太陽

2017年3月20日 (月)

青空にハロ・ハロ~♪

棚田を背にハロが現れてから~なんと言うことでしょう!!

小千谷に移動しても・・・

Krc163a0961001

太陽の周りに幾重にも虹色のハロがーーー!!

Krc163a0964001

分かりますか?

普通のハロ(内暈)に接するように楕円形の外接ハロ

Krc163a0976

そして太陽をネックレスにしたような幻日環

そして両サイド下には下部ラテラルアークが!!!

Krc163a0981001 Krc163a0982001

そのうち五輪になるんじゃないか~!

と、思えるほど、よく見ると白い虹がくるくる~くるくる~

あ~、私の目もクルクル~チカチカしてきました(@-@;

Krc163a0987001

ヘリコプターからは見えたでしょうか?

外接ハロの左下にあるのが通りかかったヘリです!

小千谷のハサギを撮りに行ったとき 《2017年3月12日》

とてもラーッキーな、いろんなハロに出会いました!!

さらに帰り道の高速道路からはトリプルラッキーな現象

1.またまた素晴らしい太陽柱(サンピラー)と

Krc163a1080

2.まだまだある夕陽のハロ

Krc163a1102

3.そこへ薄曇りをかき分けた飛行機雲

こんな日はムーンピラーも見えるかもね~と言ってると

Krc163a1123

わぁお~!本当に縦に月光が伸びている!!

残念ながら高速道路を走る車の中から撮ったのでオマケでしたが

なんて素晴らしい一日だったんでしょう~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

氷上を照らす

赤城山大沼が厚い氷に覆われてるというので

Krc_mg_8968

そのど真ん中で星景を撮りたいとやってきた 2月1日

Krca18a5157

40~50センチも結氷しているのに波のまま凍っている

Krc_mg_8981

赤城神社へかかる朱い橋に夕陽の影が斜めに射しこんで

Krc_mg_9022

陽が沈むと徐々に雲に覆われ・・

やがて雪が降り始め・・どんどん吹雪になり、ついに星は見えず。

このど真ん中で新しいレンズで撮りたかったなぁ~満天の星空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

モンゴル紀行#朝陽をあびて

モンゴルの朝は遅い・・・まだ真っ暗な7:15

ホスタイ国立公園のツーリストキャンプを出発

Krca18a1632

360℃見渡せる小高い丘で朝日を待っていると

尾根づたいに赤く色づき、なだらかな山脈や砂丘や大雪原が姿を現す

Krca18a1633

ピンクの帯は東雲から始まり

Krca18a1648

末広がりに上空を染め

Krca18a1660

南の空を通り越し、反対側の西の空まで染める

Krca18a1656

その色は・・徐々に・・徐々に・・

Krca18a1674

刻々と下へ降りてくる・・・

Krca18a1683

そして麓までピンクに染まると・・

Krca18a1691

いよいよ太陽が顔を出し始めます~

Krca18a1705

時差1時間のモンゴルでは夕暮れは日本とさして変わりませんが

日の出はずっと遅く8時半過ぎなんですね~

すると・・・遠くに黒い一列の群れが現れて

Krca18a1710

それはそれは神々しく、朝陽をあび一面を黄金色に染める

Krca18a1713

もくもくとうつむき加減で歩いてくるのは牛たちでしょうか

Krca18a1724

次から次へと歩いてくる・・誘導する遊牧民の姿はないのに

Krca18a1728

朝陽はいつみても・・どこで見ても・・

清々しく生きるエネルギーに充ち満ちていますが

Krca18a1739

この広大な地で迎えた朝は、涙が出るほど感動的で美しかった!!

黙々と行進してる牛たちも神の使いかと思えるほどでした!!!

May you have a warm,joyful Christmas this year!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

モンゴル紀行#夕焼けに立つ

この広大な大地に陽が沈もうとしている

Krca18a1345

刻々と目の前に繰り広げられる大自然のドラマを

どう表現したらいいのだろう~?!

