« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月27日 (火)

デジブック『秋色模様』発表♪

季節を追いかけて 何度も撮りに行った 故郷

そこには 秋の彩に輝く模様が 溢れていました。

美しい大自然からの贈り物*秋色模様*お届けします。

32枚(たぶんもう少し削ると・・・)  BGM:旅愁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

戸隠古道~祈りの朝・立冬

      立冬の朝  樹齢400年の大杉並木の真ん中に 

          神々しい  祈りの 陽が昇る

905a6688_2

日の出の時間が過ぎ、辺りはすっかり明るくなっている

朱い随神門の真上に・・・来るはず・・・

立冬のこの日と、立春の時だけ・・・

年に2回だけ神様がお入りになる瞬間

それに立ち会いたくて、できればその瞬間を撮りたくてやって来た。

5時40分ごろ駐車場に来た時は、まだ真っ暗で誰も居ない

真っ暗な参道を熊よけの鐘を鳴らしながらゆっくり歩き出す。

怖かったなぁ・・・すると遠くから人の話し声が追いかけてくる。

良かった~一人じゃなくて(^_^;)

地元のカメラマンと、私の様にふる里から関東に嫁いだ方の家族と

            8人で見守った 祈りの光 

905a6706 905a6721

7時  ようやく光が差し込む・・・少し右にずれてる・・・

慌てて三脚をずらすと・・・キターーーッ!!

905a6723 905a6734

徐々に 右へ昇り 7時20分には もう大杉並木の影に隠れてしまいました。

     立冬の朝 太陽の光は ここからお入りになり

     奥社・九頭竜様の元で力を蓄えて 再び立春の朝 

     恵の光を 大地のすべてに 降り注ぎ始める

そんな素晴らしい瞬間に立会えた喜びを収めたかったなぁ・・・

光線を出したくて思い切り絞り過ぎて・・実は解像度がかなり落ちてます。

なんとか後処理できないか、今日までやってみたけれど・・・

たった1・2年本格的にカメラを手にしただけで、

神様の光を捉えようなんて・・・やっぱり無謀でしたweep

905a6742

立春は雪深い戸隠古道

また来年、ここで逢いましょう、と約束して帰えりましょうか(*^^)v

楽天家甘栗は切り替えが速いのが取り柄

よ~し、もっともっとカメラと仲良くなってちゃんと撮れるようになるぞ!!

5d201211675

雹が降った後とは思えない、この日の空模様

   PCで確認するまでは、こんなに晴れ晴れとしてたのに・・・sweat01

青空のもと飯縄高原から霊仙寺湖に寄って、実家に帰ろう。

これにて怒涛の撮影日程は終了~くたびれた((+_+))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

いざ、戸隠へ!!

再び戸隠へ、勇んで出かけたのは・・・2週間前

立冬に合わせて、ある瞬間に立ち会いたくて・・・ひとり車を走らせる

先ずは、宝光社から行ってみよう~

5d201211672

逸る気持ちのせいか・・・降り出した雨も生暖かく

ひっそりとした境内 200段の階段 厳めしい狛犬も愛嬌たっぷり

905a6486

中社とはまた趣が違ってどっしりしてますね~

200段の階段が男坂なら、椛が散りばめられた「女坂」を

905a6487_2

               帰りは下ってみよう・・・不思議ですね~

              上ってるようにも下ってるようにも見えます

905a6637  905a6495_2

奥社入り口に着いた頃には雨も上がり初める 戸隠古道

鳥居の前で一礼し、真っ直ぐのびる参道の端を歩いて行こう

真ん中は神様がお通りになるところだからshine

1キロほど歩くと、どっしりとした紅い随神門が見えてくる

また一礼しくぐり抜けると・・・大杉並木が奥社まで続いている

905a6560 905a6516

雨上がりの午後の温かい日差しが入り込む樹齢400年の杉並木

神様に電話してるのかな~~~もしもし・・・明日晴れますように。

5d201211673_2

明日はいよいよ、一発勝負の立冬の朝陽

 その様子は・・・次回に。               。。。つづく。。。

(もうしばらく過去記事にお付き合いくださいね、戸隠で今に戻りますから)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

テーブルフォト・ハウススタジオ編

まだ暑かった頃の渋谷・ハウススタジオ

Amaguri_2

テーブルフォトの続きを思い出しながら書いてみようかな♪

☆セッティング

905a3145

そもそもテーブルフォトと言うくらいだから、テーブルにあって可笑しくないものを配置する・・・って・・・なんて可愛い子たちheart04

主役と脇役・・・主役を中心に物語を考えながら、脇役は前後・角度をずらして配置しピントが重ならない様にし、ひとりじゃ淋しいからお友達に来てもらうと、空間に物語が生まれる。

905a3113 ☆配置および構図

平べったいかor平べったくないか

上から見ないと良くは分からない

良く見える位置を探す

光のあたる(てかる)部分をつくる

遠目に配置し素敵に見える工夫をする

ナイロン袋・レース・プチプチ・レフ・鏡

等で光のひだをあえて作り、写る範囲だけ整え、カーテンなどで光の強弱をつける。

クロス等で背景色を変えてみる。

たて位置は余分な空間が生まれ奥行き感がでる・・・と言う事は、

表現の幅が広がり、そこに撮影者の意図が反映されやすくなる!

