日記・コラム・つぶやき

2017年11月29日 (水)

ばぁば出動中!

子育てサポート中につき更新が滞っています。
Sticker_20171129115733

孫っちを保育園に送り届け

大量の洗濯物を干していると

年長さんでしょうか…

何やら運動測定が始まったようです♪

木々の長~い影の間に

幼子の影も跳ねてる‼

後ろからは可愛い声援を受けて。

はーい、ばぁばも頑張ります❗


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

A HAPPY NEW YEAR 2014

2014fb


       今年は年女なので~花午に乗って

        華やかに 緑響くぅ~と 軽快に

     ぱっかぱっか 歩んでいきたいと 思います♪

  こんな甘栗ですが 今年もどうぞ宜しくお願いいたします!!

 (東山魁夷画伯の「緑響く」の舞台・御射鹿池にて・・8月16日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

屋形船

屋形船で品川からお台場までぐるっと


Img_0898

カモメやシーバスと キラキラ光る海の上
Img_0884


Img_0903

S1001


お着物で楽しいクルージングゥ~でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

オナガ撮り~♪

柿の木にリンゴを挿して・・・オナガ撮り~

Photo_2

一羽のオナガがやって来て・・・ねぇねぇ~美味しそうだよ♪

Photo_7 

二羽のオナガが囁くと・・・ナニナニ~つんつん

Photo_4   

三羽のオナガがやって来る・・・あらあら~

Photo_5

四羽のオナガが・・・ぎゃぁぎゃぁ~騒ぎ

Photo_6

八羽のオナガが・・・どんどん食べて・・・2時間で完食!!

久しぶりに庭にやってきた市の鳥「オナガ・尾長」

ギャースカ鳴き声がうるさいのは、カラス科だから~

昔はユーラシアに広く分布していたが、氷河期に絶滅しなかったものだけが東西の端にだけ生き残っている

Wikipediaによると・・・

1970年代までは本州全土および九州の一部で観察されたが、1980年代以降西日本で繁殖は確認されておらず、留鳥として姿を見ることはなくなった。現在は本州の石川県以東、神奈川県以北で観察されるのみとなっている。わずか10年足らずで西日本の個体群が姿を消した原因はまったくわかっていない。ただし、九州の個体群については近年になって分布を拡大し続けているカササギとの競争に破れたという説がある。

Photo_8

春が来て恋の季節になったらオナガも可愛い声で囁き合います♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

ブリコラージュ・3日目

新宿ブリコラージュでのグループ展3日目がすぎて

やっと・・・というか、もう半分が過ぎちゃいました!

淋しいけど・・・出会いもたくさんありましたheart04

ブログ友だちとは旧知の間柄のように喜び合い

DBで知り合った方も、駆け付けてくださって

一年間通った棚田の方も、写真仲間も来てくださいました。

5d201328

いただいたお花で、今日はちょこっとマクロ復習を・・・

皆さま、ほんとうに有り難うございました。

写真展をやってみて気付いたこと・・・

・作品のサイズ(大きさ)や額装も表現の一部

・白いものを白く撮ったのなら、照明も白いものは白く見えるように

・1点の作品も表現なら、ギャラリーも「空間表現」である・・・etc

そもそも「ブリコラージュ(Bricolage)」の意味は・・

「寄せ集めて自分で作る」「ものを自分で修繕する」こと。

理論や設計図に基づいて物を作る「エンジニアリング」とは対照的なもので、その場で手に入るものを寄せ集め、それらを部品として何が作れるか試行錯誤しながら、最終的に新しい物を作ること・・・だそうです。

まさに我々グループ展「ここから」にぴったりなギャラリーでしたねnote

ここは写真専門ギャラリーではなくアートや絵画、造形、人形、生け花、などいろいろ展示してたようで、過去の作家さんもよく足を運んでくださるそうです。

嬉しいことに、油絵の画家さんが甘栗の戸隠古道「日神照道」をみて

これ油絵で描いてみたい、と仰ったことヽ(^。^)ノ

場所柄フラ~っと覗いてくださる方もいて・・・

初日は、なんとフランス人お二人・・

しかもELLEの写真家が立ち寄って下さいました。

さぁ明日はどんな出会いが待っているんでしょう~わくわく!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

カレンダー年賀・其の三

カレンダー年賀   9月~12月編

《九月》     巾着田の赤とんぼ

20139

《十月》      軽井沢・雲場池

201310

《十一月》  祈りの陽    戸隠古道・随神門  立冬

201311

《十二月》  鎮魂の光~希望の光へ   神戸ルミナリエ

201312

はてさて・・・母や弟たちは喜んでくれたでしょうか(^_^;)

