« 故郷へ | トップページ | 秋日和なゲスト »

2009年10月20日 (火)

故郷・実りの秋

故郷は果物王国でもあります。
近所を散策した畑のスナップを紹介します。

X3_09101718_026
右がりんご畑、左が桃畑。
甘栗が育った頃の主な作物は、畑にはりんご・田んぼには稲のみ
しかも、りんごも紅玉・スターキング・国光ぐらいでした。

X3_09101718_021X3_09101718_029
今は「ふじ」が主流で、作業しやすいように低木に改良されてます。
赤く染まって美味しそうなりんごでしょapple

さらに20年前ぐらいから、ぶどうを作付けする農家がふえました。
X3_09101718_013
この通り、みごとな「巨峰」です。

近年、桃畑が減り「なし」も目立ってきました。
X3_09101718_017X3_09101718_018
大きな梨でした・・・二十世紀梨かな?!

また、田んぼの稲作は減り、アスパラに作替えする光景も20年前頃から出てきましたが、それほど増えてはいないような気がします。
X3_09101718_023
ビニールハウスの枠の中がアスパラです。

ほんの500メートルくらい歩いただけでも、こんなに撮れました。

小中学生の頃、夏休みの前後には地域ごとに集まって子供会の話し合いがあり、その議題の多くは農家の方々からの要望(お小言)でした。

  • 畑を荒らさないように!
  • すいか泥棒をしてはいけません。
  • 桃をさわらないように。
  • 神社で「きもだめし」をするときは麦畑に入らないように。

などなど、農家の方が一生懸命育てた作物を大事にしましょう!って。

それでも、麦は踏んだ方が良いらしい、とか言って「きもだめし」の隠れ場所になったし。

走る軽トラの荷台に立って乗っていたら、手の中に桃が入っていたし。

甘栗の末弟は、給食のお皿と先割れスプーンを鞄に入れて、部活帰りにスイカをデザートにいただいちゃったり・・・後で畑の主に「もっと小さいのにしてくれやぁ~」と言われたとか。

本当に皆、おおらかで豊かな時代でした。

|

« 故郷へ | トップページ | 秋日和なゲスト »

写真・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 故郷へ | トップページ | 秋日和なゲスト »