« ~Ribbon~ | トップページ | 栗の小路~小布施編#2 »

2014年6月22日 (日)

母娘でプチ旅行~小布施編

年老いた母と隣町へプチ旅行に

近くに観光地がいっぱいあっても

地元の人はそう泊まりには行かない

ならば年に一度くらい親孝行を兼ねてプチ贅沢を・・・

と言う事で、今年は~小布施町の桝一客殿に宿泊

5905a2257amaguri

ここは数年前母とランチを食べた「蔵部」など

小布施堂・桝一グループが修景のもと蔵を改装してできたホテル

2905a2172amaguri3905a2209amaguri

栗が二つ寄り添って笑ってる「小布施堂」

「北斎館」や寄り付き料理「蔵部」、

イタリアン「傘風楼」、そして「桝一酒造」

ここは小布施の中心と言ってもいいかもしれない

15d2012811124

一昨年、夫の還暦祝いで泊まった↑↑

新宿のホテル・PARK HYATT TOKYOを設計した

ジョン・モーフォード氏によるデザイナーズホテルとしても知られています

先ずは、蔵の中へ・・・土蔵を改装して客室になってます

1905a2142amaguri

お部屋では季節の和菓子をいただきます

栗餡のまわりに紫陽花を模したゼリー寄せ

15d201461314151

室内は、なるほど~照明の使い方が似てますね~

でもここは小布施、都会的なラグジュアリーな中にも

栗の木を使ったテーブルや壁の色などに最終的には

地元の意見を取り入れたところは、ちょっとホッとできます。

が・・・びっくりしたのはガラスの湯船~金魚鉢?

母としばしどうしたものかと・・・

母はディサービスで入ってきたから止めとく、と言い出すし

結局、翌朝母と二人で入ったけどね(^_^;)

この桝一客殿も蔵部もスタッフは鯔背なはっぴを着た男衆ばかり

1905a21953905a2229

2905a2221_2

「蔵部」では桝一市村家に伝わる家庭料理や酒造場の蔵人が食す、

寄り付き料理をいただきます。今夜はアスパラ・コース

15d20146131415

最後のアスパラご飯は食べきれない程~美味しかったぁ♪

さて、母をお部屋に送ってから再び散策してみよう

ほんとに照明がわくわくするほど素敵で写欲がそそられます

1raw

瓦を使った壁や飾り瓦や蔵の白壁にプリーツ影

センスのある置物や池の錦鯉

静かでどこかぬくもりを感じさせてくれる異空間のよう

6905a2284amaguri4905a2249amaguri

満月に照らされ青椛の影・・・4500リットルの大きな樽

4905a2252_2

さぁ、明日はすこし栗の小路を歩いてみようかな。。。つづく。。。

|

« ~Ribbon~ | トップページ | 栗の小路~小布施編#2 »

信濃の国」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543021/59861022

この記事へのトラックバック一覧です: 母娘でプチ旅行~小布施編:

« ~Ribbon~ | トップページ | 栗の小路~小布施編#2 »