信濃の国

2017年8月31日 (木)

夏の終わりに・・・其の四

暁に紅い花

163a4256krcp_2


東雲が紅く染まる夜明け前

ツツジの朱い花も暁色に輝きはじめる

紅と朱が呼応するかのように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

Ise Fantasy

時にフンワリ優しく 

Krca18a4894 Krc2_05a8920

時に聡明で 格好良く

Krca18a4918

陽の光で蒼くなり

Krca18a4920

岩に叩きつけられ 飛び散り 

Krca18a4925

成長し 滝を見守る 氷のオーディエンスになる

(1月28日 横谷渓谷、蓼科大滝、乙女の滝にて)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

アイスモンスター

Fisheye で撮ってみると・・・

_05a8850pjpg

冷たい氷柱もまるで生きているように迫り出してくる

Krc2_05a8798

まあるく目のようになったり

Krc2_05a8935

まるで生きているように岩の間を蠢き出し

Krc2_05a8876

氷柱の獅子頭に睨まれて縮こまってしまうかのよう・・・

Krca18a4973

やがて日は落ち氷瀑が黄金に輝く。。。乙女の滝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

SUWAn Lake

諏訪湖に白鳥が飛来している、というので

Krc2_05a8575001

一周16kmの諏訪湖を廻ってみると

Krc2_05a8586001

氷の波が押し寄せていたり

Krc2_05a8598001

何かの軌跡が氷を砕いていたり

Krc2_05a8603001

氷の渦が巻いていたり・・・(15mm f2.8 Fisheye)

居ました居ました~天竜川に流れ出す辺りに・・・

Krc2_05a8614

その中の2羽が絶妙な距離感でずっと仲良く飛び回っていました。

Krc2_05a8637

諏訪湖だけに・・スワんレイク!!

さぁ~私も、今を飛びまわる事にしましょう!!

(モンゴル紀行はまたの機会にいたします(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

美しい谷・・『大鹿渕』

それは大鹿渕隧道の林鉄跡から覗き込むとある

Krc905a8866

トンネルの先にある橋からは・・・絶景が広がる

905a8813ps_3

深い谷・・ゆっくりと流れゆく翠の水・・歴史を刻む岸壁

Krc905a8834

現在と過去が混じり合うように川面に陽光が射し込む

Krc905a8808 Krc905a8857

名残の枯れ葉を乗せて・・さぁ~帰ろう!

Krc905a8871

2016年10月20・21日御岳自然湖周辺を巡る旅は。。。終わり。。。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

里山さんぽ

遅い朝ご飯のあとは…

Krc905a8545

美しい里山風景が広がる滝越さんぽ

Krc905a8637

のどかで美しい里山も今頃は・・

Krc905a8708

長い冬に向かい閉ざされているのかもしれない

Krc905a8725

上を見ても・・・下を見ても・・・

Krc905a8689 Krc905a8724

ひっそりと・・凛として・・潔く

20161020212_2

うつむいてても・・嘆いても仕方ない・・と教えてくれる

Krc905a8666

「しあわせ信州」のポスターの言葉のように

<山と対話し、自然のリズムに耳を傾け、森から学ぶ>

<美しい山々に抱かれ、自然とともに生きる知恵を育んできた>

Krc905a8540

そんな姿勢や感性は私にも流れている・・・

と、信じて撮ってゆこう~これからも。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

りんてつ

1984年9月14日 長野県西部地震によって出来た自然湖

その辺をず~っと歩いていると小さなトンネルに出逢う

Krc905a8390

そこはかつての森林鉄道があった場所

木曽檜を運び・・村人の唯一の交通手段だった『りんてつ』

Krc905a8499

滝越地区にはこんなに可愛い「りんてつ」が展示されています。

では覗いてみましょうか・・・

Krc905a8469

小学生を乗せて通学に利用されたたらしく

Krc905a8461

車体も椅子も運転席も全てが小さく可愛いのです。

20161020211

かつての子供達の楽しい声が聞こえてきそうです。

Krc905a8474 Krc905a8750

どこか懐かしい・・古き良き時代の足跡をなぞるように

Krc905a8480

この里山を歩いてみましょう・・・つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

夜明けの自然湖

真っ暗な中で夜明けを待つこと30分

905a8057

暗がりに目が慣れてきたので撮り始めてみようかな

Krc905a8077

刻々と変わる空の彩

Krc905a8084

木々にも水面にも霧が流れ

Krc905a8093

立枯れの群れが囁きながら目を覚ます

Krc905a8170

それに応えるように水面もざわざわ~っと揺れたようだ

Krc905a8190

静かに色を取りもどすかのように朝がやってくる

Krc905a8411

秋を映しながら・・

Krc905a8422

11・・>・・<・・・≪・・1・・i1・・

Krc905a8427

真っ直ぐに・・何かの波形のように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

昼から夜の自然湖

御岳山自然湖の立ち枯れの木々は・・・

Krc905a7893

腐っても鯛・・・枯れても檜≪木曽檜≫なんだそうです!!

Krc905a7888

24年経っても真っ直ぐ立っています!

どこまでが水の上で、どこからが映り込みなのか分からないくらい

Krc905a7924Krc905a7935Krc905a7941

青空を映し・・落ち葉を泳がせ・・

Krc905a7949

山の日はあっという間に傾いて・・

Krc905a8034

闇夜に星が瞬き始める

Krc905a8049 Krc905a8045

さぁ、夜遊びはこれくらいにして宿に帰ろう~朝が早いからね

             。。。つづく。。。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

雨の竜胆

竜胆・・りんどう・・信州の県花である

905a5032

雨で朝日が見えず、渋峠から戻る途中陽坂を過ぎた辺りから

雲が切れ西の空が朝焼けになり始める・・

A18a1197

前日も雨の中、県花「りんどう」に逢いに山田峠へ

そこには雨に濡れ靄がかかった中、閉じたままの青紫の花が

A18a1142 905a4985

まるで青いハート2つを半円形の雫に閉じ込めてるような・・

まるで閉じたパラソルか・・キャンディブーケのように可憐な姿

A18a1170


リンドウは秋の花ですが

山に咲いているのは今が一番きれいかもしれません

A18a1153


こんなきれいなリンドウには初めて逢えたかもしれない

雨だからかな~鮮やかに凛として見えたのは。

ちなみに信州の県木は「しらかば」

県鳥は「らいちょう」 県獣は「かもしか」

8月27・28日 久しぶりに志賀高原へ行ってきました~

        。。。つづく。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