« 感謝をこめて「言葉の花束」デジブック、見てください。 | トップページ | ツグミと・・・達磨さんが転んだ?! »

2010年2月13日 (土)

粉雪?細雪?何雪?・・・微々雪!!

霧雨が降っているのかと・・・

いや?・・・霙(みぞれ)か?・・・ん?・・・雪?

20102_014r

ワンコに降る 白い小さな小さな粒で 分かるでしょうか?

今日の寒空に舞う雪を何と呼んだらいいのでしょうか?

ちらちら・・小さくて薄く舞い散るさま。
ひらひら・・軽く薄いものが風を受けてひるがえるさま。
はらはら・・次々に軽やかに散り落ちるさま。
こんこん・・雪やあられが絶え間なくしきりに降るさま。
ふわふわ・・軽やかに空中を漂っているさま。
どんどん・・勢い良く降り続くさま。
どかどか・・一度に大量に降るさま。

20102_021tr

1ミリにも満たない雪の粒~この雪に名前を付けるとしたら・・・

細雪(ささめゆき)・・細かに降る雪。
粉雪・こごめ(小米)雪・・粉のように細やかな雪。パウダースノー。
灰雪・・灰のようにふわふわ舞う雪。
淡雪(あわゆき)・・うっすらと積もるとけやすい雪
泡雪・沫雪(あわゆき)・・泡のようにとけやすい雪。
玉雪・・比較的暖かい時期に降る、玉の形をした雪。
綿雪・牡丹雪・花びら雪・・牡丹の花びらのような綿のように大きな雪片。

まだまだありますよ!
水分の多い雪を・・・餅雪・べた雪・濡れ雪・水雪・・・etc

粉雪なんだけど、パウダースノーじゃないし・・・なんだろう?

雪がなぜ出来るのか?
雑誌「SORA」のよると・・・気温が低い上空で、水蒸気が水滴になったり氷晶になったものが、落下する途中で互いに衝突し合って成長し雪片になる。空気中の水蒸気が多いとぼた雪になり、水蒸気が少ないと粉雪になる。。。

雪の研究の大家「中谷宇吉郎」氏は
「雪は天から送られた手紙」と言っています。
~上空の状態で様々な雪が降ってくることを言い得てます。

雪を天からの花と言う意味で「天花」と呼ぶこともあり。。。

で、今日の雪は・・・なんて言うんだろう?・・・と、
ぶつぶつ言いながらワンコ散歩から帰る途中・・・!

見あげた空に 電線や冬木立に おしりを向けた雪宿りの鳩
どっちだっていいよ~と、言われてる気が・・・

20102_025tr

粉雪でも、もっと小さいなら「微雪」でも 「極小雪」でも

 好きにしてぇ~!! ってそっぽ向かれちゃいました~。。

 翌日(2月14日)目が覚めて 快晴に ビビっと閃いた!!

    『微々雪』に決定 

「びびゆき」~響きも可愛いし、勝手に決めました~!!

2月13日 降った・・舞った雪はーーー「微々雪」で~す

|

« 感謝をこめて「言葉の花束」デジブック、見てください。 | トップページ | ツグミと・・・達磨さんが転んだ?! »

写真・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 粉雪?細雪?何雪?・・・微々雪!!:

« 感謝をこめて「言葉の花束」デジブック、見てください。 | トップページ | ツグミと・・・達磨さんが転んだ?! »