« 綺麗な鳩 | トップページ | 春に冬の名前を持つ『雪柳』 »

2010年3月21日 (日)

月が桜を咲かせている。

『月が桜を咲かせている』

と言ったのは、京都の桜守・第16代佐野藤右衛門氏です。

甘栗が購読中の季刊誌「SORA春号」に掲載されてた記事のタイトル。

記事中で藤右衛門氏は・・・
 花や木はそれだけで存在しているのではない。
 土や鳥や昆虫などの循環の中にある。
 月の満ち欠けで季節を測る旧暦でしか、
 日本の自然は読み解けない。
 桜は、月が新月から満月に近づくときに咲く。
 満月に向って咲く花だ。。。

『だいたい2週間や。この間にケガをしたら早く治ると昔は言うた。月が満ちてくる間は、生命の営みが盛んなのや。太陽は恵み。月は営み。・・・』

Cx2_2010_3_333tr

今日17時30分 前の道路端の桜の樹に浮かぶお月様。
桜守の言うように、花芽が膨らむといっしょにお月様も満月へと膨らんで行くんだね。

今月は30日が満月・ブルームーンmoon3fullmoon

また桜守は「染井吉野はつまらん」とも

「染井吉野には、幹がない!」と。

もともと突然変異で生まれた1本のだけの桜だったのを
接木で全国に広まったので・・・

幹に見えるのは、枝が太った姿なのだ!・・・と言うのです。

Cx2_2010_3_334r

この染井吉野の桜も太った枝の姿なのですね~

まだまだ咲きそうにはありませんが、
どんな桜でも、どんな姿でも

それぞれの見方、楽しみ方で愛でるとしましょうcherryblossom

|

« 綺麗な鳩 | トップページ | 春に冬の名前を持つ『雪柳』 »

お月様」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

コメント

おはよう
カレンダーを見てみると、こちらも30日が満月ですね(笑)
書き方が僕にあっています、心が落ち着いて読んでゆきました。
そうですね、いつも自由でありたい。

投稿: tomorrow | 2010年3月24日 (水) 11時31分

おはようございます、tomorrowさん
そちらは時差-8時間ですよね。日の出前のSWEへおはよう!!

お月様はどこにいても逢えるので、
見守っていてくれるような気がして好きです~moon1

桜守の「太陽は恵み、月は営み」の言葉、いい言葉ですよね!!

時々、お月さま情報も記事にしてますので…
良かったら、同じお月さまを眺めましょうね~

いつもありがとう~とても励みになりますぅhappy01

投稿: 甘栗 | 2010年3月24日 (水) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543021/47872589

この記事へのトラックバック一覧です: 月が桜を咲かせている。:

« 綺麗な鳩 | トップページ | 春に冬の名前を持つ『雪柳』 »