« 蔵の街・小江戸…創作角松 | トップページ | 鎮めの日 »

2014年1月14日 (火)

葦の枯れ野っぱら~渡良瀬遊水地へ

葦の枯れのっぱら広がる殺風景な景色を、いかに撮ろうか

何もなさそうな所で、いかに何かを探してこれるか

そんな無謀な挑戦をしに行ってきました~渡良瀬遊水地へ

快晴の真冬・・・青空と太陽に助けられて初撮影会スタートです。

905a5349

先ずは大きな谷中湖の横を通り、北ゲートから大沼まで降りて

葦と青空の映り込みを、爽やかに明るく撮ってみよう!

次に広角で寄って明るく葦の冬枯れ穂を順光で・・・

905a5366

逆光でも撮ってみようかな~プラス補正で

905a5382

2m以上もある葦の枯れ野っ原に水玉の道が青空を映してる

子供の頃の石蹴り遊びを思い出しますね。

905a5377001

次はぐる~っと時計回りに移動し栃木県側へ

と言っても此処は4県にまたがる広大な地

反対側へ行くには車で30分以上かかります。

総面積33k㎡ 埼玉・群馬・栃木・茨城にまたがる周囲道は30km

第一調整池から北に行き渡良瀬川を渡り

第2調整池の土手から見渡すと、枯れ野が赤錆色に輝いてる

905a5417_2

冬枯れの草原が、まるで夕暮れの海原のように波が押し寄せて

905a5433

珊瑚の様な樹形の間からサファリジープが・・・?

ここはサバンナ?・・・まさか~管理作業車の軽トラでした(^_^;)

では4段になっている土手からしばし西日を見つめながら撮ることに

905a5486

先ずは、土手に白いとんがり帽子の綿毛と太陽とのコラボを・・・

ふぅ~・・・風に揺れるし~ぎらぎら眩しくて、くらくらです(@_@;)

905a5421001

クラクラして斜めになっているのではありません・・・

太陽と穂先を合わせるためにはこのアングルしかなかったのです

そんな雰囲気のためには水平でなくてもいいよね~(^_-)

しかし・・・眩しい・・・

遮るものもないだだっ広い枯れ野に立っていると、

眩しくて、眩しくて・・・しばしボーっと眺めることに

905a5492_2

何もないところなんて無いし

殺風景って言う風景も無いんだな~なんて思いながら。

では、地平線にかかる雲が日没を早めたので帰るとしましょう~sun

905a5507



|

« 蔵の街・小江戸…創作角松 | トップページ | 鎮めの日 »

写真」カテゴリの記事

撮影会・ツアー」カテゴリの記事

水・川・湖」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543021/58947343

この記事へのトラックバック一覧です: 葦の枯れ野っぱら~渡良瀬遊水地へ:

« 蔵の街・小江戸…創作角松 | トップページ | 鎮めの日 »