写真・虫や鳥

2017年8月17日 (木)

やまびこの丘

故郷の高社山北山麓も雨

_mg_3833krcp001_3

母と弟家族とやまびこの丘へ

_mg_3841krcp_3

しばらくすると・・雨があがったので園内を散策

_mg_3860_2 S_mg_3945krcp001_2

緑いっぱいの公園 咲き競う花々 

_mg_3883_2

飛び交う蝶たち

_mg_3837krcp_2 _mg_3838_2

モンシロチョウ と モンキチョウ

_mg_3896krcp_2 _mg_3901krcp_2

アゲハチョウ と ベニシジミチョウ

_mg_3871krcp_2 _mg_3876krcp_2

地面で吸水する ヒメシロチョウたち

まだ咲いていたアジサイの片隅に美しい羽根だけが落ちていた

_mg_3882krcp_3

それは墨流しの名の通り タテハチョウ科のスミナガシと判明

他にも・・季節を知らせる花や虫たちもいました~

_mg_3938krcp_3 _mg_3940krcp002_3


。。。8月12日  木島平村やまびこの丘にて。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

雨上がりの石ノ湯ロッジ

激しい雨音もいつしか止み窓を開けてみる・・・4:25

そうだこんな朝はロッジの周りを散歩してみよう~!

A18a5020amaguri

高原の朝・・雨上がりの冷たい空気が気持ちいい

A18a5017amaguri001

今年のレンゲツツジは霜にあいいまいちらしい

A18a5058amaguri

花も虫も全身に雫を纏っている

A18a5156amaguri A18a5117amaguri

今頃は蛍が飛び交っているだろうこの川

A18a5095amaguri

手持ちでどこまでスローシャッター切れるかな・・・

F18 ISO100 で、なんとか1/5秒までスローに出来た!

A18a5087amaguri

いつのまにか空一面にもこもこ雲が走ってる~

この雲もあっという間にどこかに消えてっちゃったので

小一時間ほど散歩したし部屋に戻るとしよう!

A18a4816amaguri_2

前日の朝「オハヨー」ってきてくれたキセキレイが

A18a5189amaguri

この日はもっと近くまできてくれました~

同じ鳥かな~まだ若鳥のようですが、

今度はまた来てね、と挨拶に来てくれたんでしょうか~。

もう一月もまえのことです~すみません。

まだまだ紹介仕切れませんが、6月の志賀高原はこれにて終了!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

夏はマクロを封印?!

たまにはハタキをかけて・・・

と・・・ベンジャミンの後ろに黄色い虫が・・・

これは~撮らなくっちゃ!と

M2にマクロレンズをつけて撮りはじめたんだけど

2img_0470

なにせ、お掃除の途中だったので汗がだらだら~半端ない

それでも何とか20枚くらい葉っぱを前ボケに撮ってみたけど

だめだ・・・くらくらして目がまわってきた・・・

その上吐き気もしてきて手もガクガクしてきたし・・・

はぁ~熱中しすぎちゃ~いけなかったんだ・・・

マクロ撮影はついつい熱中してしまうので

もう今年の夏はマクロを封印しよう~そうしよう!!

1img_0460


きいろてんとう虫さんありがとう~と庭に放してあげて

はぁ~3時間もダウンしてしまったのでした・・・とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

ちいさな庭に…ちいさな春

カメラを構えるとサッと居なくなってしまうので

朝から庭に小鳥たちが忙しそうにやって来てるのを

ぼーっとレースのカーテン越しに羽ばたくシルエットを眺めていた

庭の柿の木に挿したリンゴや

ぐちゅぐちゅになった柿を確認しに庭にでてみたら

もう顔出してる~森から来たちいさな白い妖精

905a5723

去年はきっちり節分に咲いたセツブン草

もしかしたら去年も気付かなかっただけかもしれない・・・

小春日和の庭で小さくなってマクロで撮っていると

チュンチュン・・・と可愛い声がすぐ目の前にnote

905a5733

庭の一部になって・・・鳥撮りしてみよう~70-200に付け替えて^^

905a5744_2


ちょっと止まっておくれ・・・微妙にブレてるけど小春色に撮れたかな

905a5753


ちょこちょこ動きが速い小鳥を撮る時はAFが間に合わないので

MFに切り替え感度を上げて高速シャッターに・・・ふぅ~(^_^;)

905a5747_2

メジロっちは仲良く番でやってくるけど・・・

なかなかツーショットにはならない(^_^;)

ならば柿木りんごの下で待ってようかな・・

5d2014123

食べてる食べてる・・・

なかなかラブリーなツーショットは撮れないから~

2年前の庭の柿木りんごを仲良く食べちゅっちゅ~Lovely birds

Lovebird001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月31日 (木)

曇・雨・霧・晴~雲場池

今年も行ってきました~ひとりで♪

水面に映る紅葉と鴨ちゃんたちを撮りたくて、軽井沢・雲場池へdash

10月29日 午後1時 曇りの雲場池に到着

905a1184

ようやく見ごろを迎えたばかりの紅葉たち

905a1207

鴨ちゃんたちは何処に・・・いたいた♪

905a1255

潜ったり・・水浴びしたり・・スイスイ行ったり来たり・・・忙しそうでしたが

905a1349

なんだかゆったり~動きが静かになってきましたね・・

905a1341

ぽつぽつ・・ぽつぽつ・・雨が降ってきました。 16:30

水鳥たちは首を背中に乗せて~雨宿り?