つまり縦でも横でも 『背景は主役と同じくらい重要』だと言う事ですね!

☆明るさと色

905a3134

どう撮りたいかは 明るさによって表現する

「さわやか→明るい」   vs   「かっこいい→暗め」

明るくすると色が馴染んでくるし、暗くすると色がのってくる

「白が多い場合は→プラス補正」  

「黒が多い→マイナス補正」モノクロにした時黒っぽく見える赤や緑も同じ

☆光を読みホワイトバランスで調整し、

  ピクチャースタイルで鮮やかさをコントロールする・・・

 5d20129133

空間構成をきっちり考えて、実はワンポイントでしか撮れない様に

セッティングされたスタジオでの実習は思いのほか難しく

あまのじゃく甘栗は、どうしても違うところに目が行ってしまうのです。

905a3177 905a3162

どなたかが持ち込んだ可愛いクリスタルのクマちゃん

虹色に乱反射する光をどうしても上手く撮れず・・・ふと天井を見ると

わぁ~虹色に光りが広がってる~!!ようやくテンションあがり

いつもの様に床に寝転がって、ひとり撮ったのがこの日のお気に入りheart04

どうしてもテーブルフォトと言うより「ハウスフォト」になってしまいます。

905a3230 905a3236

それでイイのよ、と川合先生に言ってもらえたので

まだまだ暑かった渋谷でのひとときも思い出深いものになりました。

次の実習(11月8日)はXmasバージョン・・・

チビはなちゃんを連れて行こうとおもったけど

軽井沢・戸隠・実家と飛び回っていたので

初めて実習を欠席してしまいました。

復習も兼ねて自宅で、セッテイングしてみようかな・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

始まりも終わりも横浜で実習・・EOS学園レポート

川合先生とのEOS学園実習は、始まりも終りも 横浜だったな~

先週ステップⅣ最後の実習は横浜みなとみらいで夜景実習

1、先ず日没から30分の間にどう変化するか同じ設定で

  5分おきに同じ場所で撮ってみる F8.0 ISO400

Img_6989 Img_7002 Img_7030

2、露光間ズーミング  SS=4秒  ISO100 2秒固定 2秒でズーム

Img_7042

3.ピントをずらす 

  形のはっきりした光源 SS:1秒 0.5秒固定 0.5秒ピントをずらす

Img_7068_2

4、シャッタースピードを変えて水面に映る光の変化を知る

100eos5d4

さらに黒いところを入れると面白い画が撮れる

Img_7107

5.前ボケ・・・これはいま一つ上手くいかなかった(^_^;)

Img_7120

6.光の軌跡

Img_7133 Img_7134 Img_7135

    <静止>           <1秒>          <2秒>

Img_7136 Img_7137

         <4秒>                   <8秒>

今回は久しぶりに60Dに18-200mmレンズを付けて練習

季節は冬へ向かい、夜の街がキラキラが溢れるはじめる頃

さぁ~紅葉の後はイルミネーションですぞshineshineshineshineshineshine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

秋色模様*番外編

Photo

もう少し 過去記事にお付き合いください・・・11月4日 10:00~15:00

雲場池で秋色模様を撮り 15:44の新幹線までどうしようかな・・

素泊まりのペンションのマスター(作業服姿の気のいいオジサン)曰く

万平ホテルでコーヒー飲んで、ホテルからシャトルバスが出てっから

見晴らし台まで行けばいいよ~ここもここもみんな歩いて10分で行けるから

手作りの地図をボールペンで殴り書きしながら早口で喋る喋るsweat01

5d201211346

朝もコンビニパンで軽く済ませたから、万平ホテルまで歩いてみようかな

夏の姪っ子挙式のチャペルも秋色に染まる旧軽井沢の林の中を

とぼとぼ・・・きょろきょろ・・・10分で着かないのは分かっていたけど

   ・・・くたびれて足取りは重く・・・早起きが思考を鈍らせ・・・

       ・・・時々見上げる色付いた木々に慰められ・・・

            ゆっくり前進するしかない一人旅

              ・・・・・あぁ~帰りたい・・・・・

      もう目的の秋色模様は撮れたから早めに帰りたいなぁ

    でもここから駅へ引き返す方がもっと歩かなきゃならないから

              ・・・・・前へ進むしかない・・・・・

  とにかく万平ホテルまで行って、コーヒー飲みながら考えよう

5d201211347

着いたぁ~~~~~普段の倍近くかかってようやく万平ホテルに到着

な・な・な・なんだ・・・この落ち着いた上品な佇まいはheart04

セレブな泊り客に混じってカフェで一休みcafe

クラツーのバスもメッチャ高級専用バスじゃないですか~!!

数日前の我々のクラツーバスとは大違いだねぇ・・・

でもこの深緑の高級バスに我らが川合先生は同乗していないんだよlovely

旅にはそれぞれの楽しみ方があっていい

甘栗のように行き当たりばったりのこんな旅もイイもんだ~と、復活!

真っ赤なボンネット型シャトルバスに揺られて見晴らし台へGO!! GO!!

5d201211348

真っ赤なバスは旧軽井沢のホコ天でごった返す街中を行き

旧中山道から群馬県と長野県の県境に建つ熊野皇大神社に到着

905a6411_2 

参道の真ん中に県境が通るってるんですね~神様の通り道に。

そこから歩いて見晴台までは3分少々~ここも県境の標識があり

それぞれ思い思いの格好で群馬と長野の両県をまたにかけて記念撮影

905a6396

いつも高速道路から見上げる険しい妙義山は

ここでは少し和らいで見えるのはナゼダロウ・・・長閑だなぁ~maple

905a6370 905a6381

微笑ましいなぁ~秋の温かな陽射しに癒されて、さぁ~帰ろう!

「軽井沢 は 愛が中心です」と書かれたバスに乗って

905a6424

いつも快く送り出してくれ甘栗カメラを応援してくれるOTTOへのお土産は

               mapleもちろん『秋色模様』maple

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

秋色模様*其の三

おはよう~雲場池sun     11月4日  6時45分

Amaguri

  昨日誰かが言ってたっけ・・・鴨場池だね、って。

      今日も秋色に輝く水面を撮ってみよう!!

5d201211344

水面の模様と鴨にピントを合わせるのは難しいなぁ~

絞り込んでもピントが入るのは一ヵ所だけのような気がする・・・ふぅ~

絞りとシャッタースピードとISO感度の関係はいくら教えてもらっても

難しい~ちっとも身に付かない・・・凍える手でいろいろ変えて撮ってみる

905a6114 905a6116 905a6115

どの明るさが好きかは好みが分かれるところですが・・・

余裕があったら、いろいろな明るさで撮ってみたいけれど (^_^;)

なかなか余裕が持てず、気ばかり焦ってしまう・・・

5d201211345

気温4℃の軽井沢・雲場池の早朝 もくもくと一人自主練に励む

上をみればまだ月が・・・柵の向こうの私有地に朝日が当たり始める

Amaguri_2

ここまで一人で来たのだから~秋色模様をできるだけ撮りたいと

きょろきょろアチコチ情景探し・・・季節は足元から・・・

つま先は凍えるように冷たくなり、お腹も空いたので

軽い朝食をとりにもどろう~安宿へ・・・つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

秋色模様*其の二

Photo

・・・秋色模様を追いかけて ひとり 再び軽井沢に・・・11月3日

5d201211341

  水清きふる里  紅色に染まる高原  日一日と季節は進み

Photo_2  

      雲場池の水面は秋色に光り  Amaguri

 『輝く織る錦』  この水面の秋色模様を撮りたくて再び雲場池へ

      空気は澄み どこまでも青い空に

Photo_3

  紅葉の小さな手が ようこそ~と 笑顔で迎えいれてくれる

     カモ達も 長閑に 秋色に包まれる

5d201211342amaguri

甘栗も秋色に包まれて 夜の帳が降りるまで 佇んでいよう

5d20121134

さぁ~翌朝はどんな姿を魅せてくれるでしょうか・・・つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

秋色模様

   秋色に染まる 軽井沢 雲場池

905a5471amaguri_2

秋の温かい光に包まれて・・・あっと言う間に時は流れて行く

905a5624amaguri001

 水面にも秋色模様がくるくる~くるくる~

905a5647amaguri

時だけは 取り戻せないから この美しい今を焼き付けておこう

905a5678amaguri

写真は面白い 時の流れさえ ほんの少し留めて置けるのだから

5d20121031

     ・・・流れに留まる葉もまた成り行き次第・・・

絞り込むほどにシャッタースピードは遅くなり煙に巻かれたようになる

どれも見たままではないから・・・流れのままに、気持ちを表してみよう

905a5704amaguri

人生の秋にさしかかってる思秋期の今

時は取り戻せないから・・今出来る事をしよう!!

川合先生との一日バスツアーでは時間が足りない・・・と言う事で

土日再び一人で軽井沢へ自主練に行ってきた模様は、次回へ・・つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

そうだっ・・動物園へ行こう!

905a5410amaguri

木漏れ日に包まれて・・・みんなで、動物園へ行こう!!

5d20121026

微睡む午後の動物たち

905a5314amaguri 905a5400amaguri

どこまでもマイペースなのか・・・マイペースを装っているのか・・・

905a5454amaguri 905a5281amaguri

まだまだ青いなぁ・・・・

905a5318

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »