家族

2021年4月25日 (日)

姪っ子の結婚式 #20210424

一年延期になっていた姪っ子の結婚式

ぎりぎり緊急事態宣言の前日に親族家族だけで執り行いました。

20214242

人前式で、参加人数は少なかったけれど和装洋装盛り沢山で

花嫁の母から 筥迫(はこせこ)の儀

指輪は紅白の紐をそれぞれの家族から父親に渡し新郎新婦へ

鏡割り・鯛の塩包み焼き割・ウエディングケーキバイキング

2021424

赤坂の「響・風庭」はサントリーの式場なので

たっぷりお酒も堪能できました(緊急事態宣言発令前日なので)

私も久しぶりに晴れ着を着れて幸せでした~

2021

ありがとう~お幸せにね♡

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

桜と菜の花と新緑と

信州・北信地方の桜も満開

【青空と雪山と桜】 なんて気持がいいんでしょう♬

1618150700192

今年はどの花も早いから、と菜の花公園へ行ってみよう!

沿道の菜の花は見頃でしたが・・・

1618151242388

う~ん、まだもうちょっと先だね。

では、北竜湖までドライブして湖畔でお弁当をたべようか

Point-blur_20210415_080923

この雪融け水で増水した柳の木が水没してるのに

新緑の若葉と湖面の青色が好きなんだなぁ~

釣りを楽しんだり、バーベキューしたりキャンプしてたり

お散歩してたり・・・ほんとに気持よかったなぁ~♬

 

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

宇木のエドヒガン

故郷の高社山裾野みはらし街道沿いには

知られざる(地元では有名)古代桜や桜の名所が沢山あります。

その一つが『宇木のエドヒガン(千歳桜)』

Img_20210412_220531_100

樹齢850年…環境庁では300年以上としているようですが

いずれにしても、悠久の時を生き、リンゴ畑からブドウ畑へと

様変わりする農地や人々を見守ってきたかのように

眺めのよい小高い場所で、里山の春を彩ってきたのです。

1618227122295

法要も終わり、弟とその娘婿に連れてってもらいました~

あのあたりがウチかな~と。

1618228196351

故郷の西の山に陽が沈む。

来年こそ、じっくり故郷の桜めぐりをしよう、そうしよう♬

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

故郷は春の雪

161844192099001

母の四十九日法要で帰省

飯山駅で新幹線を降り 実家に向かう途中

千曲川を渡ると春の牡丹雪が・・・

桜も咲いているのに・・・

葬儀の時も、青空なのに雪が降っていたっけ

きっと、また父が迎えにきたのかな?・・・

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

母のアルバムから

【 42年前の私と亡き母 】

今も昔もピンクが大好きな全身ピンクの私

母はナポレオンの大きな絵画を食い入るように見てたっけ

Point-blur_20210318_160530

今は写真の中でしか会えないけど

記憶としても記録としても

写真の力を強く感じています~♪

Point-blur_20210320_17463501

【 デイサービス遠足で 】

飯山市菜の花公園なだけに、リアル高橋まゆみ人形?

いつでもどこでも明るく楽しんでいた母(左端)

田舎のおばあちゃんは可愛いなぁ~と

母のアルバムを見ながら皆で大笑い♪

私も可愛いおばあちゃんになれるよう

母みたいに生き抜こうと思います♬

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

最後の宿題

静かな漆黒の星だけが瞬く夜明け前

みんなに看取られ母は安らかな眠りにつきました。

2021年2月21日 3:54 享年89歳

 

コロナで会えなかったけれど、主治医のご配慮で付き添うことができました。

下顎呼吸であえぐ母の頬をさすり、時折けいれんするおでこに手を当て

「ずっとそばにいるから大丈夫だよ~」と声をかけ続け

最期は駆けつけた弟たち家族と「ありがとう~大好きだよ!」と

皆で声をかけると、すでにツーっと止っていたモニターに心拍が応えてくれる。

 

私の家族は間に合わなかったけれど、1年ぶりに実家に帰った母の枕経に

立ち会い、お別れをすることができました。

 

力を使い果たし段取りよく逝った母は、明るく笑って送り出して欲しいと言っていたので、華やかなお花に囲まれた泣き笑いの通夜告別式を済ませ、遺品の整理をし、2月末に帰宅しました。

Point-blur_20210304_190027

四十九日の法要までに、父と母の歴史を辿る写真を孫子に引き継げるよう

「姉ちゃん頼まぁ」と弟たちに言われ、丁寧に残してあった資料・写真のほんの一部を持ち帰りました。

Psx_20210301_13440201

さて、どうしましょうか・・・

先ずは、スキャンして、冊子に纏めようかな~

しばし籠もって亡き両親からの最後の宿題を果たすとしましょう。

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

誕生日はフャイヤー!!

今日も暑い!!

こんな暑い中に生れたんだね・・・

生前、お義母さまが枕元に氷柱を何本も立てて生んだんだ

と、良く言っていたくらい、暑い熱い時に生れた夫に相応しく

熱い暑い誕生日を、隣町の高級鉄板焼店へ行ってきました!

Img_20200811_093239_006c

メモリアルコースディナーのシメも燃えています!

ハート型の炎の中には冷たいアイスクリーム!

パイナップルとバナナをソテーしキンキンに冷えた

アイスクリームを乗せフランベしたもの。

もちろん、ロブスターも黒毛和牛もお野菜も、とっても美味しくいただきました♪

はて?夫と二人だけの外食は何年ぶりでしょう?

いつもは子供たち家族と一緒だからね~

こんな特別な夏もコロナ禍だからかな~

来年は、みんなで過ごせる夏が来るといいね。

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

やっとというか今しかないというか、お見舞いに

4月から2ヶ月半入院してた間も・・・

老健に移ってからも・・・

コロナ禍まっただ中で、まったく面会できず

やっとというか、今しかないと母の面会に行ってきました。

Beautyplus_20200719195239963_save01

一回の面会につき、3人まで30分以内ということで弟たちと

母との間には透明なアクリル板があり

直接触れることは出来ませんでした・・・

ほぼ誰とも会わず会話は最低限だったせいか

言葉も少なく、目を開けているのがたった1分と聞いていたが、

朝までプリントするのにかかりましたが、

若い頃の家族写真や、母を囲んでる皆の写真を持って行ったら

面会中の30分ほとんど目を開けて見ていてくれた!

写真の力を感じ、また別のもプリントして持ってくるからと約束し帰路へ

Dsc_11460101

新幹線の運転手さんもマスクしてる

久しぶりの故郷 久しぶりの晴れ間でした。

 

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

サボテンの花

 【サボテンの花】

サボテンだけどチューリップが歌った『サボテンの花』1975年

『ひとつ屋根の下』主題歌を思い出す 1993年

我が家のサボテンの花は

今年も深紅の花を元気に咲かせています。

1591143100689

♬ この長い冬が 終わるまで 

  何かをみつけて 生きよう

  何かを信じて 生きてゆこう

  この冬が 終わるまで

※ コロナがい冬が 終わるまで~♬

早世した3つ上の叔父が、ずっと育てていたサボテンの子吹きを

母が「ほれ~持ってけ」と小指ほどの子を無造作に持たせてくれた

挿し木というほどではなく、ぽ~んと鉢に放り投げて置いた

日当たりが良すぎて茶色になってしまったけれど

どんどん増えて、花も咲くようになって楽しませてくれている。

入院している母に見せたいけれど・・・

面会が叶うようになったら写真だけでも持って行こう!!

 

#サボテンの花

#白檀(びゃくだん)

#Echinopsis chamaecereus

#ピーナッツカクタス

#XperiaBOKEH

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

KIIT水引ツリー

1576672742093

朝は、霧のユーカリが丘で姉に寄り添い

夜は、義妹と東京駅でキラキラを眺め

長い一日が無事終わりました~ホッ(^_-)

| | コメント (0)