« 棚田の不思議な力・・・稲刈る人々 | トップページ | 七草寺の虫たち »

2011年9月14日 (水)

あーちちちぃちちぶぅ~秩父「七草寺めぐり」

天高く・・・じりじり照つける陽射しの中

だらだら汗をかきながら・・・秩父・長瀞へ

『秋の七草寺めぐり』の大人の遠足へ行ってきました~はぁ・・・暑かったsweat01

いつもは定期観光バスを利用するのは大嫌いな甘栗と友人

七ヵ寺を歩いて巡るのは大変なので、しょうがない行ってやるわぁ~と。

10時40分 秩父鉄道「長瀞駅」を出発

山上憶良が万葉集で詠った「秋の七草」

<萩の花 尾花葛花 なでしこが 花おみなえし 藤袴 朝顔が花>

では、本日の寺めぐりの順番通りに紹介しましょう~

(すべてコラージュにしましたので画像の上でポチっと大きく見てね^^v)

1.藤袴・法善寺

Photo_2 

万葉のフジバカマと赤紫色の蕾のサケバヒヨドリがこれから咲き始めそう

日照りで葉っぱが萎れかけてて「かわいそう~」とおばさまたちも萎れそう

2.尾花・道光寺

Photo_3

白とピンクのパンパスグラスやススキが真っ青な空に伸びて夏景色

六地蔵様のお一人がススキを手にしてるのが可愛い・・・

3.撫子・不動寺

Photo_4

河原撫子とトコナツナデシコが植えられている・・地味に・・・

ここで昼食を食べて午後から四ヵ寺をめぐる・・・一ヵ寺ほぼ20分の滞在

4.萩・洞昌寺

Photo_5

お寺の裏山を登れば萩山になっている・・・?少し登ってみたが

萩の木の中に墓地がある・・・「お墓詣りしてきたみたい」とおばさまたち

5.葛・遍照寺

Photo_6

山道を5分ほど下って歩いて行くと葛のトンネルが・・・花は?

トンネルの屋根に咲いているから~トンネルの価値がない?

ここでは、絞りたての柚子水をいただき、また来た道を登る・・けっこうキツイ

暑くて・暑くて・・・もう何だかどうでも良くなってきちゃった~

花より団子じゃないけど~蝶や虫がいると元気にカメラを向けて、あと二つ。

                                (虫編は後日へ・・・)

6.桔梗・多宝寺

Photo_7

桔梗もお寺の境内の外に畑のように植えてある・・・

どんどん陽は高く・・・容赦なく・・・飲んでも飲んでも喉はカラカラ

日焼け止めも、虫よけも・・丸きし役に立ってないんじゃないの~汗;

帽子を被っていてもほっぺはヒリヒリしてくるし・・・

腕は焦げそうなくらいだし~まるで焼き魚の気分がしてきた・・・

7.女郎花・真性寺

Photo_8

黄色の女郎花(おみなえし)と白い男郎花(おとこえし)が咲いていました。

午後3時、出発地の長瀞駅に到着・・・

バスガイドさんの「みなさま七草寺めぐり、どうでしたか~」の問いに

口を合わせて・・「暑かったぁ~」・・・「そうですか~楽しかったですか?」

「暑かった!!」それしか今は言えない・・・誰しもがぐったりした七草寺めぐり

『秋の・・・』じゃなくて『真夏の寺めぐり』でしたぁ~~暑涸れ様(あつかれさま)

せっかくだから長瀞ライン下りをして、天然氷のかき氷を食べてかえりました。

                               その様子は・・・つづく。

|

« 棚田の不思議な力・・・稲刈る人々 | トップページ | 七草寺の虫たち »

写真・草花」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
秩父の七草寺巡り、こんな巡り方あったんですね。
のんびりと歩いて4時間の旅、ブログの写真見て、行きたくなりました。
続き楽しみにしてますね。
団子も出てくるかな????eye

投稿: ソングバード | 2011年9月15日 (木) 17時45分

ソングさん、こんばんは~☆
暑くて…のんびりとはいかなかったですよ~
それに一ヵ寺20分の滞在ですから
お参りよりも写真がメインでの参加なので^^;
結構忙しかったかな…
団子より~蝶や蛾がいましたよ♪
今月末まで秩父観光でやってますが
ご自分で車で巡るのが一番良さそうですよ。
バスガイドさんのお話が聴けたのは良かったかな(^_^)v

投稿: 甘栗 | 2011年9月15日 (木) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543021/52731935

この記事へのトラックバック一覧です: あーちちちぃちちぶぅ~秩父「七草寺めぐり」:

« 棚田の不思議な力・・・稲刈る人々 | トップページ | 七草寺の虫たち »