« 寒風に立ち向かう朱色 | トップページ | 春を待つ人々 »

2017年2月23日 (木)

名残の寒々紋

冬模様を少し振り返っておこう~春が来る前に。

Krca18a5087

シュカブラなのか・・・氷紋なのか・・・

Krca18a5613

舞い上がるのは雪なのか氷の粒なのか

Krca18a5453 Krca18a5505

雲を蹴散らし・・木々をくねらせ・・枝枝に凍り付く

Krca18a5473

こんなブリザードな日でも大沼は釣り人で賑わっていたけれど

Krca18a5541

小沼にはだあれも居ない・・・

Krca18a5579

ただ・・雪煙が・・時折舞っているだけ・・・

Krca18a5593

小さな御神渡もハッキリ見えるほどつるつる凍ってる

ここにはワカサギはいないのだろうか・・・。

このあと40分ほどで前橋方面に下りると

雲一つ無い青空が広がっていた。あ~ビックリ!!

<2月2日 赤城山小沼にて。>

|

« 寒風に立ち向かう朱色 | トップページ | 春を待つ人々 »

撮影会・ツアー」カテゴリの記事

水・川・湖」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543021/64930548

この記事へのトラックバック一覧です: 名残の寒々紋:

« 寒風に立ち向かう朱色 | トップページ | 春を待つ人々 »