十二か月の中から故郷を撮った写真2点を写真展に出展予定note

後日せまってきたらご案内します~って・・・

小さくサイドバーに貼ってあるけどね (^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

カレンダー年賀・其の二

カレンダー年賀   5月~8月編

《五月》    丹霞郷

20135

《六月》     カラフル・リリー

20136

《七月》     虹色カーテン    朝日降り注ぐ渋峠

20137

《八月》      奥志賀高原    ヤナギランと秋茜

20138

                。。。つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

甘栗カレンダーで明けましておめでとう♪

皆さま 明けましておめでとうございますsun

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

Img_2288

DB旬撮スポットに紹介されたので『初日の出・2011』から

本栖湖からの初日の出引っ張り出してきましたfuji

このころからお天道様よく撮ってたんですね(^_^;)

と言う訳で・・・?

今年も甘栗カレンダーを作り無理やり配ってますsweat01

《表紙》  結いの里

2013calender

《一月》     空からの贈り物     六華

20131

《二月》    凛として      スノーモンキー

20132

《三月》     まどろむ羽     旅立ちの時

20133

《四月》     和み色    枝垂れ桜

20134

                     。。。つづく。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

一升(一生)は重いのだ!

初孫の「陽くん」 1歳になりましたbirthday

10か月から歩き出した陽くん、一升餅担げるかなぁ~

905a7147_2 905a7157 

さぁ~放すよ・・・新潟のグランパ     おっと、と、と、と~sweat01

905a7154 905a7162

重くて泣きだしてしまい・・・・・ついには大泣き

 そうだよ~陽くん、一升(一生)は重いのだよ(^_^;)

    そう簡単には背負えないのだ。

 新潟の曾おじいさんも笑顔で・・・

    ご飯食べてもう一度担いでみろupwardright

Photo

一歩・・・二歩・・・三歩・・・

 ひとりで歩けた ぁ~もう少しでパパと手を繋げる ・・・

もうちょっとのところで・・・バッタ~~~~ン、と

一升の重みで後ろにひっくり返ってしまいました。

一升・・・ほぼ1.5kg 体重10kg強の幼子にとっては初めて背負う重さ

この日は娘婿のパパにひたすら手を伸ばして助けを求めていた陽くん

パパとママに見守られて、歩いて行くんですよ(^_-)-♪

さぁ、次はモノ選びで何になるか占ってみる?

その場にある物で並べたものは・・

    (ミニカー・ミラー・お金・ボール・筆ペン・電卓)

1回目・・・筆ペン

905a7202

2回目・・・電卓

905a7203

番外編・・・ブロワー

905a7210

文系も理系もイケる、って事かな~

いっぱい勉強してパパやママの様になるんですよ。

そして時々は、甘栗おばあちゃんといっしょに写真撮りにいこうね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

青い幸龍&黒い福龍

2012年 平成二十四年 元旦 辰年 初詣は新潟県護国神社へ

2012

白山神社は混んでるし、夏に行ったから・・・海沿いの林の中にある

新潟県護国神社へ初詣に行ってきました~けっこう混んでますねsweat01

戊辰戦争からの戦没者の御霊を祀ってあるらしく

様々な石碑や馬の像を見る(撮る)余裕もなく、行列の人となる

お参りするまで小一時間は覚悟したけど、意外とあっさり進み本殿へ近づくと

Photo

大きな大きな絵馬が・・・右に「幸」の青龍 左に「福」の黒龍

          わぁ~かっこいいぃ~sign03

Img_1273

なんと縦2.5m 横4.5mの特大絵馬を制作したのは

新潟デザイン専門学校の6名の名前が記されていました。

さすがデザイン専門学校・・・まさにデザインの登竜門

伝統文化を新鮮な感性で描かれていて若々しいですね~グッドgood

さて、この新潟県護国神社について少し・・・

昨年の夏に訪れた「マリンピア日本海」の隣、新潟海岸の松林の中にあり

戊辰戦争から第二次世界大戦までの新潟県出身の戦死者を

英霊として祀り、永遠に県民の守護神として御鎮座しているのだそうです。

はっはぁ~それで菊の御紋をいただいているんですね。

しかも菊の御紋の中心には桜の御紋も重なっています

Img_1277

とは言え、神社も多角経営なんでしょうか・・・

隣りには洋風な建物の結婚式場「迎賓館TOKIWA」が・・・

Img_1271

新潟では珍しく晴れて穏やかな元日に

健康と少しばかりの活躍を、お祈りして参りました。

五重にご縁がありますように~と、五十五円を賽銭箱にそっと投げ入れて。

| | コメント (4) | トラックバック (0)