« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

名も無き滝ふたつ

奥志賀高原から栄村に抜ける小さな橋を渡り

路肩の急な崖を滑り落ちるように藪漕ぎしながら降りると

905a3835amaguri

いま渡った橋の下から滝が現れる・・・

905a3853amaguri

浅瀬に三脚を立て・・真正面からスローシャッターで

日が射してきたら高速シャッターで

A18a4883amaguri

さらに岩場を注意深く渡り滝の真横に行ってみる

905a3866amaguri 905a3884amaguri

左(上):PL ISO50 F20 1秒  右(下):ISO200 F3.5 1/4000秒

905a3865amaguri

新緑の縁を滑る何本もの白い糸や

跳人のように踊る水滴から 岩男が横顔をのぞかせている

さらに少し進むと反対側の急斜面から細い滝が落ちている

905a3914amaguri 905a3900amaguri

八滝の縮小版のようですが・・・ここも名前はまだない。

地図には示されてないけれど・・・

地元では○○滝と呼ばれているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

燃えるように昇る

今まさに太陽が昇らんと 燃えるような光を放ち始める

A18a4738amaguri

厚い雲に覆われていても なんと強い光なのだろう!!

A18a4743amaguri


どんよりとした雲を押しのけて今日の陽が顔出し始める

A18a4750amaguri


燃えているように・・

A18a4773amaguri

雲のフィルターをかけて昇ってくる

905a3783amaguri 905a3801amaguri

刻々と開ける空・・刻々と変わる姿・・

A18a4800amaguri

すでにあんなに高く光線を降り注いでいる

6月11日 山田峠にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

ガクアジサイ


このままでは紫陽花も花菖蒲も

素通りかと思っていたら…

Sticker_20160625181334

娘の家の窓を開けたら狭い露地に

咲いているではありませんか~🎵

Sticker_20160625181648_2

しかも私好みの彩りで

Sticker_20160625181847

キャンディーのような粒々が本当の花(蕾)

Sticker_20160625182155

だから花のように見えるこちらは額なんです


Sticker_20160625182421

多重露光してみたり…

スマホの画像編集機能で遊んでみたり

Sticker_20160625182636

モノクロにしたり~ネガ風に逆転したり

Sticker_20160625182830

もう帰宅してますが…

今日はあえてスマホ投稿した訳です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

アファンの森

外来生物が入らないように靴底を消毒して

1a18a4474amaguri 2a18a4510amaguri

いよいよアファンの森へ入ってみましょう~♪

01a18a4479amaguri 02a18a4488amaguri

まず最初に出迎えてくれたのはモリアオガエル

そして・・C.W ニコルさんの杖

03a18a4524amaguri 05a18a4591amaguri

センター入り口の瓶に無造作にさしてあり握らせてもらいましたが

なかなか使い心地がよい頼りになる支えでしたよ。

04a18a4589amaguri

地元の婦人会の方たちの美味しいお弁当を頂き

スライドを見ながらガイドさんによる説明を聞き

いよいよ2時間ばかりの散策に森に入ります。

07a18a4652amaguri

チップが敷かれた小道はふかふかで

06a18a4631amaguri

緑に囲まれて・・ゆっくり歩いただけで元気になりそうです

08a18a4663amaguri

ここは熊や森の生き物たちの大好きな場所

120166101

この日は小さな昆虫や蛙にしか逢えませんでしたが

熊やフクロウもちゃんと生きているようです。

豊かな森になるには生態系が守られることが重要なんですね。

12016610

木を伐採したり下草を刈ったりはするけれど

それらは土にかえり循環するように置かれています。

1a18a4637amaguri

森には不思議な力があります

09a18a4694amaguri

歩いただけで・・・いえ、そこに立っただけで心が洗われるような

11a18a4716amaguri 12a18a4723amaguri

今はまだ一般公開してない森ですが、また機会があったら訪れたいな~

と、会員になろうと思ったのでした~。

  (6月10日のことでした)

さぁ~ここまで来たら次は志賀高原へ行ってみましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

野尻湖エルボスコの径

野尻湖に来たのは何十年ぶりでしょうか・・・

01a18a4348amaguri

もしかしたら泊まるのは初めてかもしれない

野尻湖の反対側は外国人別荘地が多くあったところ

二十歳のころここに星空を見に来たっけ~

あの時以上の星空を未だ観れていないかもしれない

それくらい無数の満点の星空だった☆☆☆

02a18a4366amaguri

さぁ~11時出発までエルボスコの径を散歩してみよう!

