« ☆北斗星☆ | トップページ | 北の波止場 »

2015年2月 6日 (金)

北斗星の車窓から

青函トンネルに入る合図の汽笛を聞きながら

深い眠りについてからどれくらい経ったのだろう・・・

A18a4714001

窓に顔を押し当てて外を眺めるてみると夜が明け始め

街が近づいている・・旅の途中で立ち寄る事の無い街

A18a4711 A18a4754

トイレに行き顔を洗って身支度を整えて急いでロビーへ向かうと

調度、福島に着いた頃だったから~もうこんなに走ってきたんですね

A18a4731

進行方向の左の窓から東の空が明るくなってゆくのを見つめている

A18a4759

郡山を過ぎたあたりから東雲が真っ赤に染まり始める

あの山は何山だろう・・・さぁ~カーテンを開けて

みんなでお日様が顔を出すのを拝もうではないかsun

A18a4776

6:50:56 朝日がほんの少し顔を出し始める

A18a4778

そして12秒後・・もうすぐもうすぐです♪

A18a4804

平均時速80kmくらいで走ってるのでしょうか

景色は流れて走り去っても、

太陽はずっと~併走しながら速回しで昇って来たかのような…。

A18a4808002

真っ白い雪に覆われた福島の田畑や里山に陽が当たる

そんな複雑な想いをかき消すかのように

朝陽は希望の光となって降り注ぎ

浄化の光となるよう~祈りを捧げましょう。

A18a4850

やがて関東平野に入ると、並走する新幹線の高架壁に

北斗星の影が走ってるーーーー♪

様々な姿を魅せてくれた北斗星の車窓とももうすぐお別れです。

|

« ☆北斗星☆ | トップページ | 北の波止場 »

クラツー」カテゴリの記事

乗り物」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

山・風景」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543021/61096112

この記事へのトラックバック一覧です: 北斗星の車窓から:

« ☆北斗星☆ | トップページ | 北の波止場 »