Krca18a1351

なだらかな峰に立つモンゴルの野生馬『タヒ』

Krca18a1323

雪に覆われた大雪原に食む草はあるのだろうか

Krca18a1325

さぁ~夕焼けに向かってもう少し走ってゆこう

Krca18a1359

しばらくゆくと・・誰もいない何も無い見晴らしの良い丘に着く

Krca18a1375

さぁ~ここに立てたことに感謝し

ドラマチックな夕焼けショーを見守りましょう~♪

Krca18a1371

やわらかな優しい彩に包まれる東の空

Krca18a1380

真っ赤に燃える西の空

Krca18a1452

夕焼けに走る~走る~

Krca18a1540

もう一回!とリクエストに応えてくれたドライバーさんはこの人

Krca18a1604

元モンゴル相撲のチャンピオンでなんと視力が5.0!!!

なだらかに見えても結構アップダウンがあり

後部座席に座ってると何度も体が浮くくらい

Krca18a1600

ありがとう~ドライバーさん!ありがとうモンゴルの夕陽!!

沈む夕陽に、大地に、感謝する歌を捧げて帰りましょう~♪

Krca18a1613

今夜の宿泊 ホスタイ国立公園のツーリストキャンプへ!!

  <2016年11月29日 16:00~17:40>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

青空と太陽とブルーたち

久しぶりに家にいた昨日は当地の航空祭

地元民が集まる見晴らしの丘でブルーを待ちます。

来たーっ!ブルーインパルス!!

A18a7023

愛称はドルフィン・・・ときどきサンマかトビウオにも見えるけど。

A18a7086 A18a7064

青い空に青い機体がきらり~青い空に白い軌跡を描く

905a0531

青い空に太陽がギラリ~吸い込まれるように飛ぶブルーたち

A18a7229 A18a7221

そして今年のベスト・ブルー賞は太陽リングに決定!!

A18a7195 A18a7196

上空は風があるのか白煙はすぐに崩れてしまう~~

905a0536

恒例のハートに矢を射るのもがたがたでしたが

A18a7247 A18a7270

何度も描いたループに真っ直ぐ飛ぶブルーは格好良かった~!!

そして、5機が高く高く昇り開く~☆か!?

A18a7298 905a0548

5Dmark3に16mmに持ち替えて・・・さあ~集まってきましたよ!

5d20161103

大成功~☆

A18a7331

2機がくるくる~~トルネードを描いたら・・・

今年のブルーたちともお別れです~ありがとう!また来年♪

。。。鳥海山・最上・御岳自然湖・志賀高原の紅葉へと、つづく。。。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

燃えるように昇る

今まさに太陽が昇らんと 燃えるような光を放ち始める

A18a4738amaguri

厚い雲に覆われていても なんと強い光なのだろう!!

A18a4743amaguri


どんよりとした雲を押しのけて今日の陽が顔出し始める

A18a4750amaguri


燃えているように・・

A18a4773amaguri

雲のフィルターをかけて昇ってくる

905a3783amaguri 905a3801amaguri

刻々と開ける空・・刻々と変わる姿・・

A18a4800amaguri

すでにあんなに高く光線を降り注いでいる

6月11日 山田峠にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

青い影

こんなに晴れているのに・・・ときおり吹く風に粉雪が舞いあがる


905a0076amaguri_2


一瞬 煙にまかれたように・・・


905a0086amaguri_2

だからかな~レンズにくっついた粉雪が良い味を出してくれました♪


905a0098amaguri


そして・・・セブンスターの木の青い影


905a0113amaguri


光があるから・・強いから・・より青い影になる


905a0127amaguri 905a0206amaguri


空が青いのと同じように雪にできる影が青いのだろうか


905a0095amaguri_2 905a0223amaguri


だからかな~雪景色が大海原のように見えるのは・・・。


905a0120amaguri 905a0124amaguri


どちらかと言うとホイップクリームの丘のようですが・・・



905a0131amaguri


それに、こちらもまたなんだかステキですね~♪


905a0190amaguri


青い影に立つ名もなき木も


905a0173amaguri_2


光に包まれると、そこは別世界のようでした~!!


