc

P_63a6856krcc

可愛いお魚がゆらゆら~

_63a6926krcc _63a6919krcc

宇宙人がいたり・・・クラゲですけど

_63a6869krcc_2


何十年ぶりかで行きましたが、

老若男女もFamilyもカップルも楽しめる水族館でした~♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

神聖な湧水

忍野八海の湧水池は神秘的で、とても不思議なところ

_63a7479krcp

富士山の雪融け水がつくる澄み切った池を覗き込む人々

まるで夜空を泳いでるような鱒たち

底で輝いているのはお賽銭でしょうか

_63a7565krcp _63a7519krcp_2


八海全ては廻れませんでしたが深い深い澄み切った池にも

悠々と泳いでいる魚は・・・どこから来たんでしょうか?

_63a7494krcp

鴨たちも・・・水辺に咲く花も

_63a7526krc2p

どこか幻想的で不思議な雰囲気の忍野八海


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

氷上のエスカルゴ

冬になると・・厚い氷に覆われる赤城山大沼には

透明な、あるいは色様々なエスカルゴが出現する

Krca18a5068

それは、ワカサギ釣りのテントである。

Krca18a5119 Krca18a5124

釣れますか~と中の釣り人に声をかけると見せてくれました!

Krca18a5070_2

わぁ~なんて綺麗なんでしょう~!!こんなにキレイな釣果なら

翌日のブリザードでも釣りを楽しむ気持が分かった気がしました。

Krca18a5359001 Krca18a5360001

穴を開けるのを突き刺し飛ばされるのを防いでいるんですね。

Krca18a5390

二人用でも一人用でも、多くは何人かの仲間で来てるようです

Krca18a5414

そんな中、一人きりで準備するのはとっても大変そうです・・・

Krca18a5436

とくにこんな日は・・・2月2日 早朝

Krca18a5437

岸辺の旅館でお昼を食べていると・・・

若い大学生の2グループがやってきて・・

釣果は?・・・8人で4匹!! 3人で2匹!!

楽しい?と聞くと「はい、楽しいっす!!」と笑顔

このあと、天ぷらにしてもらい釣りたてのワカサギを

仲良く分けて美味しそうに食べてましたよ♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

サクラマスの滝のぼり

跳ねる 跳ねる ぼんぼん 跳ねる

 跳ね返されても 跳ね返されても

905a4397amaguri

北海道斜里郡清里町の「さくらの滝」ではこの時期

サクラマスの滝登りが見られます。

A18a0551amaguri

一匹・・二匹・・・三匹・・・

A18a0515amaguri A18a0477amaguri

高速連写すること 2時間 ・・ついに画面に4匹入った!!

A18a7648amaguri

ジャンプしてもジャンプしても滝を登り切れるのは数匹

A18a0157amaguri


飛びすぎて滝に跳ね返されるのがほとんど

それでも何度でも何度でもひたすら飛ぶ姿に

ファイダーを覗きながら「ガンバレー!」と声をかける

A18a0013amaguri A18a0542amaguri

中には滝の流れに上手く潜り込み滝の上まで泳ぎ切るものもいる

A18a9958amaguriA18a6998amaguriA18a7219amaguri

ほとんどはふつうの魚色ですが・・

飛沫の色と相まって、中にはハッとするほど美しい姿を魅せてくれる

A18a5956amaguri_2

このこが一番美しい桜色で飛んでくれました~♪

 ≪ 7月8日~10日 「知床の生き物たち」から ≫

          。。。つづく。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)