04a18a4395amaguri

木々の間から覗く野尻湖を見ながら

05a18a4412amaguri06a18a4415amaguri08a18a4422amaguri

青空を映し・・・木々の緑を映す湖面には

07a18a4419amaguri


釣り人が糸を垂らす・・・

09a18a4441amaguri

美味しいお料理を頂きゆっくり滞在するにはぴったりなホテルですが

先を急ぐとしましょう~念願のアファンの森へ

10a18a4469amaguri

バスの車窓からの景色を眺めながら。。。つづく。。。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

霧の笹ヶ峰高原

霧の笹ヶ峰ダムをゆき・・200段の階段をのぼり

1a18a4260amaguri

深い新緑の湿った香りに包まれて30分ほど歩くと

3a18a4272amaguri

対のご神木に守られた朱い鳥居が現れる

5a18a4306amaguri

樹齢800年~1000年のミズナラ

「道姫」 と 「神彦」 である。

4a18a4295amaguri 6a18a4324amaguri

夢見平遊歩道にある稲荷神社の小さな祠を守るように

7a18a4325amaguri

夫婦のご神木が寄り添うように立っている

2a18a4265amaguri 9a18a4338amaguri

周囲の木々も大木が多く立ち姿もまた美しく出迎えてくれる

8a18a4335amaguri

6月9日 サンクゼールの丘から笹ヶ峰高原へ

次は・・野尻湖~アファンの森へ・・。。つづく。。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

夕陽を見に…


日本海に沈む夕陽がとっても綺麗だから

Sticker_20160618225728

お孫ちゃんと見に来ました~🎵


Sticker_20160618225844

お孫ちゃんはミラーレスを提げて

もっとあっちのほうも行ってみようよ


Sticker_20160618230412

ロープから先は行けないけど

ここから撮れば~と…

Sticker_20160618230638

夕陽が沈むと…

Sticker_20160618230928

お月様のほうも綺麗だね✨

Sticker_20160618231039

新潟市の今日の日の入りは19:08

Sticker_20160618231420

夕飯を食べてから出てきたけど

そろそろ帰ろうよ~また明日もいるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

ルピナスのしずく

霧雨の那須フラワーワールド

905a3561amaguri

色とりどりのルピナスが満開

905a3560amaguri

霧に覆われて小さな雫が

905a3557amaguri_2

ルピナスのハートにくっついている

905a3568amaguri 905a3589amaguri

真っ赤なハート♡  ピンクのハート♡

A18a4117amaguri

ひとつひとつは豆の花だけど

905a3594amaguri A18a4118amaguri


上から見てごらん・・可愛いちいさなハートが開いてるから♪

緑の葉団扇にもびっちり雫がついている。

905a3576amaguri

雫と滴の違いは以前にも書きましたね~

雫・・・雨+下。雨が下へと落ちる、しずくの意味

滴・・・氵(水)+啇。したたり落ちる小さなしずく。水が表面張力によって中心の一点に丸く寄る、しずくの意味

・・・と言うことは~どっちかな

905a3641amaguri

ポピーについたしずくをみると『滴』でしょうか?!

6月7日 ルピナスのハートを撮りたくて那須フラワーワールドへ

霧のおかげで可愛い滴が撮れました~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

鉄たび北海道・その四

4日目・・最終日

A18a3556amaguri


安国駅まえ広場にはタンポポの綿毛が飛んでいくのを待っている

A18a3565amaguri A18a3573

ライラックの花をまえボケに・・・突っ込み過ぎって声が聞こえそう

A18a3589amaguri001

いくの駅では仲間にモデルになってもらう

♪のんびりいこうよ~♪なんて歌が聞こえてきそうです^^


A18a3639amaguri

たしか・・この列車もこの駅には止まらなかった・・鈍行なのに。

次は常紋峠へ

A18a3775amaguri

同じ所を撮ってますかが各列車の時間はかなり空いてます


A18a3827amaguri A18a3856amaguri

A18a3881amaguri2_2

だからお昼はゆっくり座って食べましょう

Dsc_1455


線路はまっすぐで


A18a3930amaguri

空が広いし・・・畑もひろ~~~い♪


A18a4000amaguri

4日間の鉄たびもこれにて終了!!