もうオヤスミナサイみたいなので、甘栗も宿に引き上げる事にします。

10月30日  6:00 雲場池は霧の中

905a1656

優しい靄色を背に 雨粒を指先につけてる楓たち

905a1409

燃えるような紅葉も 靄に溶け込んでため息がでるほど美しい

905a1423

お気に入りの宿り木で朝をむかえてる鴨たちに声をかける・・おはよう♪

905a1474

顔を洗ったり・・翅を整えたり・・朝ごはんを食べたり・・忙しそう♪

905a1630

さぁ~甘栗も朝ごはんを食べに宿にもどろう~っと。 8:15

沢山撮ったからもういいかな~4時半起きで疲れちゃったし

もう帰ろうかな~と宿をでると・・・10時15分

すっきり晴れてるではありませんか!

これはもう~行くっきゃないね、もう一度雲場池へdash

905a1807

鴨:やぁ~あまぐりサン・・また来たの?

甘栗:うん、水面の色をあまり撮ってないからね~!

905a1889

ならば、去年とは一味ちがう・・とろ~っと、優しく撮り鳥ましょう♪

金色の水面と落ち葉たちも・・・maple

905a1873

ゆっくり じっくり 丁寧に 少しは撮れるようになったかなぁ・・・。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月30日 (火)

アサギマダラ~♪

ヨツバヒヨドリバナがあるからアサギマダラいないかな~

 ・・・・・  あっ!  いたっ!!  ・・・・・

905a7330


 浅葱色の翅   斑な体

     また 逢えたね

切れ長なアイラインが 一瞬 振り返ってくれた・・・気がした。

905a7421905a7427


不思議だね~こんなに薄い翅でどうして2000㌔も旅ができるんだろう

その研究のために・・興味を解き明かすために・・

キレイな浅葱色の翅にマジックで文字(捕獲場所・日時・名前)を書くのはねぇ~他に方法はないものだろうか・・・

チップを埋め込むのはもっとダメだし・・名札もぶら下げれないし・・

生態観察は一部の限られた研究者の手に委ねる事とし

この奇跡の蝶を愛でるとしましょう♪

905a7415

チャツボミゴケ公園でこの日見かけたアサギマダラは・・・ハテ?

なんて数えるんでしょう・・・ 5~8個体飛んでましたが・・・

なんと蝶は1頭2頭・・と数えるんだそうです。

虫は1匹2匹・・鳥は1羽2羽・・魚は1尾2尾・・牛は1頭2頭・・

ウサギも1羽2羽・・・なんで鳥と同じなんだろう?

牛と蝶が何で同じなんだろう~???

諸説あるようですが、蝶の頭の触角が2つ突き出ているのが

牛の角になぞらえてるとか・・・

動物学者が英語で"head"と数えていたことから、動物園でも飼育されていた大型の蝶を「頭」を使って数えはじめたから、とか・・・

昆虫学の祖が海外の文献を訳し間違えた、とか・・・

蝶の標本に頭がないものは欠陥品とされていたから、とか・・・

東西を問わず頭数(あたまかず)を揃えるという発想は同じで

その”head”を単純に「頭」としただけらしいけど・・

なんで蝶だけ?と言う疑問は残りますね~

まぁ、一般的には「匹」も「羽」も「頭」も使って良いらしいですよ。

蝶には体も翅も頭もありますからね。

我々には、歩ける足・つくりだす手・考える頭はあるけど

自由に空を飛ぶ羽(翅)はないもの・・・

せめて心は自由に飛んでいたいですね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

春は御難続き?

切符事件につづき・・・2度あることは~3度ある?

京都から無事帰り3日後、EOS学園モノクロ実践講座で

モノクロフィルターを使ってちょっと撮ってみましょう~と

3日ぶりにレンズキャップを外してみると・・・・・・・・・・

ぎゃーーーーーッ!!何じゃこりゃ~bearing

Dsc_02051 割れてるーーーーっ!

フィルターが凹んで外せない

S先生も無理にやらないでサービスに行った方がいいよ、と。学園のレンズを借りてちょい実習sweat02

はぁ~ぶつけた覚えはないんだけど・・申し訳ないけどぶつけてますね、と言われ愕然とする。

翌日、サービスセンターで外してもらい(こわして外してもらい)レンズもカメラも無事だったことにホッとしたのも束の間

昨日は、CandyPhoto Lesson で川合先生と新宿御苑へ

望遠で引きと寄りを撮る、広角で引きと寄りを撮る

背景の色を変えて撮る・・青空・若葉色・桜色・山吹色・etc

光と影の色をだす?・・等々の実習のあと、居残り実習中

せっかく超広角レンズも持ってきたから~と装着して・・

先ずAFで構図を・・・あれ?ピントが合わない・・変だな?

