クラツー

2016年5月17日 (火)

チューリップの歌

咲いた~咲いた・・・チューリップの花を

A18a5882amaguri

まずは・・望遠で

A18a5798amaguri

美しいボケに囲まれてるように・・

A18a5920amaguri


なぁらんだ~なぁらんだ・・・チューリップの花を

広角ノーファインダーで・・

905a1622amaguri_2

下から~ 上から~

905a1706amaguri

マクロで・・ふつうに背景をすっきり美しく

905a1732amaguri_2

寄って~寄って・・部分をすっきり美しく

905a1753amaguri

そして・・映り込みをゆらゆらと~~~

A18a5843amaguri

そして広く~その場の雰囲気はソフトに

905a1694amaguri

水車が回る回る~レンズベビーでぐるぐるに

905a1840amaguri

お花が咲くと、子供も大人もみ~んな楽しそう♪

905a1590amaguri

砺波チューリップフェアにて。

翌日も富山県の花「チューリップ」を撮り尽くし

905a2012amaguri

いろんな色の いろんな形の チューリップ

905a2021amaguri

チューリップの歌に込めた

905a2006amaguri

みんな違っててイイ・・といった作詞者の言葉を深く胸に刻んで

わたしの・・わたしだけの・・まなざしを追いかけたいな~と。

他に・・・菜の花・れんげ・麦・夕景はまたの機会に!!

 ≪4月25・26日のことでした~≫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

Lovely☆旭山動物園

A18a2212amaguri A18a1893amaguri

真っ白な中にちょこんと居るシロフクロウは笑ってるみたい♪

A18a2045amaguri A18a2050amaguri

冬だから・・・とても元気な動物たち

H28226

冬ならではの姿がそこにはある。。。

A18a1975amaguri A18a2126amaguri

ペンギンたちもお散歩する・・

A18a2131amaguri A18a2132amaguri

まだかな~もうすぐだよ・・・

A18a2136amaguri

みんなよちよち出てきましたよ~♪

A18a2171amaguri A18a2198amaguri

お散歩するのはコウテイペンギンたち
こどもの方が大きいんですね~むくむくです♪

A18a2207amaguri A18a2210amaguri

自発的にお散歩・・・決して急かしたりしません
だから拡声器は人間ようなんです

A18a2183amaguri_2

みんな楽しそうですね~♪
レッサーパンダも元気ですよ~

A18a1904amaguri A18a1956amaguri

オジロワシもなんだか可愛い~

A18a2084amaguri A18a2087amaguri

他にも~たくさん雪の中で元気な姿(中には寝てばかりのオオカミも)

H282261_2

そして、人も ・・・ 寒いとなんだかみんなLovelyheart04

A18a2254amaguri_2

冬だから行きたい富良野・美瑛の旅3日間の最初は
旭山動物園からスタート!!  <2月26日>

             。。。つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

雪の白川郷#2

905a9066amaguri2

背中に降り積もった雪を払い、周りを見渡すと

木々や雪原が何とも言えずイイ感じ

905a9031amaguri2001 905a9033amaguri2001

吹雪の中で凛と佇む姿は何とも言えず美しい!

時折り風が吹くと煙のように舞いあがったり、バッサッと流れ落ちたり

905a9037amaguri2001 905a9069amaguri2001

そろそろ陽が沈む~和田家住宅の方へも行ってみなくっちゃ(汗;

905a9082amaguri2 905a9101amaguri2001

障子に明りが燈らば・・冬の温もりが撮れるかも・・

H282910

右の上下の2枚にある矢印はピント位置を示してます~

A18a1530amaguri2001

さぁ~雪が降ってきたのでストロボの出番ですよ~!!

905a9124amaguri2 A18a1535amaguri2001

左:三脚使用 5DMK3に外部ストロボ

右:手持ち 7DMK2に内部ストロボ

H2829101

雪が丸ボケになる量はとにかく撮ってみるしかない、というので

手持ちでバシャバシャ撮ったけれど・・

白とびしてる玉ボケは調光補正を!とS先生の声・・・ん?どこだっけ

A18a1565amaguri2

ばたばたして時間はせまるし・・上手く行かなかったので

翌早朝ホテル前を散歩しながら~ひとり自主練♪






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

雪の白川郷 #1

905a8984amaguri2

雪やこんこん・・・どんどん・・どんどん・・降っては積もる『白川郷』

905a8991amaguri2

雪まみれになって三脚を構えて撮りはじめたものの

雪で良く見えないし・・・ピントは合わないし・・・

905a9006amaguri2

ホワイトアウト寸前の郷から巨人が現れた!?