≪ 2月27日 12:25~13:20 撮影地:セブンスターの木 ≫








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

沈まない太陽

さぁ~名残惜しいけど、帰ろう・・・このJAL機に乗って~♪

905a0812amaguri

運よく夕陽が見える窓際の席だったので夕陽を追いかけてみよう!
行きのANA機ではずっとG3Xだったけど、これは5Dの方がイイね
急いで座席下のカメラザックから出し窓に張り付く(^_^;)

905a0836amaguri 905a0845amaguri

夕焼けがきれいね~と気を抜いていたら
ほらっ!!とお隣のKさんに声をかけられる

905a0847amaguri 905a0850amaguri

夕陽が現れた時には後方座席にいる私たちから歓声があがる
加速する機体・・Gを感じる間もなくシャッターを押し続ける
夕陽を追いかけて飛ぶ機内から時間を追って紹介します~♪

905a0857amaguri 905a0861amaguri
       (すべてクリックで大きくなります~)

あ~沈んじゃった・・・なんか早くない?
札幌市の日の入り時刻はたしか・・17:21のはずなのに・・


905a0862amaguri 905a0866amaguri_2

あれ?また出てきた・・山の尾根をころころ転がるように

905a0879amaguri 905a0895amaguri

上昇すると雲の上にまだ顔出しているsun


905a0916amaguri 905a0923amaguri


さすがにもう沈みそうですね・・・雲の上では

905a0958amaguri 905a0962amaguri


ん? また出てきたっ!! ちび太陽を連れて♪

905a0994amaguri 905a1007amaguri


西へ向かって高い雲の上を飛んでいるからでしょうか~
なかなか沈みません・・・きっと羽田まで一緒かもね(^_^;)

905a1022amaguri


おや~まるで朝日のようにまた輝きだしましたよsun
遮るものがないので、それはそれは眩しくてしばらくカメラを置くことに

905a1044amaguri 905a1050amaguri


17:35 関東の日の入り時刻にようやく陽がしずみ
翼とオレンジ色に輝くサンセットラインが
機が降下しても・・ずっと一緒でした~あれは地平線だったんですね

905a1035amaguri 905a1059amaguri


地球を感じ、ほんの少し宇宙も感じた・・1時間半
ようやく落ち着いてドリンクをいただく (o^-^o)
では少しずつ冬だから行きたい富良野・美瑛の旅を
振り返ってみましょう~♪♪♪     。。。つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月15日 (日)

室堂平~山便り

真っ白に雪で覆われた立山連邦を臨めると・・

いくつもの乗り物を乗り継いでやって来たけれど・・

905a7387

ちょっと前の雨で溶けてしまったようで

びっくりぽんや~・・・と、皆口々に呟いている

905a7411

でも、これはこれで20年に一度あるかないかの立山連邦だそうですよ

905a7770

残雪もようから顔を出してるのは紛れもなく枯れた秋の風情だし

905a7710 Img_0595

晴天に恵まれて室堂平をぶらぶら撮りするには暑いくらいでしたが

お目当ての冬毛の雷鳥は山の方から下りて来てはくれないみたい

A18a5947001

陽が沈んでも・・・明るくなりだしても・・・

905a8172

地獄谷を覗いても・・

Img_0574001

ミクリガ池をぐるっと歩いても

905a7744

ハイマツに居るのはホシガラスだけ

Img_0562_3

仕方がないからお土産物のクリアケースを買って帰ろう

Img_2

また来年春にでも来ようかな~

今度は場違いな大きなバックは止めて(>_<)

それでも満天の星空は感動的だったし

初めてブロッケン現象も見れたし

905a7382

やっぱり山はいいですね~♪

      星景編 & 黒部ダム編へ。。。つづく。。。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

朝靄

お日様の力って凄いね~sun

905a6404amaguri

冷え込んでどんなに霜がついても日が当たると蒸発して靄が立つ

A18a4870amaguri

まるで北風と太陽みたいに・・どんどん衣を剥いでいくように

905a6420amaguri

白い木立も歩きだしそうなくらいに。

905a6416amaguri

名残りの紅葉もざわざわ踊りだしそうだし

A18a4887amaguri


どんな朝も気持ちがいいけれど

こんな格別な朝は朝ごはんを食べる間ももったいないくらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