« 全ての場所が世界の真ん中・・妻有 | トップページ | 志賀高原写真展 »

2014年8月22日 (金)

雨の白馬五竜高山植物園

もう1っ週間もたってしまいましたが・・

『星と高山植物と山の撮影ツアー』に参加してきました。

8月16日雨の長野駅を出発し

白馬村に着いた頃は晴れ間もありましたが・・・

1img_1440 2img_1456

白馬五竜高山植物園は深い霧に包まれて

1905a4454 2905a4466

登る先々の可憐な高山植物にしずくがコロコロびっしり付いて

15d201481619_2

それはそれは活き活きと美しい姿を魅せてくれていました~♪

1905a4497amaguri

コマクサにもびっしり小さな雫が・・・

小さな虫も等しく滴を纏っています。

雨だけど取りあえずロケハン気分で登りはじめたけれど

地蔵の頭手前のリフト頂上駅にたどり着いたら運よく霧雨が晴れて

3905a4545

皆の映り込みが面白いなぁ~白い大きな足跡もあるし・・・

4905a4551

と言う訳で・・皆に協力してもらい足跡に合わせて記念撮影♬

このまま晴れて星空がチラッとでも見れたらいいのになぁ~と

期待しながらまたアルプス360まで降りて行くと

高山植物園の向こう側に雲が吸い付くように山肌を周っている

2905a4645amaguri

残念ながら夜は雨がじゃんじゃん降って星空は見えませんでしたが

翌朝も雫は撮り放題~いろんな滴をマクロ付レンズで撮りました。

3905a4713amaguri 4905a4745amaguri

蜘蛛の巣をジュエリーのように撮ってみたかったし

良く見ると一粒一粒に景色が逆さまに映ってるし

5905a4799amaguri_2


しかも手持ちでぶれない様にとか・・色を変えてみたりとか

いろいろ試せて楽しいひと時でした~♪

雲の動きが早くて、スーッと雲が切れて

山が目の前に現れたかと思うとすぐ雲に隠れてしまったり

あまりじっくり姿を拝めませんでしたが~ありがとう白馬五竜さん!!

6905a4817amaguri

ところで・・・「滴」と「雫」の違いはどこにあるんだろう?

「新・漢語林」辞典で調べてみたら~

漢字の成り立ちでみると意味の違いが分かりますね。

『雫』 雨+下 だから・・雨が下へと落ちる、しずくの意味

『滴』 水+啇 音符の啇(テキ)は中心に寄り集まるの意味。

水が表面張力によって、中心の一点に丸く寄る、しずくの意味。

なるほど~では今回はすべて「雫」ですね!!

|

« 全ての場所が世界の真ん中・・妻有 | トップページ | 志賀高原写真展 »

信濃の国」カテゴリの記事

写真・草花」カテゴリの記事

山・風景」カテゴリの記事

撮影会・ツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543021/60192994

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の白馬五竜高山植物園:

« 全ての場所が世界の真ん中・・妻有 | トップページ | 志賀高原写真展 »