いえいえ~レンズフードに雪が積もって見えなくなったみたいだし・・

905a9024amaguri2

白レンズに被せた赤いタオルはレンズの前にずれ込んじゃうし・・

厳しい自然の中で垣間見える美しい姿を捉えるには

12721676_655776734565642_51576081_2どうしたらいいのだろう・・・と、

横にいた先生がうずくまって

撮っているではありませんか~!

では甘栗も

真似してやってみよう!!

そんな甘栗の姿をS先生が撮ってくださいました~♪

905a9028amaguri2

で、撮れたのがこんな感じ・・・ふう~~~(汗sweat01

905a9051amaguri2

前ボケをキレイにいれるのは大変ですね~(^_^;)

。。。2月9日・・つづきは次回に~またちょっと出かけますので。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

桜仙峡

905a6197amaguri

東の吉野とも称される 桜仙峡に着いたのは 22日早朝

日の出前の青い光に包まれ 見えてきたその姿は

見頃は過ぎていたものの 小鳥が咲かせた桜の里が眼下に

905a6237amaguri

徐々に霧が廻り初め いっそう幻想的な新緑の山桜

そして・・・陸郷を見下ろす道の反対側を少し下り

民家の入り口をお借りし立ってみると

A18a4607amaguri

雲海に光芒が射しこんでいるではありませんか

A18a4620amaguri

なんて神々しく清々しい光景でしょう~!!

A18a4623amaguri

再び桜仙峡へ戻ってみると・・・

905a6321amaguri

霧がこちらにも廻りはじめていました~

905a6337amaguri 905a6338amaguri

少し余裕が出てきたので

最後に多重露光をして(右) 宿にもどりました~

前日は安曇野の名木桜を巡り・・

この後、大町の桜などを巡り・・40年ぶりに松本城を見て帰路に。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥

   撮影に出かけすぎてなかなかアップできませんが

      続きはまたの機会に  o(_ _)oペコリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

春色の京都・桜雨

4月5日 春色を訪ねて京都へ

あいにくの雨に はらはら散る桜 

雅な桜の元では傘の花が咲いていました。

先ずは ふんわり あまい 醍醐寺の枝垂れ桜から

A18a3516amaguri

そして こっくり 瓦屋根に舞い降りた 花衣

A18a3580amaguri

蹴上インクライでは 傘の花が咲き

A18a3604amaguri

水溜りに浮かぶ桜もよう

Img_0374amaguri

花筏 と 波紋

A18a3618amaguri_2

落ちては プクプク浮いて消える 雨垂れドーム

A18a3637amaguri

残されていた大きな送水管?から覗いて見ると・・・

Img_0365amaguri

雨ならではの桜模様を撮り ようやく盛り上がったころ雨もあがり 

祇園白川へ・・明かりが灯りはじめると、皆桜色に染まり始める

Img_0471amaguri

町屋の明りに照らされて青楓がまるでシャンデリアの様に輝いている

905a3398amaguri

夜桜の下でもキラキラ輝いてる花たち

905a3527amaguri 905a3515amaguri
Img_0470amaguri 905a3552amaguri
905a3505amaguri Img_0486amaguri

多くのお着物姿を見かけましたが殆んどは外国の方のようでした

905a3446amaguri

小紋に半幅帯 髪には花飾りの御嬢さん

美しい日本を楽しんでくださいね~♪

甘栗も桜雨と花曇りの都の春を精一杯楽しむとしましょう~♪

(まだほんの初日午後だけの更新です~データの整理が追い付きません・・・明日からまたお出かけですので記事が前後するかもしれませんが~お楽しみにぃ♪)






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

北斗星の車窓から

青函トンネルに入る合図の汽笛を聞きながら

深い眠りについてからどれくらい経ったのだろう・・・

A18a4714001

窓に顔を押し当てて外を眺めるてみると夜が明け始め

街が近づいている・・旅の途中で立ち寄る事の無い街

A18a4711 A18a4754

トイレに行き顔を洗って身支度を整えて急いでロビーへ向かうと

調度、福島に着いた頃だったから~もうこんなに走ってきたんですね

A18a4731

進行方向の左の窓から東の空が明るくなってゆくのを見つめている

A18a4759

郡山を過ぎたあたりから東雲が真っ赤に染まり始める

あの山は何山だろう・・・さぁ~カーテンを開けて

みんなでお日様が顔を出すのを拝もうではないかsun

A18a4776

6:50:56 朝日がほんの少し顔を出し始める

A18a4778

そして12秒後・・もうすぐもうすぐです♪

A18a4804

平均時速80kmくらいで走ってるのでしょうか

景色は流れて走り去っても、

太陽はずっと~併走しながら速回しで昇って来たかのような…。

A18a4808002

真っ白い雪に覆われた福島の田畑や里山に陽が当たる

そんな複雑な想いをかき消すかのように

朝陽は希望の光となって降り注ぎ

浄化の光となるよう~祈りを捧げましょう。

A18a4850

やがて関東平野に入ると、並走する新幹線の高架壁に

北斗星の影が走ってるーーーー♪

様々な姿を魅せてくれた北斗星の車窓とももうすぐお別れです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

