紅葉

2019年11月 1日 (金)

カヤックで水上撮影

4回目のカヤックはちょいハードでした!

矢木沢ダムから奥利根湖に入湖したのが9時チョイ前

Img_20191101_224226_088

快晴の奥利根湖

中央の山は新潟県

晩秋の湖面には落ち葉が列をなしている

Psx_20191101_2116310101

雲の動きも速く、いろんな表情を魅せてくれている

Psx_20191101_21190401

天使の羽根のよう

ほぼ満水の奥利根湖は接岸し上陸出来る場所がない

Psx_20191101_21155101

10㎞漕いで、利根川の源流に到着したのは11:30頃

Dsc_169801

最後の難所は、大きな流木が幅いっぱいに溜っているところを越えて

ようやく上陸。ふぅ~~~~(~_~;)

ガイドをしてくれたYさんがいろいろ用意してくれてたので

ノンアルビールで乾杯し、カップ麺をいただき小一時間ほど休憩

Psx_20191101_21131001

ふうぅ~~~、お天気も下り坂なので、またこの難所を越えて帰るとしましょう!

Psx_20191101_2117510101

雨が降り出し、風もでてきて、波がチャプチャプ!

けっこうアドベンチャーな水上旅になりました~

カメラを出す気力も無く、余裕もなくなってきた・・・

あの山を越えたあたりにダムの青い水門が見えてくるよ

あと1時間くらいかな~と。

えっーーーーー!

腕が痛い!お尻も痛い!雨が・・・風が・・・煽られる~引き寄せられる~

弱音禁止!! 笑顔!! とYさんから声がかかる!!

ようやく出湖(ダムのボート乗り場に帰岸)できたのが15:15

往復20㎞。漕いだ時間5時間。

この痛みも、上陸してふわふわした感じも、良い経験になりました!

この達成感は勲章のようです!!!!!

I先生、カヤックにタンデムさせて下さってありがとうございました!!

| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

神宮外苑いちょう並木#2018/11-26.27

黄葉の代表は黄金色の銀杏でしょうか~

_63a2821krc2p

19:30までライトアップしてる神宮外苑いちょう並木へ

_63a2852krcp


ライトアップ中は歩行者天国になるので

_63a2855krcp


老若男女・・通勤帰りの人・・お散歩中・・・写真撮る人・・

_63a2828krcp


中にはサンタさんも!!

_63a2875krcp

19:31 通行止めが解かれ最初の車が走り去る

ライトアップが消えたらレンズベビーの出番です!!

_63a2907krcp


この辺りは2020オリンピックに向けて

急ピッチで工事があちこちでされてました~

_63a2977krcp


そして・・・翌朝 6時前から再びいちょう並木へ

_63a2985krcp


まだ人通りが少なかったので10秒タイマーで自撮り

_63a3000krcp


だんだん人通りも増えて・・・

_63a3012krcp


散歩する人・・通勤途中の人・・写真撮る人・・・

_63a3047krc3p


そしてラジオ体操する人たち・・・

_63a3111krcp


見守る鳩も・・・みな元気です~!!