 ≪5月27日~30日まで初撮り鉄は・・

     根室本線・釧網本線・石北本線など≫







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

鉄たび北海道・その参

3日目の朝一の撮影もシラルトロ湖からスタート

A18a0071amaguri

光が当たって深い水の色と枯れた草原にまた一番列車がやってきた。

A18a0125amaguri

茅沼駅の駅舎がゆるくていい感じだと皆はそちらに・・・


A18a0127amaguri

甘栗は踏切から離れてやって来て遠ざかるのを撮ることに


A18a0140amaguri

硫黄山が見える踏切で撮っていると

大きなエンジン音が近づいてくる・・・何だろう、振り向くと


A18a0147amaguri A18a0153amaguri

見たこともない車が走り去ってゆく


A18a0225amaguri

ロケハンをしながら見晴らしのいいところを探し


A18a0267amaguri

見つけたのがこことあそこ?


A18a0452amaguri

この日の最後はオホーツク海からの海風が冷たい

海岸沿いを4.5きろまっすぐ走る石北本線


A18a0468amaguri

赤い線が入ってるものや緑の線が入ってるものも

皆がタラコと呼ぶ全身赤の車両はなかなか来ない


A18a0484amaguri

ミクちゃんを大事そうに抱いて最後に戻ってきた中井先生。

3日目にして連写も止め、制約のあるレンズで

なんとかお気に入りが撮れましたよ~(^_-)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

鉄たび北海道・その弐

2日目も早朝から小高い丘を登り始発列車を待つ

A18a8990amaguri2

みるみる霧が晴れて水面にも線が出来るころ・・

・・・一番列車がやってくる

A18a8902amaguri2

サルルン展望台にて列車を数本見送り~合間に朝食を食べる

次はシラルトロ湖が見渡せる山をまた登ると・・

A18a9323amaguri2

ここは日本じゃにような景色の中をとことことやってくる

A18a9244amaguri2

ほっかいどうは~でっかいねぇ!!

本日3回目の山道を登って見えたのは別寒辺牛湿原

A18a9748amaguri3

A18a9371amaguri2 A18a9463amaguri2

ここはラムサール条約登録湿地で丹頂鶴の保護地域でもあります。

A18a9606amaguri3

若鳥の飛翔やカヌーを漕ぐ人々を眺めながら・・・

A18a9271amaguri2_2

断崖絶壁に腰を下ろし、お昼は厚岸の「かき弁当」を頂きました!

と~~~っても美味しかったです♪

午後3時頃の列車を見送ってから廃線になった駅舎を見学

A18a9817amaguri3

旧奥行臼駅逓所・・そのまま残してあるから自然に傾いています。

A18a9830amaguri3 A18a9870amaguri3

そしてちょっと離れたところには、旧国鉄時代の可愛い列車

A18a9888amaguri3_2

A18a9917amaguri3 A18a9883amaguri3

赤くて一両だけの軌道車はなんあだかバスみたいで親しみがある

A18a9974amaguri3

ぽつぽつと雨が降ってきたので宿に帰るとしましょう~。

     。。。つづく。。。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

鉄たび北海道・・その壱

A18a8450amaguri

この後ろ姿は・・・そうなんです~

なんと、ゆる鉄でおなじみのあの超有名な中井先生と

撮り鉄たびで北海道へ行ってきたんです~

A18a8428amaguri

まずは音別公園墓地から根室本線を・・・

A18a8443amaguri001 A18a8376amaguri_2

鈍行あり~急行あり~貨物列車あり~

905a3520amaguri_2

A18a8471amaguri

A18a8796amaguri

通過時間を調べ~別の見晴らしの良い小高い丘へ移動したり

また戻ったり・・・丘と言っても道なき道を歩くので結構過酷です

A18a8581amaguri

しかも遙か遠ーーくを行く小さな列車を撮る訳なので

かなりの望遠レンズが必要だったわけで・・・

A18a8534amaguri

かすんでるし・・レンズは足りないし・・

今回に限ってテレコンを置いてきてしまったし・・

A18a8625amaguri

いつものように欲張って2台態勢に三脚で小高い丘(山)を登ってたら

両足が攣ってしまったと言う情けなさ(。>0<。)

A18a8725amaguri A18a8405amaguri

なので5月27日後半からは気持ちを切り替え

7Dmark2に18-200mmのみで手持ち撮影♪

905a3541amaguri2

なんか少し分かってきたので後3日頑張ろ~と思った初日でした。

 ≪5月27日~30日北海道鉄旅≫ 。。。つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

上高地に生きるもの達

ツピンツピンツピン・・・金属的な声で出迎えてくれたのは

A18a7769amaguri

シジュウカラに似ているけれど『ヒガラ』です♪

A18a7770amaguri A18a7771amaguri

後頭部に白斑があり冠羽が立ってるし

翼に2本の白い翼線があるから

そしてこんな山奥にも・・キジバトが歩いている

A18a7853amaguri

そして明神橋を渡り左岸道を歩いていると・・・なんと

905a2968amaguri

野生の日本猿の親子が・・・慌てて望遠に切り替える

A18a7930amaguri

可愛い子猿さんの姿をとらえることが出来た♪

A18a7898amaguri

毛繕いをしているのは去年以前に生まれたお猿さん

猿社会は母系社会なので独り立ちするまで母親と行動を共にする

我がふるさとの上林温泉野猿公園でたくさん出会ったことはあるが

こうして大自然の中で出逢うと感動もひとしおである!!

