« 伊佐沼の蓮 | トップページ | 森の妖精*レンゲショウマ »

2013年8月 4日 (日)

いざ~小田原へ!

905a7551


引っ越しの荷物が届くまで、ちょっとだけ小田原観光を!

難攻不落の小田原城へ娘たちと、ちょっと入ってみましょうか・・

天守閣へ登る時間はなさそうだし・・それよりも

その前にある大木・古木の風格ある姿に惹きつけられます。

<小田原城址のイヌマキ>

905a7559

小田原市指定天然記念物

主幹は左巻きにねじれ、地上5メートルのところで四支幹に分岐

以前は四方へ密に枝を広げて傘状の見事な姿をしていた様ですが

台風のため北側の大枝が折れてしまったようです。

堂々と猛々しく立つ姿は壮観で、本丸の巨松と並ぶ双璧だそうです。

いつかゆっくり本丸の巨松にも会いに来たいものですが

もう一つ目を引く古木を拝んでから帰るとしましょう

<小田原城址のビャクシン> 小田原市指定天然記念物

905a7566

一分が白骨化したのだろうか・・・幹の表面が損傷し白くうねっている。

長い歴史とともに生きぬけてきた、深い年輪が刻まれているような風格ある古木である。

と、市の教育委員会が立てた看板に書かれている。

どちらにも樹齢は示されてはいないが・・

たぶん数百年は立(経)ち続けているにちがいない

門を二つくぐり、御堀の方へ戻ってくると

今までにみたこともないような背丈の蓮の葉が

夏の日差しをうけて開く葉脈に、大木の細い枝影が涼しげですね

905a7577

両の手で大切に守ってきた花が、今、咲こうとしてる

905a7575


 幸せになるんですよ~♪

|

« 伊佐沼の蓮 | トップページ | 森の妖精*レンゲショウマ »

写真」カテゴリの記事

家族」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543021/57928601

この記事へのトラックバック一覧です: いざ~小田原へ!:

« 伊佐沼の蓮 | トップページ | 森の妖精*レンゲショウマ »