« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月24日 (月)

ザ・日本海

夕日が日本海へ沈むーーーー!

雲間から光芒がーーーーー!!

十六羅漢岩海岸へ急げ~~!

905a7136

間に合った~~~♪

あとは・・岩に打ち付ける波をスローシャッターで撮ってみよう!

905a7142

もっとスローに!

おニューのNDフィルターを使うときです!

905a7147

だんだん暗くなる・・・そんなに絞らなくてもいいかな

905a7154


実際はもう真っ暗ですが・・・こんなに明るくスローに撮れます!

905a7159

写真って本当に面白いですね~17:23

これくらいで帰ろう~足下に気をつけて。。。つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

雨に濡れるブナの森

緑のダムと呼ばれているブナの森に雨が降る

Krc905a6854

激しく降る雨、霧に包まれる森を中島台駐車場から歩いていくと

Krc905a6859

アガリコ大王とか燭台の木とか名前が付いている巨樹の森に辿り着く

Krc905a6864Krc905a6878Krc905a6913

しなやかに腕を伸ばし踊っている「森の女王」たち

Krc905a6867

アガリコとは、地上からアガったところから子が出ていると言う意味で

かつては炭焼きなどのため伐採されたところから芽吹き生長したもの

Krc905a6880

その幹や枝は、捻れ曲がり筋肉のように割れ

節はゴツゴツとした関節のようで、まるで踊っているかの様だ

Krc905a6888 Krc905a7124

大きな口を開け、まん丸な目を見開いて何を語っているのだろう

Krc905a7055

「奇形ブナだなんて呼ばないで」と言っているのかもしれない

Krc905a7091 Krc905a7126

ブナの森に降った雨雪は土壌にたっぷりと蓄えられ緑のダムになる

Krc905a6922_2

激しく降っていた雨もいつの間にか止み水が溜まり池が出現

Krc905a6985

ブナの葉は落葉し、ふかふかの林床になり

スポンジのようにたっぷり水を蓄えたブナの森は

自然の濾過装置となり、透明な水を湧き出し、集まり流れてゆく。




上から上がったところから子が出ているという意味を表しており、かつて人により伐採され、その部分から新たな芽が吹き成長していったものであろう
地上から上がったところから子が出ているという意味を表しており、かつて人により伐採され、その部分から新たな芽が吹き成長していったものであろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

