名所・旧跡

2017年3月30日 (木)

春の雪詣

日光東照宮へは25年ぶりくらいでしょうか・・・3月27日

163a1938

思いがけず春の雪詣になりましたが

163a1949

しばし雪降る荘厳な日光の杜を散策

163a1975

大きな石鳥居をくぐると

163a1987

華やかな五重塔がお目見え

163a2033

A18a6708001A18a6736001A18a6765

163a2018

カメラを持って拝観するのは憚られるので・・ここまでとしましょう。

(前日の茂木ミツマタや真岡鉄道の様子はまたの機会に・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

寒風に立ち向かう朱色

寒風吹き荒れる中 力強い朱色に誘われて

この橋を渡ってみた・・・ 2月2日

Krca18a5665

真っ白な世界に雪煙が舞い

Krca18a5624

朱い灯籠に誘われ辿り着いた赤城神社

Krca18a5628

神社が除雪車を所有してるなんて流石ですね

Krca18a5629

雪の魔力をも吹き払うように朱塗りの神社は力強く美しく

Krca18a5633 Krca18a5637

手水の龍も渡り廊下も寒風に立ち向かってはいるものの

お賽銭箱は・・・しっかり木の蓋がしてありました!

A18a5634

よく見ると小さな小窓があり、そこにお賽銭を投げ入れ参詣!!

なんと、菊の御紋の両側に、五三桐に葵の御紋が!!

