« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日 (月)

影を慕いて

長い長い影は 冬の名残

Krc_05a8009

モノクロの目になると樹形が色っぽい

_05a8013pjpg Krc2_05a8133

汚いものは格好良く・・

Krc_05a8329 Krc_05a8351

光ってるものは・・よりきらきらと。

1krc_05a8241001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

春を待つ人々

梅も咲き出しているのに・・

1krc_05a8025

下を向いて背中を向けていたら

Krc_05a8070

季節に追い抜かれちゃうよ~

Krc_05a8103

春を待ちきれなくて・・

Krc_05a8213 Krc_05a8524

モノクロからカラーへ!

Krc_05a8346

小春日和な上野公園

※モノクロの目になって撮ったものだけど・・

    春が待ち遠しいので色を撮り戻してみたんだよね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

名残の寒々紋

冬模様を少し振り返っておこう~春が来る前に。

Krca18a5087

シュカブラなのか・・・氷紋なのか・・・

Krca18a5613

舞い上がるのは雪なのか氷の粒なのか

Krca18a5453 Krca18a5505

雲を蹴散らし・・木々をくねらせ・・枝枝に凍り付く

Krca18a5473

こんなブリザードな日でも大沼は釣り人で賑わっていたけれど

Krca18a5541

小沼にはだあれも居ない・・・

Krca18a5579

ただ・・雪煙が・・時折舞っているだけ・・・

Krca18a5593

小さな御神渡もハッキリ見えるほどつるつる凍ってる

ここにはワカサギはいないのだろうか・・・。

このあと40分ほどで前橋方面に下りると

雲一つ無い青空が広がっていた。あ~ビックリ!!

<2月2日 赤城山小沼にて。>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

寒風に立ち向かう朱色

寒風吹き荒れる中 力強い朱色に誘われて

この橋を渡ってみた・・・ 2月2日

Krca18a5665

真っ白な世界に雪煙が舞い

Krca18a5624

朱い灯籠に誘われ辿り着いた赤城神社

Krca18a5628

神社が除雪車を所有してるなんて流石ですね

Krca18a5629

雪の魔力をも吹き払うように朱塗りの神社は力強く美しく

Krca18a5633 Krca18a5637

手水の龍も渡り廊下も寒風に立ち向かってはいるものの

お賽銭箱は・・・しっかり木の蓋がしてありました!

A18a5634

よく見ると小さな小窓があり、そこにお賽銭を投げ入れ参詣!!

なんと、菊の御紋の両側に、五三桐に葵の御紋が!!

Krca18a5645

朱い神殿の赤城神社

この朱色は・・魔力に対抗する色・豊穣を表わす色

生命の躍動を現わし、古来災厄を防ぐものとし

神社や鳥居に多く使われているようです。

こんな吹雪にも美しい色を保っている事にも納得ですね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

氷上のエスカルゴ

冬になると・・厚い氷に覆われる赤城山大沼には

透明な、あるいは色様々なエスカルゴが出現する

Krca18a5068

それは、ワカサギ釣りのテントである。

Krca18a5119 Krca18a5124

釣れますか~と中の釣り人に声をかけると見せてくれました!

Krca18a5070_2

わぁ~なんて綺麗なんでしょう~!!こんなにキレイな釣果なら

翌日のブリザードでも釣りを楽しむ気持が分かった気がしました。

Krca18a5359001 Krca18a5360001

穴を開けるのを突き刺し飛ばされるのを防いでいるんですね。

Krca18a5390

二人用でも一人用でも、多くは何人かの仲間で来てるようです

Krca18a5414

そんな中、一人きりで準備するのはとっても大変そうです・・・

Krca18a5436

とくにこんな日は・・・2月2日 早朝

Krca18a5437

岸辺の旅館でお昼を食べていると・・・

若い大学生の2グループがやってきて・・

釣果は?・・・8人で4匹!! 3人で2匹!!

楽しい?と聞くと「はい、楽しいっす!!」と笑顔

このあと、天ぷらにしてもらい釣りたてのワカサギを

仲良く分けて美味しそうに食べてましたよ♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

ブリザードをゆく!!

2月2日 朝6:30になっても吹雪は止まず

Krca18a5220

しびれを切らした釣り人が氷上のブリザードに消えてゆく

Krca18a5239

ここは・・アイスランド?南極越冬隊?

Krca18a5255

いえいえ、群馬なんですよね・・・恐るべし赤城山大沼

Krca18a5262

さぁ、我々も氷上を歩いて行こう~!!

振り返ると・・・若者たちがブリザードの中を楽しそうにやってくる

Krca18a5264

Krca18a5266 Krca18a5267

「撮らせてね~」 「いいんすかっ!」と笑顔が返ってくる

Krca18a5273

仲良く手をつないでいるようだけど・・

ワカサギ釣り用のテントを二人で引っ張りながら

Krca18a5279 Krca18a5303

彼らもまたブリザードの中にきえてゆく・・・

Krca18a5315

一番近くで準備を始めていたワカサギ釣りクルーに 密着

Krca18a5310 Krca18a5312

穴を開け・・魚群探知機を入れると

Krca18a5318

ほら、ここにピンクの帯があるでしょ~これはいっぱいいる魚たち

その上に青いのが動いてるのは泳いでる魚たち

Krca18a5328

で、ここに決まったようです~「頑張ってくださいね。」

「こんな中で写真なんか撮れるんですか~もの好きだね」と

「釣りも一緒じゃないですかぁ~」と言うと

「そっか~趣味はいっしょだね、どんなときも楽しいからね」

と、笑い合う・・・凍てつくブリザードの中で♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

氷上を照らす

赤城山大沼が厚い氷に覆われてるというので

Krc_mg_8968

そのど真ん中で星景を撮りたいとやってきた 2月1日

Krca18a5157

40~50センチも結氷しているのに波のまま凍っている

Krc_mg_8981

赤城神社へかかる朱い橋に夕陽の影が斜めに射しこんで

Krc_mg_9022

陽が沈むと徐々に雲に覆われ・・

やがて雪が降り始め・・どんどん吹雪になり、ついに星は見えず。

このど真ん中で新しいレンズで撮りたかったなぁ~満天の星空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

ふるさとは遠きにありて思ふもの・・・

ニホンカモシカが出迎えてくれた志賀高原

_mg_2652

大雪の中 あのリンゴ色した路線バスを乗り継いだ車窓から

_mg_2722

変わらない景色の中 ちょっとずつ変わってゆくものも見えて

_mg_2728

あらためて環境保全と暮らしを守る事の難しさを感じ

_mg_2733

厳しさと、美しさの狭間で今更ながら揺れ動く故郷への想い・・・!

_mg_2740

今やスノーモンキーパークは国際色豊かで

_mg_2751_2

8割方外国からのお客さんが路肩のバス停に大勢居ると

危険だというので、バス停がロマン美術館の駐車場へ移動

_mg_2755_2

大勢来てくれるのはとても嬉しいのですが

_mg_2757

皆さん軽装でやってきてそのまま帰ってしまう

_mg_2768

近くの上林温泉や渋温泉、湯田中温泉、星川温泉などで

ジャパニーズスタイルを楽しんで欲しいですねspa

という私も母を連れて年に1回行けるかどうかなんですけどね。

ますます年老いてゆく母の姿と

初個展の充実感とのギャップで

『ふるさとは遠きにありて思ふもの・・・』 と

感傷に浸っている場合ではない・・・また帰ろう故郷へ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

Ise Fantasy

時にフンワリ優しく 

Krca18a4894 Krc2_05a8920

時に聡明で 格好良く

Krca18a4918

陽の光で蒼くなり

Krca18a4920

岩に叩きつけられ 飛び散り 

Krca18a4925

成長し 滝を見守る 氷のオーディエンスになる

(1月28日 横谷渓谷、蓼科大滝、乙女の滝にて)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

アイスモンスター

Fisheye で撮ってみると・・・

_05a8850pjpg

冷たい氷柱もまるで生きているように迫り出してくる

Krc2_05a8798

まあるく目のようになったり

Krc2_05a8935

まるで生きているように岩の間を蠢き出し

Krc2_05a8876

氷柱の獅子頭に睨まれて縮こまってしまうかのよう・・・

Krca18a4973

やがて日は落ち氷瀑が黄金に輝く。。。乙女の滝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »