« 波の表情 | トップページ | 黄色から紅色へ・・小石川植物園 »

2013年12月 1日 (日)

小石川植物園で黄金色に包まれて♪

霜月も終わる頃~黄金色に包まれる午後

905a3448

黄色から黄金色に輝くのは、もうすぐ落ち葉になってしまうから

905a3450001905a3464001


そんな銀杏の木は生きた化石と呼ばれるほど長生きさんだから

人も鳥も花も 太古からのお日様色に包まれ ほっこり笑顔になる

905a3471

やがて ひらひら 落ちてからも 大地を黄朽葉色に染める銀杏の葉

905a3626

朽葉(くちば)色とは・・朽ちてゆく葉の色の総称のひとつで

青朽葉・黄朽葉・朽葉・赤朽葉などの名前があり

秋が近づいて、緑から紅葉へと色が移ろって

散るまでの木々の様子を表している。

黄朽葉色は黄を冠し、まさに銀杏が彩りを増してゆく色そのものshine

905a3719_2

緯度の高い北の地域では、黄葉するとすぐに散ってしまうけど

温暖な日本では寒さがゆっくりやってくるため

朽ち色にかわる速度も遅いから、秋の野山は様々な色に包まれ

昔の人は、それぞれに名前を付けて楽しんだようです♪

では私も~ぐるぐる見上げたり・・・ごろごろ転がったり・・・

小石川植物園で金色に包まれた~11月29日でしたshine


|

« 波の表情 | トップページ | 黄色から紅色へ・・小石川植物園 »

写真」カテゴリの記事

写風研」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543021/58680614

この記事へのトラックバック一覧です: 小石川植物園で黄金色に包まれて♪:

« 波の表情 | トップページ | 黄色から紅色へ・・小石川植物園 »