故郷

2021年4月12日 (月)

桜と菜の花と新緑と

信州・北信地方の桜も満開

【青空と雪山と桜】 なんて気持がいいんでしょう♬

1618150700192

今年はどの花も早いから、と菜の花公園へ行ってみよう!

沿道の菜の花は見頃でしたが・・・

1618151242388

う~ん、まだもうちょっと先だね。

では、北竜湖までドライブして湖畔でお弁当をたべようか

Point-blur_20210415_080923

この雪融け水で増水した柳の木が水没してるのに

新緑の若葉と湖面の青色が好きなんだなぁ~

釣りを楽しんだり、バーベキューしたりキャンプしてたり

お散歩してたり・・・ほんとに気持よかったなぁ~♬

 

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

宇木のエドヒガン

故郷の高社山裾野みはらし街道沿いには

知られざる(地元では有名)古代桜や桜の名所が沢山あります。

その一つが『宇木のエドヒガン(千歳桜)』

Img_20210412_220531_100

樹齢850年…環境庁では300年以上としているようですが

いずれにしても、悠久の時を生き、リンゴ畑からブドウ畑へと

様変わりする農地や人々を見守ってきたかのように

眺めのよい小高い場所で、里山の春を彩ってきたのです。

1618227122295

法要も終わり、弟とその娘婿に連れてってもらいました~

あのあたりがウチかな~と。

1618228196351

故郷の西の山に陽が沈む。

来年こそ、じっくり故郷の桜めぐりをしよう、そうしよう♬

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

故郷は春の雪

161844192099001

母の四十九日法要で帰省

飯山駅で新幹線を降り 実家に向かう途中

千曲川を渡ると春の牡丹雪が・・・

桜も咲いているのに・・・

葬儀の時も、青空なのに雪が降っていたっけ

きっと、また父が迎えにきたのかな?・・・

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

やっとというか今しかないというか、お見舞いに

4月から2ヶ月半入院してた間も・・・

老健に移ってからも・・・

コロナ禍まっただ中で、まったく面会できず

やっとというか、今しかないと母の面会に行ってきました。

Beautyplus_20200719195239963_save01

一回の面会につき、3人まで30分以内ということで弟たちと

母との間には透明なアクリル板があり

直接触れることは出来ませんでした・・・

ほぼ誰とも会わず会話は最低限だったせいか

言葉も少なく、目を開けているのがたった1分と聞いていたが、

朝までプリントするのにかかりましたが、

若い頃の家族写真や、母を囲んでる皆の写真を持って行ったら

面会中の30分ほとんど目を開けて見ていてくれた!

写真の力を感じ、また別のもプリントして持ってくるからと約束し帰路へ

Dsc_11460101

新幹線の運転手さんもマスクしてる

久しぶりの故郷 久しぶりの晴れ間でした。

 

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

しなの木曽路をゆく

40数年ぶりで「しなの号」に乗り木曽路へ

_63a7763c

塩尻で降りてからは名所を走り抜ける「しなの号」を追いかける

_18a3396c


直線が6㎞も続く~はるか遠くから「しなの」がやって来る

_18a3397c001

あまりに遠すぎて陽炎の中をやってくる

_18a3401c

4つ目ハイビームの「しなの号」

_63a8030c

寝覚の床へ降りる途中・・ゆっくりとしなのが走ってる

あ~、40年前と変わらないんだな~。

車掌さんが「左をごらんください・・・」と観光案内をしてくれてる

L1000464c


あんなに晴れていたのに・・・奈良井宿は雨

そして・・・翌朝は雪・雪・雪

_18a3502c _18a3529c

高台から~トンネルから・・・S字を狙う

_18a3532c _18a3551c
_18a3563c _18a3589c001

トンネルと雪とS字と「しなの号」

このあと晴天の馬籠宿~妻籠宿へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

ふる里の山笑う

_63a1779krcp

長野駅から急行バスに乗って 白馬へ向かう車窓から

やわらかな芽吹き色や 花咲く木々の

ほっこり ふくふく 山笑う ふるさと

         ≪ 4月18日 ≫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

やまびこの丘

故郷の高社山北山麓も雨

_mg_3833krcp001_3

母と弟家族とやまびこの丘へ

_mg_3841krcp_3

しばらくすると・・雨があがったので園内を散策

_mg_3860_2 S_mg_3945krcp001_2

緑いっぱいの公園 咲き競う花々 

_mg_3883_2

飛び交う蝶たち

_mg_3837krcp_2 _mg_3838_2

モンシロチョウ と モンキチョウ

_mg_3896krcp_2 _mg_3901krcp_2

アゲハチョウ と ベニシジミチョウ

_mg_3871krcp_2 _mg_3876krcp_2

地面で吸水する ヒメシロチョウたち

まだ咲いていたアジサイの片隅に美しい羽根だけが落ちていた

_mg_3882krcp_3

それは墨流しの名の通り タテハチョウ科のスミナガシと判明

他にも・・季節を知らせる花や虫たちもいました~

_mg_3938krcp_3 _mg_3940krcp002_3


。。。8月12日  木島平村やまびこの丘にて。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

ふるさとは遠きにありて思ふもの・・・

ニホンカモシカが出迎えてくれた志賀高原

_mg_2652

大雪の中 あのリンゴ色した路線バスを乗り継いだ車窓から

_mg_2722

変わらない景色の中 ちょっとずつ変わってゆくものも見えて

_mg_2728

あらためて環境保全と暮らしを守る事の難しさを感じ

_mg_2733

厳しさと、美しさの狭間で今更ながら揺れ動く故郷への想い・・・!

_mg_2740

今やスノーモンキーパークは国際色豊かで

_mg_2751_2

8割方外国からのお客さんが路肩のバス停に大勢居ると

危険だというので、バス停がロマン美術館の駐車場へ移動

_mg_2755_2

大勢来てくれるのはとても嬉しいのですが

_mg_2757

皆さん軽装でやってきてそのまま帰ってしまう

_mg_2768

近くの上林温泉や渋温泉、湯田中温泉、星川温泉などで

ジャパニーズスタイルを楽しんで欲しいですね

という私も母を連れて年に1回行けるかどうかなんですけどね。

ますます年老いてゆく母の姿と

初個展の充実感とのギャップで

『ふるさとは遠きにありて思ふもの・・・』 と

感傷に浸っている場合ではない・・・また帰ろう故郷へ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

ただいま~♪

いつもなら長野市に入ると見えてくる高社山にそう声をかける

Krca18a0726

今回は・・信州でも最後に咲くあじさい寺で

赤いランドセルを背負った可愛い後ろ姿に

おかえり~暑かったね、と声をかける

Krca18a0661

ちょこっと帰省し、小さな親孝行旅をしたり~

Krca18a0711

5年ぶりくらいでしょうか・・合間に訪ねた信州のアジサイ寺「高源院」

Krca18a0676

今年はめちゃくちゃ早かったんですよ~とご住職

Krca18a0700

かつての「よみがえる青」より色あせてますものね

Krca18a0713 Krca18a0752

それでも山寺の参道を埋め尽くす青い花房は

Krca18a0757_2

変わらず優しく迎えてくれる

Krca18a0716

振り返ると・・夏雲がふるさとの山の上を走り

吹き上がる緑の風が心地いい・・

さぁ~そろそろ帰ろう・・母が昼寝から目を覚ます頃だから。

  (知床ワイルドツアー後編へ・・つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

碧い北竜湖

今年は雪が少なかったから・・・

905a2143amaguri 905a2154amaguri

根元が水没していない・・・

905a2156amaguri

松の枝も水面すれすれだったのに・・

905a2170amaguri

湖畔の宿に着いたのは夕方・・

明日は夜明け前からまたここに来よう~

905a2255amaguri

暗闇から碧い青い湖が姿を現す

905a2267amaguri2

静かに映す木々の彩り

905a2280amaguri2

対岸に佇む白い影

A18a6348amaguri2

やがて朝日に若葉も萌え~

A18a6380amaguri2

水面もざわつき始める

A18a6413amaguri2

昨年の様子は・・・こちらをどうぞ~↓↓↓

http://amaguri2921.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-8e0a.html

5月2/3日のことでしたぁ  。。。つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