☆北斗星☆

北海道への一人旅の締めくくりは・・・

憧れの「北斗星」に乗って帰ってきました~♪

先ずはその様子から。

A18a4616

2月1日 17:02 札幌駅にブルーの北斗星が入線

A18a4618

札幌駅17:12分発 上野行き 先頭は青い機関車

A18a4635

ホームに雪煙が地吹雪のように舞い上がってる中

7d201513022

誰もが旅の始まりを記念に収めようとギリギリまで青い列車の横にいる

7d2015130221

甘栗はB寝台の2階に荷物を置き夕食まで列車内を散策したり

M22015130221

ロビーカーで同じく一人旅に参加された方々と談笑して過ごしたり

JR模様の浴衣や限定グッズ(抽選)シャワー室を撮ったり

売店でお孫ちゃんへお土産をいっぱい買ったり・・・

なにせ北斗星はもうすぐ廃止になってしまうのだから。

さらに豪華なディナーも予約がとれてると言う事でグランシャリオへ

Img_9531

北斗星で誕生日ディナーだなんて~なんて素敵なんでしょう♪

M220151302003

マンゴーカクテルをいただき~

フレンチのコースは本当に美味しゅうございました~!

さて、急いで客室に戻りコートを羽織って準備しなければ

函館駅では青函トンネルを通るために21:38~21:49まで

機関車を付替える作業を見物(撮影)できるそうなのです

A18a4675

函館からは向きがかわり後方11号車に赤い機関車が付き先頭になり

青森についたらまた札幌発と同じ一号車の青い機関車が先頭になる

7d2015130223

外に出て後方車両を見てびっくり!!!

雪で真っ白になった北斗星の顔

A18a4698

凍りついてる車体がカッコ良くて頼もしくて

A18a4707

中は暑いくらいだったのに、こんなに過酷な中を走ってくれたなんて

A18a4706

食べてすぐ走ったせいか・・カクテルが急に効いてきたのか

寝台に戻りJR模様の寝巻きに着替えて

青函トンネルに入った合図の汽笛を聞きながら熟睡

翌朝5時半ごろ起きてから刻々と変わる車窓をまたロビーで過ごし

列車は定刻10:05に上野駅に到着

A18a4886

札幌駅→上野駅(上り) 所要時間16時間26分

   走行距離1214.7キロ

たまにはゆったりと旅を楽しみたいと参加した列車の旅

北斗星の車窓から見えた景色は次回へ・・・つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月30日 (金)

城ケ島海岸の鳥たち

三浦半島最南端の城ケ島

A18a3441amaguri_2

                         (ジョウビタキ♀)

久し振りのマクロレンズと悪戦苦闘しくたくたになり

心が折れそうになったので海岸へ降りてみた

A18a3425amaguri

荒波がつくりだした海蝕崖には県指定天然記念物の

ウメウ・ヒメウ、クロサギなどが生息しているようですが

A18a3501amaguri

忙しく海面を行ったり来たりする姿はどれがどれだか^^?

A18a3574amaguri

何羽もの鳶も上空を旋回してましたが

A18a3571

時折り海面を見つめ低空飛行する鳶は

獲物を狙っているのでしょうか。

A18a3433amaguri

さて、今日から一人旅に出ますのでしばらく留守にします。

旅行記は来月に・・お楽しみに~♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月29日 (木)

八重水仙

まるでコサージュのような八重水仙

A18a3674amaguri

花言葉は自己愛・うぬぼれ、ですが・・

A18a3316amaguri A18a3376amaguri

ここに咲く60万株の八重咲水仙の花言葉は『田園の幸福』

A18a3335amaguri001 A18a3373amaguri

学名:Narcissus 「ナルシサス・ナルキッサス」

A18a3337amaguri

ナルシストの語源ともなったギリシャ神話のように

水溜りに映り込む水仙を写してみる

A18a3312amaguri A18a3315amaguri
A18a3353amaguri A18a3314amaguri

A18a3307amaguri002

学名のナルシサスは

ギリシャ神話の美少年の名前で

泉に映った自分の姿に恋をして

毎日見つめ続けたら

いつのまにか

1本の花になってしまった。

白くうなだれた水仙の姿は

このナルシサスの姿を

映していると言われています。

A18a3637amaguri A18a3587amaguri

風景など広く撮ることに慣れていた甘栗ですが

もう一度、マクロの目になって身近なお花を撮ってみたくなりました。

        。。。1月27日 城ケ島海岸にて。。。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)