文化・芸術

2019年11月 6日 (水)

ジョンソンタウン#20191106

近くなのに・・・やっと行ってきました隣市のジョンソンタウンへ

そこは米軍住宅が建ち並ぶ、異国の風が吹いていました~

20191

ポストもゴミ集積場も歯医者さんも古き良きアメリカンしてました~

もともとは、1938年旧陸軍士官学校の将校達の平屋住宅が始まり

終戦後アメリカ進駐軍の軍人向けに住宅が建設され、

アメリカンライフスタイルが満ちあふれる街として生まれ変わる

米軍が去ったあとは、芸術家の卵たちが好んで住むようになりました。

20194

現在は老朽化も進みましたが、オーナーの思いから文化を保存するよう改築され、雰囲気を残したアメリカンハウスも建設され、歴史と文化をまとった白い家の建ち並ぶ街になっています。

20193

120戸以上の住宅や個性的な店舗がありますが、普通に暮らしていらっしゃる方々もいらっしゃいますので、住居や車の撮影はNGです。

店舗や通りはほとんど撮影OKですが、ひとことお声がけするのがマナーかもしれません。

20192

靴の鉢のお店でランチ~青いツリーの貝殻喫茶室も、ゆったり美味しゅうございました♬

少人数でやってらっしゃるところがほとんどですので、少々ゆっくりかもしれません。

ここは、落ち着いた雰囲気でゆったり時間がながれています~

コインパーキングもありますが、向かいの彩の森公園に車を止めましたので

さて、日が暮れるのも早いので、彩の森公園へ行くとしましょう~

20195

上2枚が彩の森公園、下枚がジョンソンタウンで見つけた不思議な秋模様。

【 JOHNSON TOWN 】パンフレットにより

※2017年日本建築学会賞(業績)受賞

※平成27年度都市景観大賞「都市空間部門大賞」受賞

 

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

雨の御卜・伊勢神宮

  20190615174230__63a540101010101_20190731134101

ザッザッザッ・・と玉砂利の踏む音が近づいてくる

Img_20190616_075013_685_20190731134101

年に2回だけの大行列『御卜』みうら

傘を差して歩く御卜に出会いたくてこの時期にやってきた。

普段は4人だけだそうですが、この日は何十人いたんでしょうか!

われわれ一般人は通り過ぎるまで玉砂利を踏むことは許されず、端の石畳から

さほど信心深いわけではなくとも、厳かな気持になる

内宮にお入りになって神事を行っている時は撮影禁止

塀の外でみな頭を垂れ手を合わせ耳傾けている

するとササ~っと風が吹き木の葉が舞い散り

なんと雨が止んだではありませんか!!

20190615181004__63a54500101_20190731134101

お帰りは傘を差さずにまたザッザッザと玉砂利を踏んでゆく

20190615181014__63a54530101_20190731134101

鳥肌が立つほどの感動を覚え日本人で良かった~と思えた瞬間でした。

| | コメント (0)

2019年7月30日 (火)

花の御寺・奈良の長谷寺

Img_20190614_205555_674_20190731134101

【2019/06/14】

最初の目的地は奈良の長谷寺

鎌倉の長谷寺とおなじように「はせでら」と読み

紫陽花寺としてもおなじみのようですが

訪れた時は、すこし早かったようです。

日本最大の木造観音像や

初瀬山の中腹にあり、新緑に囲まれてるさまは

なんとも美しく、観音巡りをする美しい人にも魅せられました。

 

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

島根の石像

☆長い髪の少女☆

硬い石で出来ているのに

なんて愛らしいんでしょう

_63a0639c

鳥でしょうか・・・風でしょうか・・・

それとも誰かがアイビーを簪のようにしたんでしょうか

根付いて長い緑のおしゃれな髪のようでした

★因幡の白ウサギ★

宍道湖の辺でぴょんぴょん跳ねていました~♪

20194171819

お日様にKissしてたり・・・お日様の耳飾りをしてたり

★夕陽に祈りを★

_63a07672c

硬く動かない石像なのに・・・いつも祈りを捧げている

寛容で温もりのある表情で見守り続けている

 

| | コメント (0)

2019年1月16日 (水)

水郷の出初め式 # 20190113

橋の上にずらりと人が並んでいる

よくみると両岸に真っ赤な消防車がずらり

もうすぐ一斉放水が始まるとアナウンスが聞こえてきた!!

Img_0059krcc001 Img_0067krcc001

おーーーーっ!!すごい!!すごい!!

Img_0065krcc001

両岸には何十台の消防車・・川面には消防艇!!

Img_0069krcc


消防艇からは 真っ赤なカラー放水も!!

Img_0072krcc001

扇形に高く舞い上がり飛沫に溶け込んでなんて美しいのだろう

Img_0078krcc001


おーーーーっ!こんどは黄色と水色が出たーーー!!

Img_0085krcc001

いったい何台の消防車が集まっているのだろう!!

Img_0090krcc001

萬代橋にも岸にも大勢の人が見守っている

Img_0094krcc001

そうか~新潟市消防局の出初め式なんだね♪

こんな格好いい出初め式は初めて!!

Img_0105krcc001

放水は10分足らずで終わり沿道や橋の上の市民に手を振る

Img_0114krcc001

時折雨交じりの曇り空でしたが気分爽快なり~~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 7日 (金)

ムーミン公園へ1204

隣市のムーミン公園へやっと行ってきました~♪

『トーベ・ヤンソンあけぼの子供の森公園』が正式名称

_63a4092krcp

メタセコイヤの紅葉に囲まれて、ここは日本なのか埼玉なの?と

_63a4096krcp

子どもも、大人も、生き物も、草花も

_63a4258krcp

それぞれがお互いを受け入れ自由に時間を過ごす

_63a4127krcp

そんな空間が「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」

_63a4153krcp _63a4145krcp

トーベ・ヤンソンの想いは、至る所にちりばめられています。

_63a4167krcp

日だまりの中・・だれもがゆったりとくつろげる空間

_63a4217krcp _63a4243krcp

_63a4138krcp

_63a4287krcp _63a4301krcp

_63a4320krc2p

季節を通して訪れたい公園ですね~

_63a4253krcp


市の公園なので月曜お休みですが無料ですし

建物内も靴を脱いで入ると・・秘密基地か妖精のお家のよう

2018124


連れてって~と言ってくれた友達に感謝感謝です~♪

楽しい時間をありがとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

コブシの花の咲く頃は~♪

コブシの花を見ると ついつい口ずさむ歌がある

_63a1950krcp


コブシの花が咲く頃は

みんな学校に慣れる頃

うれしい夢や憧れが

呼んでいるよな春霞

行こうよ行こうよ

この路を歌えば

楽しい丘の道

_63a1859krcp

2番・・・つばめは風を切るようにいつも身軽くとびかける

_63a2396krc2p

3番・・・さざんか咲いてまた散って ひなた明るい真昼時

_63a2499krcp

4番・・・雲より白い霜柱踏んで学校急ぐ朝

_63a2507krcp

この歌は『6年生のマーチ』と言って

昭和40年~45年の小6の音楽教科書に載っていたもの

_63a2495krcp


ちょうどその頃に小6だった人だけが良~くしってる懐かしい歌

だからなんだね~CDでもYouTubeで探しても、もう聴けない

5年間限定でしかもその時に小6だった人限定の歌ですからね

   ≪4月18・19・20日  四十九院こぶし≫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

春の雪詣

日光東照宮へは25年ぶりくらいでしょうか・・・3月27日

163a1938

思いがけず春の雪詣になりましたが

163a1949

しばし雪降る荘厳な日光の杜を散策

163a1975

大きな石鳥居をくぐると

163a1987

華やかな五重塔がお目見え

163a2033

A18a6708001A18a6736001A18a6765

163a2018

カメラを持って拝観するのは憚られるので・・ここまでとしましょう。

(前日の茂木ミツマタや真岡鉄道の様子はまたの機会に・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

古の窓

全国から移築された古民家が山間の傾斜地に立ち並ぶ

2krca18a0119001

川崎にこんな素敵なところがあったなんて・・・

茅葺き屋根や木造家屋の黒光りした趣

中に入ってみると・・・

2krca18a0127001

土間やいろりにタイムスリップしたかのような秋の日差しが入り込む

2krca18a0281001

かすかな記憶を紐解くように・・・

祖父の面影や幼い自分に重ねてみる

2krca18a0346001_2

開口部が多い日本家屋

日差しを有効に取り入れる工夫

木や土でできた構造は常に呼吸しているかのように

自然とともに息づいてきたのでしょう~。

2krca18a0524001

軒先に吊された干し柿を見上げながら

幼い頃は、隣近所助け合って何でもしてたことを思い出す。

吊るし柿、味噌作り、漬け物の仕込み、年末のお餅つき・・etc

そこには自然と共生する工夫に満ちた豊かな暮らしが

きっとあったはず・・・

そこでこの日は、縛りをつけて工夫するために

単焦点レンズ1本を渡されたので

目に付いた窓からの明りに注目し纏めてみました~♪

 『古の窓』 11月16日 川崎市立民家園にて

    EOS7DMarkⅡ SIGMA24mmF1.4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

泳げ鯉のぼり~♪

 端午の節句

A18a6809amaguri

孫たちのために鯉のぼりを撮りに神流町へ

A18a7035amaguri


青空に800匹の鯉のぼりが元気に泳いでいました~

A18a6819amaguri


朝、新宿を出発したときは嵐のような雨風でしたが

A18a6830amaguri


高速に乗った頃には青空が広がり

A18a6899amaguri

群馬県神流町のイベント会場に着いた頃は真夏のような日差し

A18a7029amaguri A18a7077amaguri_2

元気な子供たちの声を含んで鯉のぼりが悠々と泳いでいます

A18a6952amaguri

あっちゃこっちゃ 自由に泳いで気持ちよさそう~

A18a6972amaguri A18a6937amaguri


水の中でも 泳いでる~!!

A18a7042amaguri


よく見ると・・鮎がいたり・・ナマズがいたり・・鯖や鰹も(^_^;)

A18a6924amaguri


新緑に・・・恋する目・・・

A18a6918amaguri


いえいえ~鯉の目でした♪

A18a6932amaguri


恋する口も・・・鯉の口も並んでいます~!

いろんな色の鯉のぼり・・・いろんな願いを込めた鯉のぼり

なにもなくても・・鯉のぼりはいいなぁ~

すくすく育て子供たち!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