先生に聞いてみると、いったんMFにしてみたら~と・・MFにしてもピントが合わずシャッターがおりない・・・変だな~・・・

あれっ?・・・?・・・ぐらぐらするよ~マウント部分はしっかりついてるのに

えっーーーーーー!!あいてる~~~~穴がぁ~隙間がぁ~~(>_<)

Dsc_02101635mm 人差し指が指してるところがぐらぐらしてる・・・なにぃ?なんでぇ~・・・こんな事ってあるの?

いったい何がどうなっちゃったの?

はぁ~~~~

保証書持ってサービスに行ったほうがいいよ、って先生。

一週間で2度もレンズに・・・こんな事ってあるの?????

御難続きで落ち込むなぁ~悲しいなぁ~・・・

それだけ撮影に出る機会が増えたから~トラブルも多いのかな~

少しは大人しくしておけ、って事かな~

カメラや機材にたいして愛が足りないのかしら~heart03

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

でも、良い事もあったんですよ~

2010年6月に巣立ちを見届けてから、ずっと空家だった庭の巣箱に

四十雀カップルが入居してくれました!!

巣材にするはなちゃんの獣毛がないから、もう来ないんだ~って

諦めていたけどGWころ巣立つまで、

はらはらしながら見守る日々が続きそうです。

Ama

3年前のDB『大空へ』をちょこっと編集しなおして春コンへポチしました。

http://www.digibook.net/d/ed54e333a09e9040b6dfee6411eb5e8d/?viewerMode=fullWindow

雛が孵化して巣立つまでの記録・・・もしかしたら撮り過ぎた?

今年は遠くから見守ることにします~せっかく来てくれたからchick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

この木なんの樹~気になる樹

隣町のT駅前のシンボルツリー 冬イルミで輝いてた樹

Img_0572

先日、日曜日あちこち桜を探しながら足を延ばしてみたら

すっかり電飾を脱ぎ捨てた姿がすこし淋しいなぁ~って

駅の改札へ急いで歩いていると・・・チュンチュン・・?

905a1196

ん? 木に生ってるのは・・・鳥?・・・何の鳥?

この日は24-105㎜しかついておらず手持ちだし取りあえずパチリ

ロータリーの真ん中にあるし、近づいても下から見上げるだけだし

尾が長いし集団だし、エナガ?

905a1246

もっと大きい・・・あごが黒いけど、ネクタイはない・・白い眉紋もある

もしかしてハクセキレイかなぁ~・・・

こんど望遠をつけてしっかり見てみようかな~

それにしてもこんなに沢山の群れは始めてかも~びっくり!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

オナガ撮り~♪

柿の木にリンゴを挿して・・・オナガ撮り~

Photo_2

一羽のオナガがやって来て・・・ねぇねぇ~美味しそうだよ♪

Photo_7 

二羽のオナガが囁くと・・・ナニナニ~つんつん

Photo_4   

三羽のオナガがやって来る・・・あらあら~

Photo_5

四羽のオナガが・・・ぎゃぁぎゃぁ~騒ぎ

Photo_6

八羽のオナガが・・・どんどん食べて・・・2時間で完食!!

久しぶりに庭にやってきた市の鳥「オナガ・尾長」

ギャースカ鳴き声がうるさいのは、カラス科だから~

昔はユーラシアに広く分布していたが、氷河期に絶滅しなかったものだけが東西の端にだけ生き残っている

Wikipediaによると・・・

1970年代までは本州全土および九州の一部で観察されたが、1980年代以降西日本で繁殖は確認されておらず、留鳥として姿を見ることはなくなった。現在は本州の石川県以東、神奈川県以北で観察されるのみとなっている。わずか10年足らずで西日本の個体群が姿を消した原因はまったくわかっていない。ただし、九州の個体群については近年になって分布を拡大し続けているカササギとの競争に破れたという説がある。

Photo_8

春が来て恋の季節になったらオナガも可愛い声で囁き合います♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

処暑に夏蝉

905a1836

処暑というより 灼熱の真夏・・・

今日は暦の上では『処暑』 二十四節気の14番目

暑さも峠を越えて過ごしやすくなる日らしい

むしろ峠の天辺にあるくらい酷暑・猛暑・あぢぃ~あぢぃ

それでも夜には秋の虫の声が日増しに強くなってきてはいる。

そこへ負けじと網戸や柱にへばりついて

夏蝉がミンミン・ジィジィ大合唱を始める

こんな小さな体に、いったいどこにそんな力があるのだろう

X3_2010_8207

甘栗作 2012年カレンダーの8月も やっぱりアブラゼミ

一昨年の8月20日 羽化したてのキレイなミントのようなアブラゼミ

今年も抜け殻はあちこちにあるけれど、暑くてやっぱり観察できませんsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