_63a3215krcp

歩行者信号が青になったら急いで自撮り~

そんな私が一番元気だね~って言われそうですが(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

最上峡

彩り豊かな紅葉の間を一筋の滝が流れる最上川のほとり

Krc2905a9151_2

最上川の太平洋側はブナなどの広葉樹林帯がつづき

その紅葉は水際まで押し寄せ・・舟がゆく~

Krc2905a9214

最上峡には最上四十八滝という滝群があり

その西端にあるのがこの「白糸の滝」である

Krc2905a9223 Krc905a9736

また日本海側は樹齢1000年を超える多幹杉の巨樹の森があり

Krc905a9735

その山之内黒杉の森からも最上峡をゆく舟が見える

Krc905a9782

お客を乗せて下り・・また迎えに上る

30

ひと月遅れではありますが・・

最上の巨樹をめぐる旅を綴ってみましょう~。。。つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

木々も草も秋燃え

もうひと月も経ってしまいましたが・・・

鳥海山の山頂はうっすらと雪が降り

Krc905a7282

その中腹は赤や黄色に彩られまさに秋燃え~

Krc905a7302

山道をわけいり下りてゆくと 静かに秋を映す善神沼が現れる

Krc905a7232

水面に映る秋の彩り

Krc905a7207

また少し登ってゆくと「竜が原湿原」の紅葉に目を奪われる

Krc905a7341

草も木も秋燃えの鳥海山

Krc905a7352 Krc905a7376

今頃はもうすっかり冬支度をしているのだろうか・・

Krc905a7406



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

秋燃えの鳥海山

燃えるような紅葉を求めて

Krc905a6658

10月11日 鉾立展望台から日本海を臨む

Krc905a6696

鳥海山はうっすらと初冠雪

Krc905a6746

中腹は紅葉が進んでいるものの真っ赤に燃えるには、あと一歩

Krc905a6760

海岸線から16キロにそびえる鳥海山を背中に夕日を待つ

Krc905a6805

日本海を黄金色に染め赤く燃える木々を照らす夕焼け

Krc905a6810

鳥海山も赤く燃え~ピンクに染まる

Krc905a6827

山に 海に 刻々と変わる 夕景

Krc905a6782

三脚を持って日本海側へ、鳥海山側へと展望台を右往左往

Krc905a6834

こんなに燃える夕焼けに出逢ったのは何年ぶりだろうか!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

西蓮寺の大銀杏

A18a7638amaguri A18a7682amaguri

茨城県行方市にある西蓮寺には大銀杏が2本あり

山門を入ってすぐ出迎えてくれる大木は樹齢1000年とも云われ


A18a7756amaguri

奥にある樹も劣らず立派ではあるが、なぜかまだ青々としている

A18a7759amaguri

幹に寄り添うように懐に入ってみれば、こちらはまだまだ青い

A18a7764amaguri A18a7743amaguri

十数メートルしか離れていないのに・・・

A18a7658amaguri_2

光と影でしょうか~

A18a7805amaguri

大きな水瓶に浮かぶひとひらにも青空が膨らんでる

A18a7652amaguri

さぁ~霞ヶ浦へ急ぎましょう~帆引き船に乗るために・・(12月5日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月26日 (木)

岡城址の石垣と紅葉

11月16日 熊本空港から最初に訪れたのは「竹田岡城址」

905a8210amaguri 905a8218amaguri

山城の石垣郡をゆっくり登っていくと~汗ばむほど

905a8252amaguri

見あげれば・・真っ赤に燃える紅葉もカラカラに乾いている

見下ろせば・・赤銅色の落ち葉の絨毯

905a8239amaguri_2 905a8255amaguri

かと思うと・・紅葉は、まだまだこれから・・らしく

905a8265amaguri_2

905a8292amaguri

う~ん・・・ちぐはぐな陽気に、定まらないフォーカス

905a8282amaguri

それでもここに来れた事に感謝して

ここから熊本の旅フォト・スタートしましょう~!!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 5日 (木)

紅葉を映す

志賀高原には湖沼が70以上あります・・

A18a4932amaguri

だからかな~水面に映る景色が好きなのは♪

905a6389amaguri

実像と虚像と水中と・・浮遊物や水面を渡る風までも映せるから

A18a4938amaguri

青空に浮かんでいるように見えるのは水面を漂う落ち葉

A18a4953amaguri

ゆらゆらと揺れて映るは上にあり

うろこ雲のように浮かんでいるのは下にある

A18a4957amaguri

黒く静かな水面に落ち葉の行列が流れてくる

この池は透き通っているのに 

いつも重そうに沈んでいるのは何故だろう  。。。つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 4日 (水)

紅葉を走る~長電バス

♬白樺の木立の中を バスがゆくゆく 唄ごえのせて♬

A18a4630amaguri

新緑の白樺の中も・・真っ白な雪景色の中も・・

この赤い長電バスは志賀高原をくまなく走っています。

905a6358amaguri

幼い頃のままの色合いで・・

905a6464amaguri

だから懐かしくてついついカメラを向けてしまいます。

905a6412amaguri

路線バスですが・・お客さんは少ないようです

905a6117amaguri


でもゆっくり高原を歩きたいハイカーにとっては頼りになるバスです。

                 。。。つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

錦秋の志賀高原

もう終わりかと・・・いえいえまだまだ輝いていました

A18a4543amaguri

朝靄の中からに眠たそうに明ける紅葉の山

A18a4549amaguri

1本1本が一枚一枚の葉っぱのように重なり並んでいる

こんな雑然とした中から綺麗に並ぶパターンのように写したい

絵画のように撮ってみたい・・といつも思っているんだけど(^_^;)

A18a4582amaguri

雨が降ったり止んだり・・山の天気はころころ変わりドラマチックです

A18a4650amaguri

雨があがり・・奥志賀高原のほうへ行ってみると

枝先に残った黄金色の葉が輝いて

A18a4659amaguri

まるで山一面に花が咲いているようです。。。つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