映画・テレビ

2014年11月25日 (火)

美わしの志賀高原・再び

905a1498amaguri


美しい白樺林を走る長電バス

この写真を撮ったのは今年の5月

遠足で歌ったようにバスが白樺の木立をぬけて降りてきた

懐かしさでいっぱいになりながらシャッターを切る

そんな写真を「撮るしん」に投稿し採用されてから

白樺林もすっかり冬支度をしてる頃

一通のメールが届きました~!

NHK長野放送局「撮るしん。」事務局からでした。

知るしん。「撮るしん。スペシャル」

12月5日(金)総合テレビ(長野県域視聴)19:30~20:43放送

番組では、とっておきの写真12枚を選び来年のカレンダーを作るんだそうです

その事前選定100枚に上の写真が選ばれたそうです。

下記から100枚が見れますので良かったらご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/nagano/torushin-cal/select.html

力作揃いですが・・・お気に入りましたら

「春の23番」ですので投票をお願いいたします♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

HACHI

Img079_convert_20090816205031 映画

急に思い立って甘栗次女と観てきました。甘栗おじさんは可哀想で見れないsweat02と、アッシー君をかってでてくれました。

可哀想というより、ただ待っている、ずっと10年も待っている秋田犬(いぬ)の姿に、人が忘れてしまったもの、こころのずっと奥深くにある穏やかでささやかな感覚を呼び戻してくれるような温かな涙でした。

Img078_convert_20090816204947_2 日本の「ハチ公物語」は虐げられてて、可哀想で健気で大泣きしちゃったけど、HACHIはすでに愛されている。(by 次女)

アメリカの文化の違いなのか、HACHIの意志を誰もが尊重して待ち続けるHACHIをみんなで温かく見守っている。

HACHIの目線がモノクロで描かれてて、そこはすごく良かったけど、ひとつ残念なのは、子犬時代のHACHIが「柴犬」だったこと。

秋田犬を小さくしたのが柴犬じゃーないよね。

うちのはなちゃんだって、コリーを小さくしたのがシェルティじゃないもの。

Img080_convert_20090816205116

日本国外に渡った最初の秋田犬は誰のワンちゃんだったか知ってましたか?

この映画でもチラッと古い写真が出てたけど、甘栗はすぐ気づきましたよ!

なんと、ヘレン・ケラーさんの「神風号」なんです。

忠実で気高くて頼りがいがある秋田犬は、ヘレンさんの側でもずーと寄り添っていたんだろうね。ヘレンさんの手は、秋田犬の大きな頭やまっすぐに伸びた前足を、やさしく撫でたんでしょうね。ヘレンさんの腕は太い首をそっと抱いて、鼻と鼻を近づけて見つめあったんでしょうね。

見えなくても、聞こえなくても、話せなくても、

そこにいる、ただそこにいるだけで、いいんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)