A18a7982amaguri

わぁ~今度はオシドリの番い・・・きれいだなぁ~♪

動物園でしか見たことがなかったのに・・

上高地にいるんだぁ~♪♪

翌日も・・・大正池から遊歩道を歩いていると・・・

A18a8088amaguri

雌が魚を食べているところをじっと後ろから見守ってるオシドリ

オシドリに限らず野鳥は生涯同じペアーで過ごすことが多いですが

A18a8112amaguri
A18a8116amaguri

仲の良いオシドリにちなんでおしどり夫婦と言われたんでしょうね

A18a8091amaguri A18a8108amaguri

とはいえ、雄ばかり描かれてますが雌も結構きれいですね!!

最後は・・・ホーホケキョと鳴くウグイスの初撮り~♪

A18a8012amaguri

「ホー」で体を膨らませ

「ホケキョ」でおしりを振って鳴くんですよ~!!

あんな小さな体からこんなに澄んだきれいな声がでるなんて・・

一説によると警戒音らしいので、そろそろ帰るとしましょう!!

      5月11日~13日 上高地にて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これでひとまず先月の上高地を離れ

いよいよ次回からは北海道の初撮り鉄をご紹介しましょう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

花咲く上高地

905a2559amaguri

上高地にもニリンソウがいっぱい咲いてました

905a2791amaguri

林の中・・・遊歩道の傍らにも

A18a7866amaguri

薄いピンク色のものや・・こんな緑色の変形種も

905a2742amaguri

また、ガクアジサイに似た花「オオカメノキ」も

905a2502amaguri

木漏れ日にきらきら~透過光できらきら~

A18a7811amaguri A18a7765amaguri

水辺できらきら~

905a3045amaguri

スポットライトを浴びてきらきら~

A18a7819amaguri

他にもいろんな山野草が咲いていました~

20165111213

エンレイソウ・・ネコノメソウ・・ウスバサイシン・・ユキザキ・・

クルマツクバネソウ・・ワスレナグサ・・etc

名前を教えてもらっても直ぐ忘れてしまう・・・

だから間違っているものもあるかもしれませんが(^_^;)

905a3261amaguri

上高地の記事はあと一つ「生き物たち」を紹介して終わるとしましょう。

             。。。つづく。。。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

水彩物語・上高地

ちょっとまえの昔~こんなタイトルの

5分間だけのTV番組があって~好きだったなぁ

905a2930amaguri

ナレーションがかっこよくて

905a3012amaguri

自然からいただいた和色名が妙に胸に響いて

905a2992amaguri 905a3051amaguri

あぁ~見てみたい・・行ってみたい・・

A18a7828amaguri

撮ってみたい・・と、思い巡らせたものでした~♪

A18a8075amaguri

だからでしょうか・・・水辺の情景を映すのが好きなのは

A18a8244amaguri

ただ単純に・・見た目以上に美しく写し撮れるからなんです~

905a3061amaguri

水清き上高地の水辺で~5月12日13日と

光と彩と水の動感描写を楽しんで来ました~♪

    。。。まだまだ つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

新緑の上高地

あんなに濁っていたのに・・

905a2411amaguri001

群青色の川面に朝日が当たり金色に輝き

905a2407amaguri

いつもの透き通ったエメラルド色になるのに・・

そう時間はいらにようだ

905a2465amaguri_3 905a2471amaguri

前日の濁流が嘘だったかのように

残雪の険しい頂きに朝日が届き始め

905a2454amaguri

新緑の若葉も輝き始めると・・・

905a2477amaguri

まるで樹が白い息を吐いてるようではありませんか!!

A18a7756amaguri

さぁ~我々も、朝食を食べてまた川岸にそって歩こうではないか♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうだいぶ経ってしまいましたが

先月の上高地の様子から書き始めるとしましょう~

5月12日のことでした。      。。。つづく。。。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »