« 亡き父へ・曾祖父へ・故郷へ捧げるDB『村まつり』 | トップページ | 青い幸龍&黒い福龍 »

2011年12月29日 (木)

トンネルを抜けると、そこは雪国だった・・・

MAXときbullettrainの車窓から・・・2階建て新幹線に乗り、なんど往復しただろうかsweat01

乗換駅のエレベーターの位置もばっちり把握して通った3時間の行程

高崎を過ぎてトンネルを抜けると・・・そこは雪国・新潟県に入り

美味しいコシヒカリのたんぼも雪に覆われている

Photo

コンデジでパシャパシャ撮っていると・・・

Photo_2

真っ赤な鳥居が・・・真っ白な中にポツンと立っている・・・

コワ~ッ・・・と言ったのは、もちろん私じゃありませんよ~

むしろ シメシメと ほくそ笑んだくらい(^_-)-☆

娘や娘婿は、何もない田んぼに鳥居があるなんて気味悪いって言ってたけど

チャウチャウ、たぶん鳥居の真っ直ぐ先の林の中に神社が祀ってあって・・・

参道らしき道筋は、少し離れている所に雪の轍のように見えるけど

なにかいわれや伝説があるんじゃないかな~きっと。。。。。happy01

時速200キロ?のスピードで走る新幹線の車窓からだから解らないけどね

けっこうコンデジも撮れますね~note

来年はもうちょっとカメラのお勉強をしてみようかな・・・

clover皆さま、どうぞ良いお年を~clover

|

« 亡き父へ・曾祖父へ・故郷へ捧げるDB『村まつり』 | トップページ | 青い幸龍&黒い福龍 »

山・風景」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
「トンネルを抜けるとそこは・・・・」懐かしいですね。
現役のころ何度その経験をしたか・・・・
間違いなく雪国でした。
来年もまた楽しい写真見せてくださいね。
良いお年を…

投稿: ソングバード | 2011年12月30日 (金) 20時37分

ソングさん、こんにちは♪

今年は本当にお世話になりましたheart04
自由に出たり入ったりできる「窓」を通して
ソングさんはじめ、いろんな方と交流できてとても幸せでした。
いろんな事があった2011年でしたが
自分を見つめ一歩…三歩ぐらい前に進めた気がします。
本当にありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

これからまたトンネルを抜けて雪国へいってきますsnow

投稿: 甘栗 | 2011年12月31日 (土) 11時30分

明るい甘栗おばさんが好きになりそうlovely
トンネルをぬけると…。
明日、そのトンネルを抜けて上越高田に98歳の義母を訪ねます。
雪国育ちですが、すっかり東京の人間になり、雪深い時期に行くのは40年くらい前でしょうか?coldsweats01
赤い鳥居、分かるかなあ?
楽しみです。

投稿: かたつむり | 2012年1月 2日 (月) 20時37分

かたつむりさん、はじめまして~♪
辰年、最初のコメント有り難うございます^^
トンネルを抜けて雪国で年越しをして帰ってきましたsnow
新潟市内は珍しく晴れて穏やかな年越しでしたよnote

赤い鳥居は…確か「浦佐」辺りだったかな~
燕三条ぐらいまで行ってたかなぁ…
なんせ偶然写っていたものだからwink

私も雪国北信・志賀高原の麓で育ちましたから
子供の頃の海水浴は直江津でしたよ~♪
あれから40年…わぁ~聞かなかった事にしてぇ~sweat02

どうぞお気をつけて行ってらっしゃい。
これからもどうぞ宜しく(^_-)-☆
かたつむりさんのブログにもゆっくりお邪魔しますねhappy01

投稿: 甘栗 | 2012年1月 2日 (月) 23時34分

こんにちは!
雪国に行ってきましたが、ごめんなさい、
駒子さんのいた「雪国」ではない雪国でした~coldsweats01
長野から在来線に乗って1時間半、高田に1泊。
高田はあまり雪がありませんでしたが、妙高高原駅、関山駅周辺はすごい雪、
久しぶりに観る雪景色をいつかアップします。
明日は高尾山(東京都八王子市)です。shoe

投稿: かたつむり | 2012年1月 5日 (木) 15時24分

かたつむりさん、お帰りなさい^^
やっぱり信越本線で行かれたんですね。
小五の海水浴で通った列車は蒸気機関車でしたよdash
私の実家は長野駅からりんご電車に揺られて1時間くらいのところapple
今日も大雪だって母から電話がありました。
雪の信州を撮りに行きたいんだけど…
寒くて活動がやや鈍っていますcoldsweats01

投稿: 甘栗 | 2012年1月 5日 (木) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543021/53601282

この記事へのトラックバック一覧です: トンネルを抜けると、そこは雪国だった・・・:

« 亡き父へ・曾祖父へ・故郷へ捧げるDB『村まつり』 | トップページ | 青い幸龍&黒い福龍 »