Krca18a5645

朱い神殿の赤城神社

この朱色は・・魔力に対抗する色・豊穣を表わす色

生命の躍動を現わし、古来災厄を防ぐものとし

神社や鳥居に多く使われているようです。

こんな吹雪にも美しい色を保っている事にも納得ですね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

りんてつ

1984年9月14日 長野県西部地震によって出来た自然湖

その辺をず~っと歩いていると小さなトンネルに出逢う

Krc905a8390

そこはかつての森林鉄道があった場所

木曽檜を運び・・村人の唯一の交通手段だった『りんてつ』

Krc905a8499

滝越地区にはこんなに可愛い「りんてつ」が展示されています。

では覗いてみましょうか・・・

Krc905a8469

小学生を乗せて通学に利用されたたらしく

Krc905a8461

車体も椅子も運転席も全てが小さく可愛いのです。

20161020211

かつての子供達の楽しい声が聞こえてきそうです。

Krc905a8474 Krc905a8750

どこか懐かしい・・古き良き時代の足跡をなぞるように

Krc905a8480

この里山を歩いてみましょう・・・つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

アジサイをふんわり撮る~♪

まずきれいな所を切り取る・・終わりを見せない

905a4305amaguri 905a4349amaguri

どうしてもチラチラっと見えてしまう・・見せてしまうsweat01

ならばシックに~ふんわり多重したり・・しっかり見せちゃおうsweat01

905a4316amaguri 905a4322amaguri

お堀に垂れ下がるようにアジサイ山からたわわに咲いている

905a4334amaguri

下に潜って見上げてみれば・・・

905a4339amaguri

おーっ、私の好きな色が広がっている

次は、ふんわりボケを活かして撮ってみる

905a4354amaguri

はぁ・・・暑くて暑くてくらくらしてきました~sweat01

905a4360amaguri

高幡不動には初めて来たのに・・・粘れませんsweat01

それでも虹色に光る蜘蛛の巣に西日がきらきらしてるのを見つけたり

905a4367amagurijpgsa

こんな可愛い花があるとちょっと頑張れたり

905a4375amaguri

ハイエーススターバーストという名の小さ八重咲きアジサイ

905a4390amaguri 905a4387amaguri

他にもいろんな取り方を教えてもらったのに・・・

アジサイ山にはいろんなアジサイがあったのに・・・

高幡不動をもっともっと撮りたかったのに・・

暑さにはとても弱い甘栗はさっさと帰ってしまったのでしたsweat01

仕方ないよね~アジサイは雨が似合うんだから~また来年ですね。

  ≪7月1日 高幡不動尊にて≫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

埋もれそうな展望台

北西の丘展望台は雪に覆われ

階段はスロープのようで

アイゼンがないと、とても怖くて昇れない

905a0399amaguri_2 905a0401amaguri_2

だから~大きな目のような1階だけぐるっと回ってみよう。

どれが東西南北なのかわからないけれど・・・

905a0381amaguri_2 905a0383amaguri

905a0416amaguri 905a0409amaguri


上まで昇った人たちが降りてきた・・彩雲を連れて


905a0406amaguri_3

≪ 2月27日 13:55~14:10 北西の丘展望台にて ≫


そう言えば・・2月26日往路のANA機からも


Img_1232


バスに乗ってからも・・・


905a9913amaguri


マイルドセブンの丘でも・・・


A18a2290amaguri


この「彩雲」は吉兆なんだそうですよ~♪

青空に雲が浮かんでいたら探してみましょう~

比較的よくみられる現象ですから(^_-)-☆


      。。。つづく。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

雪もよう

お宿から1分ほどのところにある【白髭の滝】

905a9772amaguri

だから朝に夕にカメラを持って行ってみよう~♪

905a9775amaguri 905a9776amaguri

橋の上からライトアップされてる川の両側を撮ってみる

905a9784amaguri

光が当たってる暗闇に白髪が揺れている・・『雪の軌跡』

905a9859amaguri 905a9860amaguri

翌朝、出発前ぎりぎりにバスに荷物を置き

カメラだけ提げて走った~息せき切って数カットだけ撮ってみる

ふぅ~明日ゆっくりこよう・・・早朝撮影はないんだから(^_^;)

A18a2839amaguri 905a0536amaguri_3

三脚とフル装備で橋の上に立つ・・・

望遠でこのハートの雪帽子を撮りたかったんだよねheart04

A18a2847amaguri_2 905a0562amaguri

だんだん・・どんどん雪が降ってきたから

雪もようを撮ってみよう~シャッタースピード(SS)を変えながら

そうだこのレンズにはマクロ機能もついてるんだった~♪

905a0620amaguri

気温が低いから結晶のまま降りてくる雪ん子たち

さぁ~朝ごはんを食べて荷物をまとめないと・・・今日は最終日♪

バスに乗ると・・さっきまで降っていた雪が雫になって窓についている

905a0651amaguri

ころころ変わるお天気・・・

雪があるといろんな情景に出会えて楽しいですね~♪

          。。。つづく。。。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

白いマイルドセブンの丘

A18a2289amaguri

真っ白な丘に行儀よく並ぶ木々・・もうすぐ日が沈むます

A18a2292amaguri

彩雲に照らされながら・・・

A18a2405amaguri_2

緞帳が降りてゆく・・・ここは真っ白な大地のステージ


A18a2433amaguri

見渡す限りの雪景色・・なだらかな白い丘にぽつんと立つ木たち

A18a2481amaguri

陽が沈み・・・そして誰も居なくなった夕暮れ
翌日は少し早い時間に行ってみると・・・

905a0424amaguri

やはり皆それぞれ思い思いにレンズを向けている

905a0431amaguri 905a0432amaguri

観光名所の隣や途中に、
ふと目をやればちょっと素敵な景色に出会えるから~。

905a0500amaguri

シンプルでフラットな・・こんな風景も
なんだかとっても好きなんです~♪

H2822627

真っ白な世界にちょこんとある標識もなんだかとっても好き♪

だから人工物も人もカッコ良く入れたいんだよね(*^^)v
 
               。。。つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

まつだ桜まつり*2016

905a9589amaguri


もう春ですね~♪
濃いピンクの河津桜と菜の花が出迎えてくれた2月22日


905a9703amaguri A18a1751amaguri


松田山ハーブガーデンから桜の枝が春を手招きしている


A18a1742amaguri A18a1733amaguri


メジロも春の訪れを待ち望んでいたかのように飛び回ってる


A18a1744amaguri A18a1748amaguri


あら~♪宇宙からもお花見に駆け付けたんでしょうか~♪


905a9634amaguri


カッコいいバイクにヘルメット・・・桜星人のようです!!


905a9628amaguri 905a9647amaguri


お二人はお花見にお出かけのようですね(*^^)v


905a9659amaguri


ん?見下ろすとさっき乗ってきた電車が・・・


905a9595amaguri 905a9601amaguri


事故で運休してたロマンスカーも走ってるようですね


A18a1761amaguri A18a1835amaguri


帰りはJR松田駅からロマンスカーに乗って帰りたいなぁ~
(一日3本小田急ロマンスカーがJR松田駅を通って御殿場へ)


905a9673amaguri


河津桜の妖精さん?
じ~っと何見てるのかな?
下を走る高速道路かな?


A18a1854amaguri A18a1862amaguri


さぁ~名残惜しいけど・・忙しいですよ
18:00のシャトルバスに乗らないとロマンスカーに間に合わない(^_^;)


A18a1864amaguri A18a1873amaguri


ライトアップもされて夜桜が妖艶に輝きだしてますが・・・


905a9707amaguri


時間が迫る~灯がともる~


905a9730amaguri 905a9735amaguri


名残惜しいや~~~


905a9742amaguri 905a9747amaguri


あぁ~玉ボケ~~~〇〇〇。。。
急いでバスに乗り込み手を振る川合先生と松田山に別れを告げる♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここ2・3日PCの調子が悪く更新できないでいましたが
あと2つ記事を予定投稿して また出かけようかな(^_-) 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

飛騨の大氷瀑

ひぃひぃ・・・はぁはぁ・・・もう二度と来ない・・・

一人じゃ・・・絶対こない・・・だから・・もうちょっと頑張るぅ?

飛騨大鍾乳洞の狭い傾斜を登っている時の心の声である。

・・・やっと出口から渡り廊下に出ると・・・

アイスブルーの絶景が現れる・・・鍾乳洞を撮ってる場合じゃなかった

905a9149amaguri2

手前の木の枝をアクセントに・・・絞り込んで枝にピント・・・S先生の声

905a9140amaguri2 905a9148amaguri2

重なる氷柱のアイスブルーが邪な心を清めてくれる

A18a1621amaguri2 A18a1626amaguri2

やっぱり来て良かった~やっぱり苦労しないと出会えないんだね!

でも・・頑張ってもどうにもならない時もある・・

次に訪れた平湯大滝で実感

905a9165amaguri2A18a1629amaguri2_2905a9163amaguri2_2

望遠で引っ張っても吹雪では氷瀑の流れを写し出すのは難しい

氷柱群の中心には滝が流れてはいる

PLフィルターをつけて・・スローシャッターにしてみても

高速シャッターにしてみても・・その迫力は伝わらないだろう

H2829102

足元の渓流に降り注ぐ雪模様がなんだかマシュマロみたいです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

雪の白川郷#2

905a9066amaguri2

背中に降り積もった雪を払い、周りを見渡すと

木々や雪原が何とも言えずイイ感じ

905a9031amaguri2001 905a9033amaguri2001

吹雪の中で凛と佇む姿は何とも言えず美しい!

時折り風が吹くと煙のように舞いあがったり、バッサッと流れ落ちたり

905a9037amaguri2001 905a9069amaguri2001

そろそろ陽が沈む~和田家住宅の方へも行ってみなくっちゃ(汗;

905a9082amaguri2 905a9101amaguri2001

障子に明りが燈らば・・冬の温もりが撮れるかも・・

H282910

右の上下の2枚にある矢印はピント位置を示してます~

A18a1530amaguri2001

さぁ~雪が降ってきたのでストロボの出番ですよ~!!

905a9124amaguri2 A18a1535amaguri2001

左:三脚使用 5DMK3に外部ストロボ

右:手持ち 7DMK2に内部ストロボ

H2829101

雪が丸ボケになる量はとにかく撮ってみるしかない、というので

手持ちでバシャバシャ撮ったけれど・・

白とびしてる玉ボケは調光補正を!とS先生の声・・・ん?どこだっけ

A18a1565amaguri2

ばたばたして時間はせまるし・・上手く行かなかったので

翌早朝ホテル前を散歩しながら~ひとり自主練♪






| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