« 月と雲と蕾と | トップページ | 姨捨の棚田#2 »

2015年10月 1日 (木)

姨捨の棚田#1

もう先月のことですが・・・

9月13/14日と現地モニター企画・日本の美しい風景を守ろう!

黄金色に染まる姨捨の棚田2日間に参加してきました。

905a3361amaguri_2

黒姫高原や唐沢の滝を巡り

千曲市さらしなの里に着いたのは午後4時半頃

905a3363amaguri_2

楽知会の方々や地元スタッフさんの案内で姨捨の棚田へ向かう

905a3381amaguri

標高460~550mの上姪石・姪石地区には1800枚の棚田が

扇形に広がり、裾野を流れる千曲川や善光寺平を見下ろしています。

905a3392amaguri

このように眼下に街並みが広がる棚田も珍しいのではないでしょうか。

905a3405amaguri

昨日、稲刈りを済ませたばかりのまだ青い稲架掛けの稲穂

905a3411amaguri

田毎の月で知られる姨捨の棚田

<わが心慰めかねつ更級や 姨捨山に照る月を見て>

905a3415amaguri

中秋の名月には観月会も催されて賑わっていた事でしょう

平安の昔から日本三大月の名所と言われていますから~。

日が沈み戸倉上山田温泉で夕食のおもてなしを受けたあとは

905a3437amaguri

姨捨駅~姨捨公園からの夜景撮影

故郷の夜景も捨てたもんじゃないね~千曲川にかかる赤い橋

100万ドルとまでは行かなくても宝石を散りばめたようでしょっ!!

            。。。つづく。。。




|

« 月と雲と蕾と | トップページ | 姨捨の棚田#2 »

くらし」カテゴリの記事

信濃の国」カテゴリの記事

山・風景」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543021/62392265

この記事へのトラックバック一覧です: 姨捨の棚田#1:

« 月と雲と蕾と | トップページ | 姨捨の棚田#2 »