秋燃えの鳥海山

燃えるような紅葉を求めて

Krc905a6658

10月11日 鉾立展望台から日本海を臨む

Krc905a6696

鳥海山はうっすらと初冠雪

Krc905a6746

中腹は紅葉が進んでいるものの真っ赤に燃えるには、あと一歩

Krc905a6760

海岸線から16キロにそびえる鳥海山を背中に夕日を待つ

Krc905a6805

日本海を黄金色に染め赤く燃える木々を照らす夕焼け

Krc905a6810

鳥海山も赤く燃え~ピンクに染まる

Krc905a6827

山に 海に 刻々と変わる 夕景

Krc905a6782

三脚を持って日本海側へ、鳥海山側へと展望台を右往左往

Krc905a6834

こんなに燃える夕焼けに出逢ったのは何年ぶりだろうか!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

秋を探して

秋を探して・・・秋を撮りまくり

そうして秋に追いかけられている・・そんなこの頃

さぁ~では、先月の志賀高原から秋模様を書いていくとしましょうmaple

905a6075p001

白根山が朝日に赤く染まる・・9月24日 5:45

Krca18a6226

雲海も霞のようにたなびき鉄塔が現れる・・・6:39

Krc2905a6525

♪流れ淀まずゆく水は・・県歌「信濃の国」の一節のように

秋を探して歩いてみよう~。

2krc905a6237

霧の一沼・・・夜明けの空に浮かんでるようなヒツジ草

Krca18a6252

スキー場のススキは元気よく直立してるし

2krc905a6134001 Krc2a18a6145

燃えるように赤いのはハゼやツタウルシだけのようだし

Krc2905a6228 Krca18a6073

ナナカマドは赤い実だけだし・・アサギマダラもまだ舞っていたし

Krc2905a6391 Krc2905a6412

なんども台風が上陸したからかな~

山も草木も・・キレイに紅葉しにくいのかもしれない

Krc2905a6352_2

それでも今頃は・・秋山明浄に粧うが如し・・のように

色づいているか、それとも冬の準備を始めているのかもしれない

秋の欠片を丁寧に探した、9月24・25日の志賀高原でした。

(カンボジアの旅の記録は後回しにし秋の鳥海山へ、つづく。)






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

翼に乗って♪

翼に乗って窓から撮った異国の地・・・9月12日

Krca18a2076

赤く見えるのは大地なのか川なのか・・・ 9月12日 14:06

Krca18a2096

ハノイの街が見えてきました~! 9月12日 15:12

Krca18a2103

湿原? 雨季だから・・スコールで? 9月12日 15:14

近代的なハノイ空港で乗り継ぎ一路カンボジアへ~airplane

Krca18a2137 Krca18a2139

上空は気持が良いほど青空  9月12日 17:50

Krca18a2148

高度を下げ厚い雲をくぐり抜けると広大な湿原が現れる 18:57

Krca18a2161001

川なのか道路なのか、湿原の中に家が・・・もうすぐシエムリアップ

Krca18a2183

                     9月12日 19:00

案の定 すごい雨の中異国情緒あふれる平屋のシェムリアップ空港

Krca18a2185

ん?近づいてくるのはタラップ?

この雨の中歩くの? バスが来て一安心

着いた早々スコールの洗礼を受けた初めてのカンボジアの旅

5日間のカンボジア撮影ツアーの様子は追々書くとして。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

9月15日 復路は夜 

シエムリアップーハノイ間だけ窓際席だったので先にご紹介

Krca18a4941

9月15日 21:38 晴れてたので歩いて搭乗します♪

Krca18a4950


この翼の前の窓が私の席!

Krca18a4954 Krca18a4966

さらばカンボジア!!  9月15日 22:08

しばらくすると雲の上・・・満月に近い明るい夜空に☆星☆が!!

忍者レフをレンズに装着し星撮り開始!! 23:21

Krca18a4994

う~ん・・高倍率ズームレンズ手持ちでは1秒が限界か(汗;

単焦点の超広角レンズが欲しくなった瞬間でした。

カンボジア編はまだまだ ・・・つづく・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

ウミネコ

もう一ヶ月も経ってしまいました・・・

Krc905a5448

浄土ヶ浜マリンハウスからさっぱ船に乗ったのは

Krc905a5492

お目当ての「青の洞窟」は台風の影響で若干濁ってはいましたが

神秘的な深い碧をして迎えてくれたし

ウミネコとの浄土ヶ浜内湾遊覧は最高に楽しかった~♪

Krc905a5450_2

ヘルメット・ライフジャケット・・そして「かっぱえびせん」を渡され乗船

Krc905a5507_2 Krc905a5459001

かっぱえびせん目がけて来る来る~必死にやってくる

頭の上だろうが手だろうが、かっぱえびせんをカッサラッてゆく

Krc905a5454 Krc905a5510

空中キャッチだって得意技

Krc905a5523 Krc905a5552

果ては一緒に乗船して・・船頭気取り

Krc905a5804

気持ちよさそうに飛んでいるけれど

まだかっぱえびせんを持っていることを知っている

Krc905a5801 Krc905a5809

だから湾に沿ってある歩道をずっと浄土ヶ浜まで付いてくる

Krc905a5824

駐車場でバスを待っている間もかっぱえびせんを狙ってる

Krc905a5836

バスがバックして入ってきても動じません

Krc905a5839

ほらもう帰るんだから・・・

行儀良く並んでたって何も無いよ~お帰りっ!と

大柄な添乗員さんが両手を広げるとやっと海へ飛んで行きました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »